スパーズ、カワイ・レナードはウォリアーズとの第2戦を欠場
NBA

スパーズ、カワイ・レナードはウォリアーズとの第2戦を欠場

グレッグ・ポポビッチHCはザザ・パチューリアを批判

サンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチが、左足首を痛めたカワイ・レナードがゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAプレイオフ2017 ウェスタン・カンファレンス決勝 第2戦を欠場すると明かした。同HCはウォリアーズのザザ・パチューリアのプレイが「危険」で「スポーツマンらしくない」と批判している。『AP通信』が5月15日(日本時間16日)に報じた。

レナードは15日にMRI検査を受けており、ポポビッチHCは復帰時期を公表しなかったが、「検査結果を待つが、明日の試合で彼がプレイしないことは明らかだ」と、レナードが16日(同17日)の第2戦に出場しないと明言している。

14日(同15日)の第1戦の第3クォーター、レナードはジャンプショットを放った際、パチューリアが横滑りさせた足の上に着地。もともとヒューストン・ロケッツとのセミファイナルで痛めていた左足首を悪化させた。

スパーズのベンチ前で起きたこのプレイに対し、ポポビッチHCは激怒した。スパーズは111-113で第1戦を落としている。

DAZNでNBAプレイオフをチェック!

ポポビッチHCは「危険だ。スポーツマンらしくない。誰が誰に対してやったかの問題じゃないんだ。それに、特にこの人間は過去にもこういう行為をした」とパチューリアを非難した。

同HCはダラス・マーベリックス時代のパチューリアのスパーズ戦におけるギリギリのプレイを指摘している。試合後にパチューリアとレナードはともに故意ではなかったと話したが、ポポビッチHCは「彼(パチューリア)にはこの歴史がある。『うっかりしていたんだ。彼はわざとやったんじゃない』なんてあり得ないね」と続ける。


「メールをしてから誰かを殺したら、刑務所に行くだろう。そのつもりはなかったかもしれなくてもね。私が気にするのは自分が目にしたことだ。それに過去のことが全体の状況をさらに悪化させ、私はとても、とても怒っているんだよ」。

レナードはこの負傷でコートに戻ることができず、スパーズはウォリアーズに連続18得点を許し、逆転負けを喫した。離脱するまで、レナードは約24分間のプレイでフィールドゴール13本中7本成功の26得点、8リバウンド、3アシストを記録していた。

ポポビッチHCは「彼がプレイしていても、彼らが勝っていたかもしれない。私は夕食に出向き、グラスワインを飲んで、翌朝目覚めてから練習に向かい、前進していただろう」としつつ、怒りを抑えきれないようだった。

「でも、こんなのはクズだ」。


各シリーズの日程&結果

プレイオフ組み合わせ(勝ち上がり表)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ヒューストン・ロケッツ

nba

バックスがジェイソン・テリーと再契約

nba

ユーロバスケットで輝いたキングスの新人ボグダン・ボグダノビッチ

nba

カイリー・アービング、レブロン・ジェームズに退団を伝えなかったことに後悔なし

nba

ユーロバスケットで銅メダルのマルク・ガソル、早くもNBAに切り替え

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ボストン・セルティックス

nba

スロベニアがセルビアを下し欧州選手権初優勝

nba

エネス・カンターが肉体改造を行ない減量に成功

nba

[2017-18シーズン戦力分析]クリーブランド・キャバリアーズ

nba

マブス、20年目を迎えるダーク・ノビツキーの出場時間を今季も制限する意向

nba

[ギャラリー]ナイキ製ステイトメント・エディションユニフォーム

nba

ニックスがジャレット・ジャックと契約

もっと見るレス
Back to Top