13点リードから同点に追いつかれるもキングスが接戦制し4連勝

13点リードから同点に追いつかれるもキングスが接戦制し4連勝

デマーカス・カズンズは決勝フリースローを含む40得点

2月14日(日本時間15日)にステイプルズ・センターで行なわれたサクラメント・キングス対ロサンゼルス・レイカーズの一戦は、13点リード(77-64)から同点に追いつかれながらもキングスが97-96で勝利した。

二桁リードに気を緩めたキングスは第4クォーター中盤からミスを連発。この隙を見逃さなかったレイカーズは猛攻を開始し、残り30.4秒にルー・ウィリアムズが3ポイントショットを成功させ96-96の同点に追いつく。キングスは残り9秒にフリースロー2本を獲得したカズンズが1本目を決めて勝ち越し、1点のリードを死守して4連勝をマークしている。

カズンズは試合後「終盤は嫌な展開だった」と語った。

「リードに気を抜き過ぎてしまって、第4Qは後退してしまった。ショットを急いで、ターンオーバーを記録してしまっては、相手を乗せてしまう。それで相手に良い展開を作られて、危うく負けるところだった」。


キングス(24勝32敗)は、カズンズが40得点、12リバウンド、8アシスト、ダレン・コリソンが15得点、ベン・マクレモアが13得点で勝利に貢献した。

敗れたレイカーズ(19勝38敗)は、ウィリアムズが29得点、ジュリアス・ランドルが11得点、7リバウンド、ニック・ヤングが10得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

代行HCとしてウォリアーズを指揮するマイク・ブラウン、将来的なHC復帰も視野に入れつつ「今の役割を楽しめている」

nba

セルティックス、今オフに積極的な補強を実行か

nba

2連覇に向け調整を進めるケビン・ラブ「格下扱いは滑稽」

nba

NBAファイナルプレビュー:ウォリアーズ対キャバリアーズ

nba

クリス・ポールのスパーズ移籍実現の可能性が低い理由

nba

アイザイア・トーマス、ブラッド・スティーブンズHCの最優秀コーチ賞最終候補落選に不満「酷い結果」

nba

前例のないペースでプレイオフ記録を更新し続けるレブロン・ジェームズ

nba

[コラム]カイリー・アービング、驚異の1on1能力(佐々木クリス/WOWOW NBA ONLINE)

nba

『NBA LIVE Mobile』攻略ガイド:ロスター強化への道 前編(大西玲央)

nba

ニッキー・ミナージュが『NBAアウォードショー』に出演

nba

ウォリアーズGM「スティーブ・カーHCの健康状態は以前と変わらず」

nba

ドラフト指名候補ロンゾ・ボール、セルティックスのワークアウトを「丁重にお断り」

もっと見るレス
Back to Top