ステフィン・カリー、スランプ論に反論「滑稽な話」
NBA

ステフィン・カリー、スランプ論に反論「滑稽な話」

「昨季の数字と見比べたら、いつだってスランプということになってしまう」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBA史上初の満場一致でシーズンMVPを受賞した昨シーズンと同様の個人スタッツを今シーズンは残せていない。それだけに、『スランプに陥っている』と言われているほど。

だがカリーは、『ESPN』に「最も滑稽な話」と話し、周囲の見方に反論している。

「昨季の数字と見比べたら、いつだってスランプということになってしまうよ」。

たしかに昨季と比べれば今季の成績は落ちる。だが、『スランプ』と言われるほどではない。カリーは今季平均24.8得点、4.3リバウンド、5.8アシストを記録。平均得点では昨季と比較して約6点低く、リバウンドとアシストでもそれぞれ約1.0低い成績を残している。フィールドゴール成功率も昨季より約3%低い47.0%で、得意の3ポイントショット成功率も約5%ダウンの40.1%だ。


しかし、リーグを代表するスター選手であることは、今季のスタッツを見れば明らか。平均得点ではリーグ11位で、リアル・プラスマイナスでも同12位の数字を残している。個人スタッツが減少しているのは、ケビン・デュラントの加入による影響、そしてウォリアーズ全体が昨季よりもレベルアップしているからと考えるのが自然ではないだろうか。

原文:Warriors' Stephen Curry finds slump talk 'comical' by Jordan Heck/Sporting News



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ロケッツが11連勝、マイク・ダントーニHCは「序盤の猛攻でゲームオーバー」

nba

ラプターズが開幕から26試合を終えて球団史上2位に並ぶ18勝8敗

nba

セルティックスが今季球団最多得点でナゲッツに勝利

nba

サンダーがペイサーズに勝利、ファンからブーイングで出迎えられたポール・ジョージは「これで全員が前に進める」

nba

レブロン・ジェームズ、チームを優先するロンゾ・ボールを称賛

nba

インディアナポリスが2021年のNBAオールスターゲーム開催地に決定

nba

注目のセンター対決は、ジョエル・エンビード率いる76ersがカール・アンソニー・タウンズのウルブズに勝利

nba

リポート:ジョン・ウォールがメンフィス・グリズリーズ戦で復帰予定

nba

カワイ・レナードの復帰戦で、スパーズがマブスに敗戦

nba

ニックスが勝利、延長に活躍したマイケル・ビーズリーは「チームが必要とすることをなんでもやる」

nba

キャブズがホークスに勝利、レブロン・ジェームズは「ボールが回ると全員がリズムに乗れる」

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

もっと見るレス
Back to Top