13点リードから同点に追いつかれるもキングスが接戦制し4連勝

13点リードから同点に追いつかれるもキングスが接戦制し4連勝

デマーカス・カズンズは決勝フリースローを含む40得点

2月14日(日本時間15日)にステイプルズ・センターで行なわれたサクラメント・キングス対ロサンゼルス・レイカーズの一戦は、13点リード(77-64)から同点に追いつかれながらもキングスが97-96で勝利した。

二桁リードに気を緩めたキングスは第4クォーター中盤からミスを連発。この隙を見逃さなかったレイカーズは猛攻を開始し、残り30.4秒にルー・ウィリアムズが3ポイントショットを成功させ96-96の同点に追いつく。キングスは残り9秒にフリースロー2本を獲得したカズンズが1本目を決めて勝ち越し、1点のリードを死守して4連勝をマークしている。

カズンズは試合後「終盤は嫌な展開だった」と語った。

「リードに気を抜き過ぎてしまって、第4Qは後退してしまった。ショットを急いで、ターンオーバーを記録してしまっては、相手を乗せてしまう。それで相手に良い展開を作られて、危うく負けるところだった」。


キングス(24勝32敗)は、カズンズが40得点、12リバウンド、8アシスト、ダレン・コリソンが15得点、ベン・マクレモアが13得点で勝利に貢献した。

敗れたレイカーズ(19勝38敗)は、ウィリアムズが29得点、ジュリアス・ランドルが11得点、7リバウンド、ニック・ヤングが10得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

『NBA 2K18』の発売記念イベントに足立梨花さんが登場「お見苦しいところを…」

nba

キャブズのタロン・ルーHC、ケビン・ラブの起用法について明言を避ける

nba

リポート:ウルブズが今週中にアンドリュー・ウィギンズと延長契約締結か!?

nba

レイカーズがアンドリュー・ボーガットと契約

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ヒューストン・ロケッツ

nba

バックスがジェイソン・テリーと再契約

nba

ユーロバスケットで輝いたキングスの新人ボグダン・ボグダノビッチ

nba

カイリー・アービング、レブロン・ジェームズに退団を伝えなかったことに後悔なし

nba

ユーロバスケットで銅メダルのマルク・ガソル、早くもNBAに切り替え

nba

[2017-18シーズン戦力分析]ボストン・セルティックス

nba

スロベニアがセルビアを下し欧州選手権初優勝

nba

エネス・カンターが肉体改造を行ない減量に成功

もっと見るレス
Back to Top