ステフィン・カリー、スランプ論に反論「滑稽な話」
NBA

ステフィン・カリー、スランプ論に反論「滑稽な話」

「昨季の数字と見比べたら、いつだってスランプということになってしまう」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBA史上初の満場一致でシーズンMVPを受賞した昨シーズンと同様の個人スタッツを今シーズンは残せていない。それだけに、『スランプに陥っている』と言われているほど。

だがカリーは、『ESPN』に「最も滑稽な話」と話し、周囲の見方に反論している。

「昨季の数字と見比べたら、いつだってスランプということになってしまうよ」。

たしかに昨季と比べれば今季の成績は落ちる。だが、『スランプ』と言われるほどではない。カリーは今季平均24.8得点、4.3リバウンド、5.8アシストを記録。平均得点では昨季と比較して約6点低く、リバウンドとアシストでもそれぞれ約1.0低い成績を残している。フィールドゴール成功率も昨季より約3%低い47.0%で、得意の3ポイントショット成功率も約5%ダウンの40.1%だ。


しかし、リーグを代表するスター選手であることは、今季のスタッツを見れば明らか。平均得点ではリーグ11位で、リアル・プラスマイナスでも同12位の数字を残している。個人スタッツが減少しているのは、ケビン・デュラントの加入による影響、そしてウォリアーズ全体が昨季よりもレベルアップしているからと考えるのが自然ではないだろうか。

原文:Warriors' Stephen Curry finds slump talk 'comical' by Jordan Heck/Sporting News



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

リポート:ラプターズが主力をトレード要員にすることを検討か

nba

第6戦で足を痛めたレブロン・ジェームズ「最高の回復方法は睡眠」

nba

ウォリアーズが逆転勝利を収めウェスタン・カンファレンス決勝の決着は第7戦に持ち越し、クレイ・トンプソンは「第7戦に持ち込みたかった」

nba

ケビン・ラブがイースタン・カンファレンス・ファイナル第7戦を欠場へ

nba

プレイオフ・シリーズ第7戦に強いレブロン・ジェームズ

nba

キャブズが勝って決着は第7戦へ、レブロン・ジェームズは「もう1試合プレイできることに喜びを感じている」

nba

ダニー・グリーンがカワイ・レナードの現状について言及「彼はサンアントニオに残りたがっている」

nba

ハムストリングを負傷したクリス・ポールが第6戦を欠場へ

nba

イースタン・カンファレンス・ファイナル第6戦プレビュー

nba

リポート:ピストンズが新HC候補にドウェイン・ケイシーを擁立か

nba

ロケッツがホームでの第5戦に勝利、23年ぶりのNBAファイナル進出に王手

nba

2017-18 オールNBAチーム発表、レブロン・ジェームズが史上最多12回目のファーストチームに選出

もっと見るレス
Back to Top