楽天とNBAが日本国内におけるNBAの包括的ライブ放映・配信に関するパートナーシップを発表
NBA

楽天とNBAが日本国内におけるNBAの包括的ライブ放映・配信に関するパートナーシップを発表

楽天クリムゾンハウスで共同会見

10月10日、楽天とNBAが楽天クリムゾンハウス(東京都世田谷区)で共同記者会見を開き、日本国内におけるNBAの包括的ライブ放映・配信に関するパートナーシップ締結を発表した。

会見には楽天の三木谷浩史・代表取締役会長兼社長、NBAのアダム・シルバー・コミッショナーらが出席。楽天とNBAは複数年のパートナーシップ契約を締結し、楽天は日本国内におけるNBAの独占的な放映・配信パートナー及びグローバルにおけるマーケティングパートナーとなる。

以下、共同リリース全文。


楽天とNBA、日本国内におけるNBAの包括的ライブ放映・配信に関するパートナーシップを発表

楽天は「楽天市場」や「Ebates」、「Rakuten Viber」などを通して世界中のNBAファンにマーケティング展開可能に

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)とNBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)は、複数年のパートナーシップ契約を締結し、楽天が日本国内におけるNBAの独占的な放映・配信パートナーおよびグローバルにおけるマーケティングパートナーとなったことをお知らせします。

これは、NBAにとって、日本国内における最も包括的なメディアパートナーシップです。また、楽天にとって北米スポーツリーグとの初のパートナーシップとなります。

今シーズン中に楽天は、NBAの試合をインターネットを通じて視聴できる購読型サービス「NBA LEAGUE PASS」を国内の楽天会員に限定して提供開始します。「NBA LEAGUE PASS」は、NBAの公式サイト「NBA.com」や公式アプリ「NBA App」、楽天の動画配信(VOD)サービス「Rakuten TV」のいずれかから、楽天会員IDを使ってお申し込みいただくようになります。「NBA LEAGUE PASS」によりファンは、NBAのプレシーズンやレギュラーシーズン、プレイオフ、NBAオールスター、NBAカンファレンスファイナル、ファイナルに加え、その他の独自コンテンツも視聴することができます。

また、楽天は、週9試合(平日1日1試合、週末1日2試合)を視聴できる購読型パッケージサービスを「Rakuten TV」で提供します。

楽天の代表取締役会長兼社長である三木谷 浩史は、次のように述べています。「NBAのパートナーとなり、世界トップのバスケットボール・リーグの姿をあらゆる側面から日本のファンにお届けできるようになることを、大変うれしく思っています。先日発表しました、NBA王者であるゴールデンステート・ウォリアーズとのパートナーシップに加え、今回のNBAとのパートナーシップを通じて、グローバルにおけるバスケットボールの存在感をよりいっそう高めていくことに貢献できれば光栄に思います」

NBAのコミッショナー、アダム・シルバーは、次のように述べています。「楽天は世界でも最も革新的な企業のひとつであり、NBAにとって理想的なパートナーです。NBAと楽天のパートナーシップにより、NBAの試合のライブ中継やNBAコンテンツを見たいという日本の熱心なファンの期待に応えていきます。楽天と協業し、今までにない最も包括的な形でNBAの放映・配信を実現していけることを楽しみにしています」

なお、楽天とNBAのグローバルにおけるマーケティングパートナーシップにより楽天は、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」や米キャッシュバックサイトの「Ebates」といった国内外のEコマースサイトで、NBAの公式グッズを販売する特設ページ「NBA ZONE」や各チームのグッズを販売するページも開設できるようになります。

楽天グループのインスタント・メッセージ・プラットフォームである「Rakuten Viber」は、NBAと所属チームの「オフィシャル プラットフォーム」となり、9億を超えるユーザーにNBAのコンテンツを届けることが可能になります。

NBAは、日本において約30年にわたり活動してきており、その試合や番組は1988-1989年シーズンから放映されてきました。NBA公式ライセンスグッズは、スポーツショップ「ゼビオ」の全国70を超える店舗で販売されています。また、同リーグは日本で数多くのイベントを開催してきました。国内3都市でのレギュラーシーズン12試合の開催や、双方向のファンイベント、社会貢献活動「NBA Cares」などを行ったほか、2012年にはNBAとFIBA(国際バスケットボール連盟)によるグローバルなバスケットボールの発展とコミュニティ形成を支援するプログラム「バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ」を実施しています。


1997年に創業した楽天は、Eコマースやデジタルコンテンツ、コミュニケーションやフィンテックなど様々な分野で70以上のサービスを提供しており、楽天グループサービスは世界で10億を超えるユーザーに利用されています。楽天グループは国内において、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)クラブチームの「ヴィッセル神戸」とプロ野球団の「東北楽天ゴールデンイーグルス」を運営しています。また、楽天は2017年7月からスペインのサッカークラブ「FCバルセロナ」のグローバルにおける「メイン パートナー」および「オフィシャル イノベーション&エンターテインメント パートナー」となっています。

NBAに関する情報は、公式日本語サイト(www.nba.co.jp )やツイッター(https://twitter.com/NBAJPN )、フェイスブック(https://facebook.com/NBAJapan/ )などでご覧いただけます。「Rakuten TV」でのNBA試合の視聴などに関する詳細は、サービスサイト(https://tv.rakuten.co.jp )をご覧ください。

◆NBA(National Basketball Association)について

NBAは、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)、ウィメンズ・ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(WNBA)、NBA Gリーグ(NBA G League)の3つのプロスポーツリーグから構成されるグローバルなスポーツとメディアのビジネス団体です。リーグは世界215の国と地域、49言語で試合や関連番組を放送、NBA関連商品は6大陸100の国と地域にある125,000以上の店舗で展開されています。2016-17シーズン開幕時のロスターには41の国と地域から113名のインターナショナルプレイヤーが名を連ねています。デジタル領域では、NBA TV、NBA.com、NBA App、NBA LEAGUE PASSを展開しています。また、NBAは世界有数のソーシャルメディアのコミュニティを形成しており、リーグ・チーム・選手の「いいね!(like)」とフォロワー数は、世界中で13億以上を数えます。NBA Caresを通してリーグは、国際的に認められた協力団体と共に、教育や青少年、家庭環境の発達、そして健康医療問題など、重要な社会問題の解決に向けた活動を行っております。


関連記事

スコット・レビーNBAアジア代表「楽天とのパートナーシップでNBAの試合がより近い存在になる」

アダム・シルバーNBAコミッショナー「日本の地にNBAの試合を持ってくることの優先順位が高いのは間違いない」

アダム・シルバーNBAコミッショナー「今日本ではバスケットボールがとても勢いに乗っている」

楽天・三木谷浩史会長「NBAを盛り上げるべく、全力でサポートしていく」

楽天とNBAが日本国内におけるNBAの包括的ライブ放映・配信に関するパートナーシップを発表

ドレイモンド・グリーン「楽天のブランド力は僕たちのブランド力に似ている」

ウォリアーズとジャージーパートナーシップ締結の楽天・三木谷浩史会長「近い将来、NBAの試合を日本で」

ウォリアーズと楽天のジャージーパートナーシップはNBA史上最高額

ウォリアーズと楽天がジャージーパートナーシップを締結



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

開幕戦でダブルダブルの活躍を見せたラマーカス・オルドリッジ「以前より自信を持ってやれている」

nba

セルティックス戦で37得点、13リバウンドのヤニス・アデトクンボ「今季のチームには大きなことをやってのけるだけの力がある」

nba

ジェレミー・リンが開幕戦で右ひざを負傷

nba

ゴードン・ヘイワードにエールを送るコービー・ブライアント「前に進むとき」

nba

開幕戦で負傷したゴードン・ヘイワードがファンにメッセージ「ホーム開幕戦に出場できなくて辛い」

nba

ロケッツが激戦を制し、開幕戦でウォリアーズに勝利

nba

スパーズがラマーカス・オルドリッジと延長契約

nba

ブルズのニコラ・ミロティッチがボビー・ポーティスとの喧嘩で顔面を骨折

nba

キャバリアーズがセルティックスとの開幕戦に勝利

nba

リーグ記録となる42か国から108人の海外出身選手が開幕ロスター入り

nba

セルティックスのゴードン・ヘイワードが開幕戦で負傷退場

nba

2017-18シーズンプレビュー:パシフィック・ディビジョン

もっと見るレス
Back to Top