スコット・レビーNBAアジア代表「楽天とのパートナーシップでNBAの試合がより近い存在になる」
NBA

スコット・レビーNBAアジア代表「楽天とのパートナーシップでNBAの試合がより近い存在になる」

NBAと楽天の共同記者発表会終了後、NBAアジアのスコット・レビー代表が囲み取材に応じ、記者からの質問に応えた

10月10日に楽天クリムゾンハウス(東京都世田谷区)で行なわれたNBAと楽天の共同記者発表会の後、NBAアジアのシニアバイスプレジデント兼マーネジングディレクターを務めるスコット・レビーが記者からの質問に応じた。

これまで日本での放送を行なってきた各テレビ局・配信サイトとは、これからも一緒にやっていけることを望んでいるとし、日本におけるNBAとファンの距離がこれまで以上に近づくことを期待しているという。

最も重要なのはファンがこれまでより多くの生放送試合、より多くのNBAコンテンツに触れられるようになるということ

――開幕はもう来週なのですが、テレビに関しては間に合うのですか?

現在も交渉は行なわれているため、いつになるかをお約束することはできませんが、私たちとしてもシーズンの開幕には合わせたいという思いはあります。

――楽天側が日本のテレビ局と直接交渉しているのか、NBA側が交渉しているのですか?

楽天が交渉の中心となっており、私たちも定期的に楽天と連絡を取り合い、彼らと戦略を練っています。

――日本ではNHK、WOWOW、スポナビ、有線放送などがあるのですが、それらとはもうすでに交渉しているということですか?

そうです。NBAを日本で広めていくことに、これまで大きく貢献してくださっていることにとても感謝しています。これからも一緒にやっていけることを望んでいます。

大切なのは、9000万人以上の会員を持つ楽天を通して、NBAがより身近なものになっていくということです。楽天というプラットフォームで多くの試合を放送できることを嬉しく思っています。

――日本のバスケファンとして一番不幸なのは、通常の放送で見られなくなってしまうということなのですが、楽天が入ることによって各社の放映権が高騰するという懸念はあるのでしょうか?

平井さんがおっしゃっていた通り、数字の詳細を明かすことはできませんが、最も重要なのはファンがこれまでより多くの生放送試合、より多くのNBAコンテンツに触れられるようになるということです。楽天とのパートナーシップで彼らの多くのプラットフォームを通してNBAの試合がより近い存在になることです。これはまだ始まりにすぎず、コミッショナーも話した通り、楽天チームとともに日本で様々な形でファンに試合をお届けできるようにしていきたいと思っています。

――『NBAリーグパス』はこれまでも日本で展開していますが、それの入会者数はわかりますか?


そういった詳細は公開できませんが、楽天が日本語化することで、日本語の解説など多くの独自コンテンツを展開することで、その数字が大きく伸びることを期待しています。

取材:大西玲央 Twitter:  @BullsFiJ|及川卓磨(NBA Japan編集長) Twitter: @oitaku|写真:大橋哲也


関連記事

スコット・レビーNBAアジア代表「楽天とのパートナーシップでNBAの試合がより近い存在になる」

アダム・シルバーNBAコミッショナー「日本の地にNBAの試合を持ってくることの優先順位が高いのは間違いない」

アダム・シルバーNBAコミッショナー「今日本ではバスケットボールがとても勢いに乗っている」

楽天・三木谷浩史会長「NBAを盛り上げるべく、全力でサポートしていく」

楽天とNBAが日本国内におけるNBAの包括的ライブ放映・配信に関するパートナーシップを発表

ドレイモンド・グリーン「楽天のブランド力は僕たちのブランド力に似ている」

ウォリアーズとジャージーパートナーシップ締結の楽天・三木谷浩史会長「近い将来、NBAの試合を日本で」

ウォリアーズと楽天のジャージーパートナーシップはNBA史上最高額

ウォリアーズと楽天がジャージーパートナーシップを締結



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top