[コラム]29年の歴史に幕を閉じた“ザ・パレス”の10大モーメント(青木崇)

[コラム]29年の歴史に幕を閉じた“ザ・パレス”の10大モーメント(青木崇)

4月10日に29年の歴史に幕を閉じたデトロイト・ピストンズの本拠地ザ・パレス・オブ・オーバーンヒルズ。この場所で起きた10大モーメントを振り返る

1988年11月5日のデトロイト・ピストンズ対シャーロット・ホーネッツ戦から29年。2017年4月10日のワシントン・ウィザーズ戦は、レギュラーシーズンで1164試合目、“ザ・パレス”ことパレス・オブ・オーバーンヒルズで行なわれる最後のNBAゲームとなった。

Pistons

“バッドボーイズ”(ピストンズ2連覇時代の愛称)で2連覇を果たしたときと変わらず、スターター紹介の曲はヨーロッパの『ファイナル・カウントダウン』。2万人を超える観客で埋まるプレイオフでこのイントロが流れると、ザ・パレスは殺伐さと熱気に包まれた空間へと変貌する。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!

レギュラーシーズンとまったく違う雰囲気での戦いで、アウェイのチームが勝利を手にするには、心身両面でピストンズを上回るタフさが求められた。それは、1991年のマイケル・ジョーダンとブルズ、2006年のマイアミ・ヒート、2008年のボストン・セルティックスが、いずれもNBAタイトルへの道を開いた際、ザ・パレスでピストンズから勝利を手にして成し遂げていたものでもある。2005年と2006年にヒートのアシスタントコーチとしてピストンズとのプレイオフを戦った現指揮官のエリック・スポールストラは、「あんな雰囲気はほかになかった。観客たちは準備万端で、騒々しく、厄介だった。でも、楽しい戦いでもあった」と振り返る。


ピストンズがザ・パレスでの29年間に残した成績は、レギュラーシーズンが732勝432敗、プレイオフが75勝32敗。バッドボーイズのキャプテンだったアイザイア・トーマスが「数多くの素晴らしい思い出がある」と語るように、12年間ミシガン州を拠点に取材してきた筆者も、多くの名勝負やハプニングを間近で目にしてきた。ザ・パレスの数々の名場面を独断で10個選んでみた。

次のページ >>>

文:青木崇 Twitter: @gobluetree629

>>> 青木崇バックナンバー



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

薬物規定違反から復帰後も4番手の状態が続くジョアキム・ノア「これが自分の現実」

nba

マイク・コンリーが左アキレス腱痛で離脱、復帰時期は未定

nba

サンズが3度目の対戦で今季レイカーズに初勝利、33得点のデビン・ブッカーは「負けられなかった」

nba

スパーズが23点差から逆転してサンダーに勝利、グレッグ・ポポビッチHCは選手を称賛「決して諦めず、基本的なプレイを続けたことで流れが変わった」

nba

キャブズが延長戦を制し4連勝、レブロン・ジェームズはセルティックスとの比較を気にせず「周りの意見はどうでもいい」

nba

ネッツのディアンジェロ・ラッセルが左ひざを手術、復帰時期は未定

nba

76ersがロバート・コビントンとの契約を延長

nba

セルティックスに敗れたウォリアーズ、ステフィン・カリーは「今季のファイナルで対戦するかもしれない」

nba

NBAレジェンドのディケンベ・ムトンボが来日「日本のバスケットボールリーグと今後も協力体制を維持していきたい」

nba

クリス・ポール復帰戦の前半だけで90得点を記録したロケッツ、ジェームズ・ハーデンは「スコアがおかしいんじゃないかと思った」

nba

敵地3連勝中のキャブズ、復調の秘訣は睡眠

nba

セルティックスがウォリアーズを下して14連勝、急逝した親友に勝利を捧げたジェイレン・ブラウンは「彼に導かれてプレイできた」

もっと見るレス
Back to Top