楽天・三木谷浩史会長「NBAを盛り上げるべく、全力でサポートしていく」
NBA

楽天・三木谷浩史会長「NBAを盛り上げるべく、全力でサポートしていく」

NBAとの包括的パートナーシップ締結について語った会見冒頭の挨拶全文

10月10日に楽天クリムゾンハウス(東京都世田谷区)で楽天とNBAの共同記者発表会が開かれ、両者のパートナーシップが発表された。楽天・三木谷浩史会長は会見冒頭の挨拶で、今回のパートナーシップについて「NBAを盛り上げるべく、全力でサポートしていく」と語った。

[動画]NBA・楽天 共同記者発表会

三木谷浩史 楽天代表取締役会長兼社長

楽天の三木谷でございます。本日は本当にお忙しい中、楽天とNBAの共同記者会見にお集まりいただきまして、まことにありがとうございます。このたび、楽天はNBAと公式にパートナーシップを結びました。そして、本日はNBAのアダム・シルバー・コミッショナーや、役員の方々も来日してくださり、ここ日本でこのパートナーシップを一緒に発表できることを大変嬉しく思っております。

Adam, thank you for coming. We really appreciate your effort to visit us.(アダム、来ていただきありがとうございます。弊社(我々)を訪問してくれたことに深く感謝いたします)

具体的には、今シーズンから国内でのNBAの放送・配信に関する包括的な権利を、すべて楽天が持つことになります。また、NBAとのこの他におけるマーケティング・パートナーシップも同時に締結いたしました。楽天市場は『Ebates』などの、国内外のeコマースサイトでNBAの公式グッズを販売する『NBA Zone』をオープンいたします。楽天Viberは、NBAのオフィシャルプラットフォームとなり、9億を超えるユーザーにNBAコンテンツをお送りさせていただきたいと思っております。

詳細に関しては、後ほど平井と河野のほうからご説明させていただきます。

世界トップのプロスポーツリーグであるNBA、それをさらに盛り上げるべく、日本、そしてグローバルで、全力でサポートして参りたいと思っております。

私ども楽天は、FCバルセロナとのパートナーシップ、また楽天イーグルスやヴィッセル神戸など創業以来、創業以来スポーツに深く関わって参りました。また先日、NBAのディフェンディングチャンピオンであるゴールデンステイト・ウォリアーズとのパートナーシップも発表させていただきました。世界中から多くの期待のお言葉をいただいております。

なぜ楽天が世界中のスポーツに力を注ぐのか。それは楽天が、人々や社会をエンパワーメントするという想いを大切に、今まで事業と成長や発展に努力してきたということかと思っております。

スポーツには、人や社会を元気にする力があります。スポーツには、立場や、また国・国境を越える力があると思っております。感動を分かち合い、そして心を勇気付けたりする、そういう不思議な力があるという風に思っております。

プレイヤーであれ、ファンであれ、スポーツを通じて得た体験や感情、それにより築き上げられる絆。これはビジネスだけではなく、より良い社会を生きていくことができるという風に考えております。

今回のNBAとのパートナーシップがバスケットボール界全体の一層の活性化と発展につながるよう、誠心誠意、努力して参りたいと思っております。皆様どうぞ、引き続きよろしくお願いいたします。ありがとうございました。


取材:大西玲央 Twitter:  @BullsFiJ|及川卓磨(NBA Japan編集長) Twitter: @oitaku|写真:大橋哲也


関連記事

スコット・レビーNBAアジア代表「楽天とのパートナーシップでNBAの試合がより近い存在になる」

アダム・シルバーNBAコミッショナー「日本の地にNBAの試合を持ってくることの優先順位が高いのは間違いない」

アダム・シルバーNBAコミッショナー「今日本ではバスケットボールがとても勢いに乗っている」

楽天・三木谷浩史会長「NBAを盛り上げるべく、全力でサポートしていく」

楽天とNBAが日本国内におけるNBAの包括的ライブ放映・配信に関するパートナーシップを発表

ドレイモンド・グリーン「楽天のブランド力は僕たちのブランド力に似ている」

ウォリアーズとジャージーパートナーシップ締結の楽天・三木谷浩史会長「近い将来、NBAの試合を日本で」

ウォリアーズと楽天のジャージーパートナーシップはNBA史上最高額

ウォリアーズと楽天がジャージーパートナーシップを締結



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top