ウォリアーズがホームでロケッツに大勝、シリーズを2勝1敗でリード

ウォリアーズがホームでロケッツに大勝、シリーズを2勝1敗でリード

ステフィン・カリーが35得点と大活躍

5月20日(日本時間21日)にオラクル・アリーナで行なわれたヒューストン・ロケッツとゴールデンステイト・ウォリアーズによるウェスタン・カンファレンス・ファイナル第3戦は、ステフィン・カリーが35得点の活躍を見せ、ウォリアーズが126-85で大勝した。

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special

序盤からロケッツが攻めの姿勢でリードしていたものの、早めのタイムアウトからウォリアーズの意識が明らかに変わり、ウォリアーズが主導権を一気に奪った。ウォリアーズはディフェンスでロケッツを苦しめ、ハーフタイムを54-43のリードで迎えた。

後半に入ると、ここまで本来のシュート力が見られていなかったカリーが復調。3ポイントショットだけでなく、ドライブからのシュートも決め続け、リードを大きく広げた。第3クォーターに打った7本全てのシュートを決めたカリーは、同クォーターだけで18得点という活躍を見せた。カリーは「トランジションでオープンなシュートがあると、一瞬だけ静かになる瞬間があるんだ。特にこの会場ではね」と語った。

「とてもクールな瞬間だ。前半もそれを追い求めていて、何度かチャンスがあったのだがシュートを決めることができなかった。第3クォーターに全てが開けた。これまでずっとやってきていることだ。2試合シュートが入らなかったくらいで、影響はさせない」。

ウォリアーズはほかにケビン・デュラントが25得点、6アシスト、クレイ・トンプソンが13得点し、合計6選手が二桁得点を記録。ウォリアーズはこの勝利でプレイオフでのホーム戦16連勝となり、1990年4月27日から1991年5月21日まで15連勝したシカゴ・ブルズのリーグ記録を抜き去った。


一方のロケッツはジェームズ・ハーデンが20得点、9アシスト、クリス・ポールが13得点、10リバウンドと奮闘した。しかしターンオーバー数がウォリアーズの8回に比べ20回を記録し、そこから28失点を許した。ハーデンは「オフェンス面で我々は勢いがなく、相手にそこを突かれてしまった」と話した。

第4戦は22日(同23日)に同会場で行なわれる。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

nba

リポート:ヒートはライアン・アンダーソンの獲得に関心なし

nba

ステフィン・カリー「ウォリアーズで引退したい」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日 代々木公園バスケットボールコート

nba

シーズン全休から復帰するブランドン・ナイト「チームの助けになる方法はわかっている」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日ポートレイト

nba

ジャバリ・パーカーはブルズでかつての姿を取り戻せるか?

nba

ジャズがアイザック・ハイスと契約

nba

リポート:ユドニス・ハズレムがヒートとの再契約に前向きか

もっと見るレス
Back to Top