急成長を続けるトーマス・サトランスキー
NBA

急成長を続けるトーマス・サトランスキー

ジョン・ウォール離脱以降に活躍

トーマス・サトランスキーは昨夏、チェコ代表のトップ選手としてユーロバスケット2017に出場した。負傷者が続出したチームにおいて、サトランスキーは主力に成長。唯一のNBA選手として、相手にスカウトされる存在となった。チェコはグループを突破できなかったが、スペイン、モンテネグロ、セルビアといったチームたちとの5試合で、サトランスキーはNBAのタレントたちと対戦した。

ユーロバスケットからワシントン・ウィザーズに戻り、サトランスキーはチームメイトやコーチ陣から称賛された。26歳の彼が自信を深め、ドイツでの日々が報われたことは、誰の目にも明らかだった。

それでも、サトランスキーはウィザーズでオールスター選出5回のジョン・ウォールや、新加入のティム・フレイジャーと出場時間を競わなければならなかった。NBAでは何も保証されない。サトランスキーはこの約2シーズンでそれを学んできた。

今季序盤のサトランスキーは、ウォールの控えとして何度か出場時間を得たが、主なバックアップはフレイジャーだった。しかし、ウォールが11月末から12月中旬にかけてひざの痛みを抱えたときに、サトランスキーはチームの主たるバックアップとして浮上。そのチャンスを生かし、スコット・ブルックス・ヘッドコーチの信頼を得て、12月13日にウォールが戻ってきてからも、すべての試合で出場機会を手にしていった。そしてウォールが左ひざの手術に踏み切り、少なくともあと1カ月は離脱という中で、サトランスキーはすべての試合で先発出場するようになったのだ。

ユーロバスケットから5カ月。サトランスキーは再びチームにとっての主力となった。今度はチェコ代表ではなく、ウィザーズの主力だ。ウォールの代役としてサトランスキーはブラッドリー・ビールとともにバックコートの一員を務めるようになった。

それからの8試合で、サトランスキーは1試合平均23.9分間プレイし、11.8得点、5.3アシストを記録している。シーズン平均を上回る数字だ。フィールドゴール成功率は56.7%、3ポイントショットは19本中13本成功、フリースローは13本すべて成功。ネットレーティングは13.9、つまり、彼がコートにいるときのウィザーズは、100ポゼッションあたりで相手を13.9得点上回っている。これは、この8試合でチーム最高の数字であり、ディフェンシブレーティングもマーチン・ゴータットに続く2位だ。

サトランスキーは最近の自身のプレイについて、「最初からすべてがうまくいっている」と述べる。

加えて、サトランスキーはこの2週間でNBA最高のポイントガードたちをガードした。1月30日(同31日)のオクラホマシティ・サンダー戦では、ラッセル・ウェストブルックをFG18本中5本成功の7ターンオーバーに抑え、1日(同2日)のトロント・ラプターズ戦と8日(同9日)のボストン・セルティックス戦では、カイル・ラウリーとカイリー・アービングと対峙している。

セルティックス戦の試合後、マーキーフ・モリスは「これまでそれほどプレイしていなかったのに、彼は突如として先発出場し、ウェストブルックやカイリーたちと対戦しなければならなかった。それでも、彼は素晴らしい仕事をしたんだ」と述べた。

「彼はNBAで比較的新しい選手であり、エリート選手たちを相手に最初の数試合で素晴らしい仕事をしてくれた」。


ブルックスHCも「NBAには素晴らしいポイントガードがたくさんおり、休みもないが、彼は戦っていると思う」と、サトランスキーに賛辞を寄せた。

「私は彼の頑張りやプレイにとどまる能力、相手を追い続け、自分のリーチを生かす力が好きだ。運動能力があり、それを生かしている」。

10日(同11日)のシカゴ・ブルズ戦では、NBAのチェコ人選手最多得点記録となる自己最多の25得点をマーク。FG12本中10本、3Pは6本中5本成功で、6アシストも記録した。第4クォーターのフレイグラント2ファウルで最後までプレイできなかったが、NBAでのベストゲームだった。

試合後、ブルックスHCは「彼は向上を続けている」と、サトランスキーをたたえている。

「彼はケアしている。そのレベルは高くなっているよ。私は彼のそういうところが好きだ」。

まだNBAで2シーズン目であり、26歳という年齢からも、サトランスキーの全盛期はこれからだ。今後も自信を深め、より攻撃的なプレイを磨けば、ブルックスHCがローテーションの一角として使える新たな武器になる。ウォールの正確な復帰時期は決まっていない。だが、サトランスキーがいることで、プレイオフに向け、ウィザーズはウォールに必要な時間をかけさせることができる。

原文: Satoransky's growth coming with opportunity by Wizards.com(抄訳)​


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

レブロン・ジェームズの耳に風を吹きかけた真相をランス・スティーブンソンが明かした

nba

デマー・デローザンと新シーズンのスパーズを楽観するルディ・ゲイ

nba

パニック障害に苦しんだケビン・ラブ「死ぬんじゃないかと思った」

nba

ペイサーズのネイト・マクミランHCとビクター・オラディポの新シーズンへの期待

nba

フィリピン代表としてアジア大会に出場するジョーダン・クラークソン

nba

ジェームズ・ハーデン「カーメロ・アンソニーはフィットする」

nba

ベン・シモンズがレブロン・ジェームズの移籍について言及「彼から学べたら最高だった」

nba

来夏FAのクレイ・トンプソンがウォリアーズ残留を希望

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

もっと見るレス
Back to Top