療養中のスティーブ・カーHCがチーム遠征に帯同
NBA

療養中のスティーブ・カーHCがチーム遠征に帯同

現場の指揮は引き続きマイク・ブラウンが執る

今季のゴールデンステイト・ウォリアーズは、プレイオフに入り対戦相手を圧倒している。そんなチームに、5月17日(日本時間18日)に予想外の良い報せが届いた。療養中のスティーブ・カー・ヘッドコーチが、NBAプレイオフ2017 ウェスタン・カンファレンス決勝 第3戦が行われるサンアントニオへの遠征に帯同することになったのだ。

ウォリアーズのバスケットボール運営部門代表を務めるボブ・マイヤーズは、『97.5 The Game』に対し、カーHCが自らの判断で遠征に帯同することを決めたと明かした。

マイヤーズは「素晴らしいこと。自分自身で決断した彼を心から尊敬する」と話している。

「彼にどういう考えかを聞いたら、『遠征に帯同する準備はできている』という答えが返ってきた。もし、彼が体調を悪化させる可能性があるのならチームとして口を挟むだろうが、スティーブはスマートな人なのでね」。

カーHCは、ポートランド・トレイルブレイザーズとのファーストラウンド第3戦から欠席している。しかし、スパーズとのカンファレンス決勝 第1、2戦の際にはオラクル・アリーナに姿を見せ、ロッカールームで試合を観戦。ハーフタイム中には選手たちに指示を送り、メディア対応もこなした。

第3戦からの遠征には帯同するものの、マイヤーズは、まだ現場復帰の予定はないと言う。


「彼は今の段階でやれることをしてくれている。チームにとっても励みになるが、彼が困難を乗り越えたとは言えない。彼も同じようには言わないだろう。それでも、彼がチームのそばにいてくれるのなら、チームの雰囲気はさらに良くなる」。

ウォリアーズは、16日(同17日)に行なわれたスパーズとの第2戦にも136-100で完勝し、プレイオフ10連勝をマークしている。

カーHCが療養中の間は、引き続きアシスタントコーチのマイク・ブラウンが代行HCを務める予定だ。

原文:NBA playoffs 2017: Steve Kerr to travel with Warriors to San Antonio by Alec Brzezinski/Sporting News



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

nba

サンズがディアンドレ・エイトンをNBAドラフト2018 全体1位で指名

nba

NBAドラフト2018 上位指名有力のモハメッド・バンバ「チームからの期待に応えられる」

nba

NBAドラフト2018 上位指名有力のマービン・バグリー三世「チームの勝利のためにやれることをやる」

nba

NBAドラフト2018 上位指名有力のディアンドレ・エイトン「1位指名されたらとても幸せ」

nba

リポート:レイカーズが76ersからドラフト39位指名権を獲得か

nba

リポート:ネッツがホーネッツからドワイト・ハワードを獲得か

nba

NBAドラフト2018の上位指名チーム、過去の成功と失敗

nba

リポート: ティンバーウルブズのジャマール・クロフォードが来季の契約を破棄してFAへ

nba

リポート: グレッグ・ポポビッチHCとカワイ・レナードがサンディエゴで面会

もっと見るレス
Back to Top