タロン・ルーHC「全力を出しても時には手が届かないことがある」
NBA

タロン・ルーHC「全力を出しても時には手が届かないことがある」

「最高のディフェンスをしても、彼らには信じられないショットを決める選手がいる」

6月8日(日本時間9日)に行なわれたNBAファイナル2018第4戦は、ゴールデンステイト・ウォリアーズが108-85でクリーブランド・キャバリアーズを下し、2連覇を達成した。試合後、キャバリアーズのタロン・ルー・ヘッドコーチがメディアとの質疑応答に応じた。

▶ NBAファイナルを観るならRakuten NBA Special

――ロスターが大きく変わるなど、浮き沈みの激しいシーズンとなったが、ファイナルにたどり着き、何度か勝つチャンスもあった。今シーズンをどのように評価する?

試合後に何人かとも話したが、とてもタフなシーズンだった。いろいろなことがあったが、結果的に我々はより強くなることができたと思う。新しくやってきた選手のなかには、子供の頃から夢を見てきたプレイオフや、ファイナルで初めてプレイする選手もおり、貴重な経験となっただろう。そんな選手たちには、さらに成長するには何をしなければいけないかは分かっているはずだ、と伝えたよ。

チームがこのシーズンで経験してきたことを考えれば、選手たちは本当に素晴らしかったと思う。一丸となっていた。何度もあきらめることもできたが、我々はそうしなかった。コーチたちも、選手を常にプレイできるように準備させるなど、本当に素晴らしかった。

ダイナミックな攻撃を展開するウォリアーズを抑えることはできなかったが、ディフェンスはプレイオフに入って良くなっていた。ダン・ギルバート(オーナー)、コービー・アルトマン(GM)も、将来に向けて良い働きをしたと思う。ダンは資金を惜しまず、我々がここまで来るのを助けてくれたし、コービーはチームが終盤戦に強くなるように勇敢な決断をした。

多くの人が我々に疑問を抱きながらも、我々がここまで来れたということついて、選手たちのことを誇りに思うし、次に進む大きなステップになるはずだ。

――今シーズンのレブロン・ジェームズについて、ファンたちにはどう覚えていてほしい?

彼は世界最高の選手であり、キャリア15年目でありながら全てを出し尽くした。(レギュラーシーズン)全82試合に出場し、個人の活躍としては史上最高とも言えるレベルでこのチームを牽引してきた。選手の手本としてチームをリードする姿は、彼の人として、またプレイヤーとしてのキャラクターを表していたと思う。

欠場してもおかしくないとき、プレイが良くなかったときでも、彼が止まることはなかった。多くの人があきらめてしまうような状況でも、彼はそうしなかった。彼はとんでもない男で、彼がチームの一員であることを本当に嬉しく思う。彼は常に最後まで戦った。

全力を出しても時には手が届かないことがある。我々のチームも全力を出しきった。ただそれだけさ。

――レブロンはこの夏にどのような決断をするのか?

個人的にはもちろん(チームに)残ってほしい。ただし、このような試合の後だと、自分がとやかく言えることではない。私はただ、今シーズン、彼がチームのためにしてくれたことを感謝するだけだよ。それしか言えないね。


――今季はあなたにとっても挑戦のシーズンとなりました。あなたは常にファイナルにチームを導いているが、夏にチームが大きく変わる可能性がある。来シーズンも(キャブズの)ヘッドコーチとして戻ってくる?

私の立場から言えばそうだね。今シーズンは(体調不良など)何度もタフな問題に直面した。ただ、さきほども言ったが、我々はあきらめることもできたが、そうしなかった。たとえ自分が100%の状態じゃなかったとしても、プレイオフまでには戻ってくると決めていた。ほかのコーチ陣を難しい状況に追い込まないためにも、自分が戦わなければいけなかった。それが王者たるもので、自分も全力を出し尽くした。

私が不在のときも、ラリー・ドリュー、(マイク)ロンガバーディ、フィル・ハーディー、(ジェームズ)ポージー、(デイモン)ジョーンズ、ビタリー(ポタペンコ)、そしてジム・ボイランが素晴らしい仕事をしてくれた。

私も万全ではなかったけれど、戻ることを決めた。私はあきらめない人間だからね。結果的に最後までやり遂げ、特別なシーズンになった。最後は負けてしまったけれどね。

――4連敗する前に、今シリーズでは2試合勝つチャンスがあった。上手くできなかった部分をあげるとしたらどこ?

ディフェンスでのコミュニケーションだと思う。ただ何度も言うが、これは難しいんだ。彼ら(ウォリアーズ)が展開する速いペースで、5人全員がドリブル、パス、そしてシュートする。全員がプレイメイクをする。こちらがミスをすれば確実にやられる。それが彼らの素晴らしいところだよ。

最高のディフェンスをしたとしても、彼らには信じられないショットを決めるステフ(カリー)、KD(ケビン・デュラント)、そしてクレイ(トンプソン)がいるんだ。ひとつあげるとしたら、スイッチするときのコミュニケーションはもっと上手くできたと思う。

――今シーズン、コーチである自分のことで何か学んだことはあった? またウォリアーズと同じレベルに達するには何が必要?

自分に関しては、もっと成長できると感じている。ただ私はタフな人間だ。それは誇りを持って言える。自分には常に厳しくあるが、よく考えたらまだヘッドコーチになってから2年半しか経っていないんだ。10年から15年はやっているように感じるよ。自分はもっと良いヘッドコーチになれるし、絶対になってみせる。プロフェッショナルであるということは、やり遂げることだと学んだよ。どんなことでも起こりうる。言い訳をすることだってできたが、それはしなかった。言い訳をしないと言うことは、私とレブロンから始まったと思う。そして我々は今ここにいるんだ。

ウォリアーズのことに関しては、我々は勝てた試合が2試合あった。第3戦では残り3分で1点リードしていたし、第1戦ではフリースローで勝つチャンスがあった。だからどんなに彼らが良いチームであろうと、我々の選手は素晴らしい戦いを見せていたと思う。我々はもっと成長しなければいけないが、そこまで差は大きくないはずさ。

[特集]NBAファイナル2018: ゴールデンステイト・ウォリアーズ vs クリーブランド・キャバリアーズ


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

マジックのワークアウトに参加したウェンデル・カーターJr.は、今ドラフト候補最高のビッグマンなのか?

nba

ナゲッツ2年目を迎えるモンテ・モリス、サマーリーグに向けて特訓中

nba

グリズリーズがコーチングスタッフを発表、ジェリー・スタックハウス、ニック・バンエクセルらが入閣

nba

ザック・ランドルフの弟がバーで殺害される

nba

リポート: ドラフト全体1位指名権を持つサンズ、カワイ・レナードの獲得には興味なし?

nba

ユドニス・ハズレムがヒートからの移籍を示唆「チームの勝利に貢献したい」

nba

オスカー・ロバートソンがNBA生涯功労賞を受賞へ

nba

リポート:ホークスがナゲッツとのトレードでケネス・ファリード獲得を検討か

nba

リポート:カワイ・レナードがスパーズにトレードを要求か

nba

渡邊雄太がサンズのワークアウトに参加

nba

リポート・サディアス・ヤングがFAになることを検討か

nba

リポート:キャブズとラリー・ナンスJr.が延長契約締結に関心

もっと見るレス
Back to Top