nba

[特集]2014FIBAワールドカップ関連記事一覧

現地8月30日から16日間にわたってスペインで行なわれたFIBAバスケットボール・ワールドカップ(旧世界選手権)。アメリカの2連覇、通算5度目の優勝で幕を閉じた今大会の関連記事をまとめた。
nba

[コラム] FIBA W杯MVPに輝いたK・アービングの"特別な才能"

つくづく「持っている」男である。FIBAバスケットボール・ワールドカップが終わった今、改めてそう思わざるを得ない。
nba

[西尾瑞穂イラストコラム第12回] オフに来日するNBA選手たち

第1回目でデリック・ローズ来日の話題を取り上げた西尾瑞穂のイラストコラム。最終回となる今回も、再び「オフシーズンに来日するNBA選手たち」の話題をお届けします!
nba

FIBA W杯: アメリカが決勝でセルビアを破り2連覇達成

現地14日、FIBAバスケットボール・ワールドカップ決勝戦がマドリード(スペイン)で行なわれ、アメリカが129-92でセルビアを下し、優勝した。アメリカは前回大会(2010年トルコ大会)に続いて大会2連覇、通算5回目のW杯制覇となった。
nba

[宮地陽子コラム第27回] FIBA W杯: 米国代表の頼れる男、ケネス・ファリード

どうやら、何気なく聞いた質問がケネス・ファリードの気に障ってしまったようだった。
nba

[丹羽政善コラム第21回] アンソニー・デイビス ――将来の米国代表とNBAを背負う若き万能ビッグマン

現在、スペインで行なわれているFIBAバスケットボール・ワールドカップ。米国代表は順調に勝ちを重ねているが、チームの柱の1人となっているのが、今年3年目、21歳のアンソニー・デイビス(ニューオーリンズ・ペリカンズ)だ。準決勝までの8試合を終えた時点での1試合平均13.0点は、ジェイムス・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)の13.1点に次いでチーム2位。これを平均出場時間20.4分でマークしているからなかなかのもの。将来の米国代表を背負う1人として、そして今後のNBAを率いる1人として、期待通りの活躍を見せている。
nba

[すみこイラストコラム第12回] 進むNBAのグローバル化

FIBAバスケットボール。ワールドカップも現地9月6日に決勝ラウンドが始まり、いよいよ佳境に入りました。
nba

[コラム]佐々木クリスの 『ジョン・ウォール来日ツアー リポート ♯2』

NBAファンの強い味方『WOWOW NBA ONLINE』で活躍する佐々木クリスさんの人気コラムがNBA.com/Japanに初登場。8月下旬のジョン・ウォール初来日イベントでMCを務めたクリスさんが、ウォールの素顔に迫るコラム第2弾をお届けする!
nba

ジョン・ウォール来日密着レポート Day2:沖縄編

adidasのプロモーションツアーの一環で来日したワシントン・ウィザーズのポイントガード、ジョン・ウォールの来日イベント2日目(8月26日)の舞台は沖縄。好天に恵まれたこの日のスタートは、メディア向けのインタビューだった。午前10時から始まった各社のインタビューをこなしたウォールは、その後、午後から宜野湾市内の大型スポーツショップでのファンイベントに参加した。
nba

最新作『NBA 2K15』の発売日と価格が決定

『NBA 2K』シリーズでおなじみの2Kが、昨シーズンのMVP、ケビン・デュラント(オクラホマシティ・サンダー)をカバーアスリートとして起用することで話題となっている最新作『NBA 2K15』の日本国内での発売日及び価格を発表した。
nba

[コラム]佐々木クリスの 『ジョン・ウォール来日ツアー リポート ♯1』

NBAファンの強い味方『WOWOW NBA ONLINE』で活躍する佐々木クリスさんの人気コラムがNBA.com/Japanに初登場。先週のジョン・ウォール初来日イベントでMCを務めたクリスさんが、ウォールの素顔に迫る!
nba

ジョン・ウォール来日密着レポート Day1:京都&大阪編

8月25日、ワシントン・ウィザーズのポイントガード、ジョン・ウォールが、京都と大阪でadidasのプロモーションツアーに参加し、日本のファンの前にその姿を現わした。
nba

[西塚克之イラストコラム第10回]NBAと日本アイドルのパラレルワールド その10

“おしまいとは、はじまりのこと”とは良く言ったもので、1つの時代の終焉は、次の時代の始まりでもあります。しかし、この“はじまり”に関して言うとNBAもアイドル界もずいぶん苦労をしました。直近の輝きがあまりに大きすぎたために迷走を余儀なくされたのです。
nba

[丹羽政善コラム第20回]カイリー・アービング――ワールドカップでドリームチームの司令塔に?

プレイが派手な選手ではなく、さらにクリーブランド・キャバリアーズという低迷するチームでプレイしていたためか、知名度の低いカイリー・アービングだが、実力は誰もが認めるところ。間もなく開幕するFIBAバスケットボール・ワールドカップでは、デリック・ローズ(シカゴ・ブルズ)に代わって米代表チームの先発PG(ポイントガード)を務めることになるという。今季は、チームにレブロン・ジェイムスが加わり、キャブズの露出が必然的に増える。それに伴い、アービングの注目度も増すことになりそうだ。
nba

[鈴木千絵イラストコラム第9回]NBA HOME COURT/NBAのファッションモンスターは?

いつも突拍子もないファッションで皆を驚かせる男といえば、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルック。先頃バーニーズ・ニューヨークとコラボし、熱帯魚のようなカラーのバスケジャージーをはじめ、ブラックを基調としたカジュアルラインのコレクションを発表した。
nba

[米国代表コラム] 最終ロスター発表! 好ムードでスペインに旅立つ米国代表チーム (杉浦大介)

8月22日にマディソン・スクエア・ガーデンで行なわれたアメリカ対プエルトリコ戦の第1クォーター5分過ぎ。大歓声の中でデリック・ローズがコートに立った瞬間、数日間に及ぶサスペンスは終わった。
nba

W杯アメリカ代表の最終ロスター12名が決定

USAバスケットボール代表チームのマネージングディレクターを務めるジェリー・コランジェロは現地23日、FIBAワールドカップに臨むアメリカ代表の最終ロスター12名を発表した。
nba

[吉野内彩コラム第5回]これからもバックスを応援します

みなさん、こんにちは! ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私はバックス・ダンサーズを継続せずに今後は日本で活動をさせていただくことになりました。素晴らしい組織の下で働けたことは私の一生の宝です。これからは日本からバックスを応援しますよ!
nba

[米国代表コラム] ドミニカ戦を回避したD・ローズが描く“完全復活への青写真” (杉浦大介)

「デリック・ローズ! デリック・ローズ!!」。第2クォーター以降、ゲーム終了までの間に、マディソン・スクエア・ガーデンに集まったファンからそんなコールが何度も沸き起こった。
nba

[西尾瑞穂イラストコラム第11回]ウルブズ 佐藤晃一氏に聞く“アドバイス術”

ミネソタ・ティンバーウルブズのスポーツパフォーマンス・ディレクター兼アスレティック・トレーナーを務める佐藤晃一さんに、NBA選手にアドバイスするときのコツについて聞きました。部下や後輩との付き合いに悩んでいる皆さん必見です!
Back to Top