先発全員が二桁得点を記録したウィザーズが4連勝

先発全員が二桁得点を記録したウィザーズが4連勝

オットー・ポーターJr.は25得点、ジョン・ウォールは20得点

2月16日(日本時間17日)にバンガーズライフ・フィールドハウスで行なわれたワシントン・ウィザーズ対インディアナ・ペイサーズの一戦は、先発全員が二桁得点を記録したウィザーズが111-98で勝利した。

オールスターブレーク前最後の試合に勝利し4連勝をマークしたウィザーズは、現在34勝21敗。イースタン・カンファレンス首位のクリーブランド・キャバリアーズをわずか5ゲーム差で追っている。

ジョン・ウォールは試合後「(NBA)キャリアで、この時期にこれだけ勝てているのは初めてのこと」と語った。

「(シーズン開幕当初は)良くなかったけれど、チャンスを掴んで、ホームでの強みを生かすことができた。チームの自信もあるし、攻守両面で良いプレイができているからね」。


ウィザーズはオットー・ポーターJr.が25得点、8リバウンド、マーキーフ・モリスが21得点、7リバウンド、ウォールが20得点、12アシスト、ブラッドリー・ビールが19得点、マーチン・ゴータットが12得点、7リバウンドで勝利に貢献した。

6連敗のペイサーズ(29勝28敗)は、ポール・ジョージとマイルズ・ターナーがそれぞれ17得点、アル・ジェファーソンとロドニー・スタッキーがそれぞれ12得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

『NBA 2K18』の発売記念イベントに足立梨花さんが登場「お見苦しいところを…」

nba

キャブズのタロン・ルーHC、ケビン・ラブの起用法について明言を避ける

nba

リポート:ウルブズが今週中にアンドリュー・ウィギンズと延長契約締結か!?

nba

レイカーズがアンドリュー・ボーガットと契約

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ヒューストン・ロケッツ

nba

バックスがジェイソン・テリーと再契約

nba

ユーロバスケットで輝いたキングスの新人ボグダン・ボグダノビッチ

nba

カイリー・アービング、レブロン・ジェームズに退団を伝えなかったことに後悔なし

nba

ユーロバスケットで銅メダルのマルク・ガソル、早くもNBAに切り替え

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ボストン・セルティックス

nba

スロベニアがセルビアを下し欧州選手権初優勝

nba

エネス・カンターが肉体改造を行ない減量に成功

もっと見るレス
Back to Top