ステフィン・カリー、スランプ論に反論「滑稽な話」
NBA

ステフィン・カリー、スランプ論に反論「滑稽な話」

「昨季の数字と見比べたら、いつだってスランプということになってしまう」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBA史上初の満場一致でシーズンMVPを受賞した昨シーズンと同様の個人スタッツを今シーズンは残せていない。それだけに、『スランプに陥っている』と言われているほど。

だがカリーは、『ESPN』に「最も滑稽な話」と話し、周囲の見方に反論している。

「昨季の数字と見比べたら、いつだってスランプということになってしまうよ」。

たしかに昨季と比べれば今季の成績は落ちる。だが、『スランプ』と言われるほどではない。カリーは今季平均24.8得点、4.3リバウンド、5.8アシストを記録。平均得点では昨季と比較して約6点低く、リバウンドとアシストでもそれぞれ約1.0低い成績を残している。フィールドゴール成功率も昨季より約3%低い47.0%で、得意の3ポイントショット成功率も約5%ダウンの40.1%だ。


しかし、リーグを代表するスター選手であることは、今季のスタッツを見れば明らか。平均得点ではリーグ11位で、リアル・プラスマイナスでも同12位の数字を残している。個人スタッツが減少しているのは、ケビン・デュラントの加入による影響、そしてウォリアーズ全体が昨季よりもレベルアップしているからと考えるのが自然ではないだろうか。

原文:Warriors' Stephen Curry finds slump talk 'comical' by Jordan Heck/Sporting News



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

レイカーズ球団社長マジック・ジョンソンがディアンジェロ・ラッセルのトレードを説明「チームにはリーダーが必要だった」

nba

ドラフト全体3位でセルティックスから指名されたジェイソン・テイタム「NBA史上もっとも偉大な球団に指名してもらうという夢が叶った」

nba

ドラフト当日に有名記者への情報漏えい対策を徹底したマブスオーナー「誰を指名するか漏らした人間は解雇する」

nba

レイカーズが期待を寄せる新人ロンゾ・ボール、球団社長のマジック・ジョンソンは「彼の背番号を将来永久欠番にしたい」と称賛

nba

渡嘉敷来夢所属のストームはホームで敗戦

nba

リポート:クリス・ポールがプレイヤーオプションを行使せず無制限FAに

nba

ブルズからウルブズにトレードされたジミー・バトラーが、シカゴのファンに惜別メッセージ「シカゴは自分の人生そのものだった」

nba

オーストラリアでNBAグローバルアカデミーが正式オープン

nba

NBAドラフト2017 指名選手ギャラリー

nba

NBAドラフト2017で生まれた記録

nba

NBAドラフト2017 指名結果&トレード一覧

nba

ウルブズとブルズがジミー・バトラーを含むトレード成立を発表

もっと見るレス
Back to Top