ステフィン・カリー、スランプ論に反論「滑稽な話」
NBA

ステフィン・カリー、スランプ論に反論「滑稽な話」

「昨季の数字と見比べたら、いつだってスランプということになってしまう」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBA史上初の満場一致でシーズンMVPを受賞した昨シーズンと同様の個人スタッツを今シーズンは残せていない。それだけに、『スランプに陥っている』と言われているほど。

だがカリーは、『ESPN』に「最も滑稽な話」と話し、周囲の見方に反論している。

「昨季の数字と見比べたら、いつだってスランプということになってしまうよ」。

たしかに昨季と比べれば今季の成績は落ちる。だが、『スランプ』と言われるほどではない。カリーは今季平均24.8得点、4.3リバウンド、5.8アシストを記録。平均得点では昨季と比較して約6点低く、リバウンドとアシストでもそれぞれ約1.0低い成績を残している。フィールドゴール成功率も昨季より約3%低い47.0%で、得意の3ポイントショット成功率も約5%ダウンの40.1%だ。


しかし、リーグを代表するスター選手であることは、今季のスタッツを見れば明らか。平均得点ではリーグ11位で、リアル・プラスマイナスでも同12位の数字を残している。個人スタッツが減少しているのは、ケビン・デュラントの加入による影響、そしてウォリアーズ全体が昨季よりもレベルアップしているからと考えるのが自然ではないだろうか。

原文:Warriors' Stephen Curry finds slump talk 'comical' by Jordan Heck/Sporting News



記事をシェアする

コメント

特集

最新ニュース

nba

ウォリアーズ、35点差の圧勝でキャバリアーズに雪辱

nba

NBAコミッショナー「メキシコほど重要なマーケットはない」

nba

ペリカンズ、アンソニー・デイビスが途中退場

nba

[インタビュー]ブランドン・イングラム「もっとプレイしたいけど、これがプロセス」(デイビッド・オルドリッジ)

nba

デマー・デローザンとゴードン・ヘイワードが第12週の週間最優秀選手に選出

nba

カーメロ・アンソニー、ニックス退団報道にいら立ち

nba

ダグ・マクダーモットが自己最多31得点、ブルズがグリズリーズを下し勝率5割復帰

nba

NBAコーチ協会がマイケル・H・ゴールドバーグ年間最優秀コーチ賞を新設

nba

ラッセル・ウェストブルックが今季20回目のトリプルダブル、サンダーが敵地でキングスに勝利

nba

ジェームズ・ハーデンが今季12回目のトリプルダブル、ロケッツがネッツに快勝し今季初の連敗から脱出

nba

レブロン・ジェームズ「ウォリアーズとの間にライバル関係はない」

nba

サンズ戦で負傷したロドニー・フッドは右ひざ過伸展と骨打撲

もっと見るレス
Back to Top