[コラム]29年の歴史に幕を閉じた“ザ・パレス”の10大モーメント(青木崇)

[コラム]29年の歴史に幕を閉じた“ザ・パレス”の10大モーメント(青木崇)

4月10日に29年の歴史に幕を閉じたデトロイト・ピストンズの本拠地ザ・パレス・オブ・オーバーンヒルズ。この場所で起きた10大モーメントを振り返る

1988年11月5日のデトロイト・ピストンズ対シャーロット・ホーネッツ戦から29年。2017年4月10日のワシントン・ウィザーズ戦は、レギュラーシーズンで1164試合目、“ザ・パレス”ことパレス・オブ・オーバーンヒルズで行なわれる最後のNBAゲームとなった。

Pistons

“バッドボーイズ”(ピストンズ2連覇時代の愛称)で2連覇を果たしたときと変わらず、スターター紹介の曲はヨーロッパの『ファイナル・カウントダウン』。2万人を超える観客で埋まるプレイオフでこのイントロが流れると、ザ・パレスは殺伐さと熱気に包まれた空間へと変貌する。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!

レギュラーシーズンとまったく違う雰囲気での戦いで、アウェイのチームが勝利を手にするには、心身両面でピストンズを上回るタフさが求められた。それは、1991年のマイケル・ジョーダンとブルズ、2006年のマイアミ・ヒート、2008年のボストン・セルティックスが、いずれもNBAタイトルへの道を開いた際、ザ・パレスでピストンズから勝利を手にして成し遂げていたものでもある。2005年と2006年にヒートのアシスタントコーチとしてピストンズとのプレイオフを戦った現指揮官のエリック・スポールストラは、「あんな雰囲気はほかになかった。観客たちは準備万端で、騒々しく、厄介だった。でも、楽しい戦いでもあった」と振り返る。


ピストンズがザ・パレスでの29年間に残した成績は、レギュラーシーズンが732勝432敗、プレイオフが75勝32敗。バッドボーイズのキャプテンだったアイザイア・トーマスが「数多くの素晴らしい思い出がある」と語るように、12年間ミシガン州を拠点に取材してきた筆者も、多くの名勝負やハプニングを間近で目にしてきた。ザ・パレスの数々の名場面を独断で10個選んでみた。

次のページ >>>

文:青木崇 Twitter: @gobluetree629

>>> 青木崇バックナンバー



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

『NBA 2K18』の発売記念イベントに足立梨花さんが登場「お見苦しいところを…」

nba

キャブズのタロン・ルーHC、ケビン・ラブの起用法について明言を避ける

nba

リポート:ウルブズが今週中にアンドリュー・ウィギンズと延長契約締結か!?

nba

レイカーズがアンドリュー・ボーガットと契約

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ヒューストン・ロケッツ

nba

バックスがジェイソン・テリーと再契約

nba

ユーロバスケットで輝いたキングスの新人ボグダン・ボグダノビッチ

nba

カイリー・アービング、レブロン・ジェームズに退団を伝えなかったことに後悔なし

nba

ユーロバスケットで銅メダルのマルク・ガソル、早くもNBAに切り替え

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ボストン・セルティックス

nba

スロベニアがセルビアを下し欧州選手権初優勝

nba

エネス・カンターが肉体改造を行ない減量に成功

もっと見るレス
Back to Top