ウォリアーズがホームでロケッツに大勝、シリーズを2勝1敗でリード

ウォリアーズがホームでロケッツに大勝、シリーズを2勝1敗でリード

ステフィン・カリーが35得点と大活躍

5月20日(日本時間21日)にオラクル・アリーナで行なわれたヒューストン・ロケッツとゴールデンステイト・ウォリアーズによるウェスタン・カンファレンス・ファイナル第3戦は、ステフィン・カリーが35得点の活躍を見せ、ウォリアーズが126-85で大勝した。

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special

序盤からロケッツが攻めの姿勢でリードしていたものの、早めのタイムアウトからウォリアーズの意識が明らかに変わり、ウォリアーズが主導権を一気に奪った。ウォリアーズはディフェンスでロケッツを苦しめ、ハーフタイムを54-43のリードで迎えた。

後半に入ると、ここまで本来のシュート力が見られていなかったカリーが復調。3ポイントショットだけでなく、ドライブからのシュートも決め続け、リードを大きく広げた。第3クォーターに打った7本全てのシュートを決めたカリーは、同クォーターだけで18得点という活躍を見せた。カリーは「トランジションでオープンなシュートがあると、一瞬だけ静かになる瞬間があるんだ。特にこの会場ではね」と語った。

「とてもクールな瞬間だ。前半もそれを追い求めていて、何度かチャンスがあったのだがシュートを決めることができなかった。第3クォーターに全てが開けた。これまでずっとやってきていることだ。2試合シュートが入らなかったくらいで、影響はさせない」。

ウォリアーズはほかにケビン・デュラントが25得点、6アシスト、クレイ・トンプソンが13得点し、合計6選手が二桁得点を記録。ウォリアーズはこの勝利でプレイオフでのホーム戦16連勝となり、1990年4月27日から1991年5月21日まで15連勝したシカゴ・ブルズのリーグ記録を抜き去った。


一方のロケッツはジェームズ・ハーデンが20得点、9アシスト、クリス・ポールが13得点、10リバウンドと奮闘した。しかしターンオーバー数がウォリアーズの8回に比べ20回を記録し、そこから28失点を許した。ハーデンは「オフェンス面で我々は勢いがなく、相手にそこを突かれてしまった」と話した。

第4戦は22日(同23日)に同会場で行なわれる。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

nba

サンズがディアンドレ・エイトンをNBAドラフト2018 全体1位で指名

もっと見るレス
Back to Top