先発全員が二桁得点を記録したウィザーズが4連勝

先発全員が二桁得点を記録したウィザーズが4連勝

オットー・ポーターJr.は25得点、ジョン・ウォールは20得点

2月16日(日本時間17日)にバンガーズライフ・フィールドハウスで行なわれたワシントン・ウィザーズ対インディアナ・ペイサーズの一戦は、先発全員が二桁得点を記録したウィザーズが111-98で勝利した。

オールスターブレーク前最後の試合に勝利し4連勝をマークしたウィザーズは、現在34勝21敗。イースタン・カンファレンス首位のクリーブランド・キャバリアーズをわずか5ゲーム差で追っている。

ジョン・ウォールは試合後「(NBA)キャリアで、この時期にこれだけ勝てているのは初めてのこと」と語った。

「(シーズン開幕当初は)良くなかったけれど、チャンスを掴んで、ホームでの強みを生かすことができた。チームの自信もあるし、攻守両面で良いプレイができているからね」。


ウィザーズはオットー・ポーターJr.が25得点、8リバウンド、マーキーフ・モリスが21得点、7リバウンド、ウォールが20得点、12アシスト、ブラッドリー・ビールが19得点、マーチン・ゴータットが12得点、7リバウンドで勝利に貢献した。

6連敗のペイサーズ(29勝28敗)は、ポール・ジョージとマイルズ・ターナーがそれぞれ17得点、アル・ジェファーソンとロドニー・スタッキーがそれぞれ12得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[コラム]カイリー・アービング、驚異の1on1能力(佐々木クリス/WOWOW NBA ONLINE)

nba

『NBA LIVE Mobile』攻略ガイド:ロスター強化への道 前編(大西玲央)

nba

ニッキー・ミナージュが『NBAアウォードショー』に出演

nba

ウォリアーズGM「スティーブ・カーHCの健康状態は以前と変わらず」

nba

ドラフト指名候補ロンゾ・ボール、セルティックスのワークアウトを「丁重にお断り」

nba

キャブズがセルティックスを4勝1敗で下し、3年連続となるNBAファイナル進出

nba

NBAファイナル2017日程

nba

73選手が2017 NBAドラフト・アーリーエントリーを取り下げ

nba

マジック・ジョンソン「レイカーズでアンタッチャブルな選手はひとりだけ」

nba

ケビン・デュラント、昨夏の決断は「100%正しかった」

nba

グレッグ・ポポビッチHC、ティム・ダンカン引退後初のシーズンを終え「チームが成し遂げたことは称賛に値する」

nba

リポート:クリス・ボッシュとヒートが契約解除に合意

もっと見るレス
Back to Top