プレイオフ・シリーズ第7戦に強いレブロン・ジェームズ

プレイオフ・シリーズ第7戦に強いレブロン・ジェームズ

第7戦という状況で平均34.9得点、8.0リバウンド、4.5アシスト、FG成功率48.4%

レブロン・ジェームズがプレイオフ・シリーズ第7戦でプレイする。これを上回る状況はない。

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special

ジェームズのクリーブランド・キャバリアーズは、5月25日(日本時間26日)にクイックン・ローンズ・アリーナで行われたボストン・セルティックスとのイースタン・カンファレンス・ファイナル第6戦に109-99で勝利し、シリーズを第7戦に持ち込んだ。今季のプレイオフではホームで全勝しているとはいえ、ブラッド・スティーブンズ・ヘッドコーチのセルティックスにとっても、第7戦という状況でジェームズを迎え撃つのは大きな試練だ。

ジェームズは過去プレイオフの7シリーズで第7戦を戦い、5勝2敗という成績を残している。直近ではインディアナ・ペイサーズとのファーストラウンドも第7戦までもつれ、4月29日(同30日)にクイックン・ローンズ・アリーナで行なわれた同試合でジェームズは45得点の大活躍を見せ、キャブズが105-101で勝利した。また、2016年のNBAファイナルでは、ジェームズのキャブズが敵地で行なわれた第7戦でゴールデンステイト・ウォリアーズに93-89で勝利し、球団史上初優勝を成し遂げてもいる。

ジェームズが最後に敗れたプレイオフ・シリーズの第7戦は、2008年5月18日(同19日)にTDガーデンで行なわれたセルティックスとの一戦まで遡らなければならない。

ジェームズが第7戦に強いのは、過去のスタッツを見ても明らかだ。第7戦という状況で、ジェームズは平均34.9得点、フィールドゴール成功率48.4%を記録している上に、8.0リバウンド、4.5アシストという数字が示す通り、彼は第7戦でアグレッシブにプレイする傾向が強い。

ジェームズが過去にプレイした第7戦でのパフォーマンスは以下の通りだ。

キャブズ対ピストンズ/2006年5月21日(同22日)
スコア:ピストンズ 79-61 キャブズ
ラウンド:イースタン・カンファレンス・セミファイナル
レブロン・ジェームズ:27得点(FG24本中11本成功)、8リバウンド、2アシスト

キャブズ対セルティックス/2008年5月18日(同19日)
スコア:セルティックス 97-92 キャブズ
ラウンド:イースタン・カンファレンス・セミファイナル
レブロン・ジェームズ:45得点(FG29本中14本成功)、5リバウンド、6アシスト

セルティックス対ヒート/2012年6月9日(同10日)
スコア:ヒート 101-88 セルティックス
ラウンド:イースタン・カンファレンス・ファイナル
レブロン・ジェームズ:31得点(FG21本中9本成功)、12リバウンド、2アシスト


ペイサーズ対ヒート/2013年6月3日(同4日)
スコア:ヒート99-76 ペイサーズ
ラウンド:イースタン・カンファレンス・ファイナル
レブロン・ジェームズ:32得点(FG17本中8本成功)、8リバウンド、4アシスト

ヒート対スパーズ/2013年6月20日(同21日)
スコア:ヒート 95-88 スパーズ
ラウンド:NBAファイナル
レブロン・ジェームズ:37得点(FG23本中12本成功)、12リバウンド、4アシスト

キャブズ対ウォリアーズ/2016年6月19日(同20日)
スコア:キャブズ 93-89 ウォリアーズ
ラウンド:NBAファイナル
レブロン・ジェームズ:27得点(FG24本中9本成功)、11リバウンド、11アシスト

ペイサーズ対キャブズ/2018年4月29日(同30日)
スコア:キャブズ 105-101 ペイサーズ
ラウンド:イースタン・カンファレンス・ファーストラウンド
レブロン・ジェームズ:45得点(FG25本中16本成功)、8リバウンド、7アシスト

原文:LeBron James in Game 7s is a scary, scary sight by Bill Bender/Sporting News(抄訳)

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

nba

サンズがディアンドレ・エイトンをNBAドラフト2018 全体1位で指名

もっと見るレス
Back to Top