ドレイモンド・グリーンが退場処分もウォリアーズがキングスの連勝を止める

ドレイモンド・グリーンが退場処分もウォリアーズがキングスの連勝を止める

クレイ・トンプソンはゲーム最多35得点で勝利に貢献、ウォリアーズは47勝9敗でオールスターブレークに

2月15日(日本時間16日)にオラクル・アリーナで行なわれたサクラメント・キングス対ゴールデンステイト・ウォリアーズの一戦は、ドレイモンド・グリーンが第2クォーターに退場処分を受けたものの、クレイ・トンプソンが12本中7本の3ポイントショット成功を含む35得点を記録してチームを引っ張り、ウォリアーズが109-86で快勝した。

精神的支柱のグリーンがいなくなった影響が懸念されたものの、ウォリアーズは47-50で迎えた第3Qを42-15で圧倒。一気に試合の流れを引き寄せ勝負を決めている。

試合後ケビン・デュラントは「彼(グリーン)が退場になって少し目が覚めた」と語った。

「今日の第3Qは単一のQとしては今季ベストに入る。気持ちの部分を強く意識して臨んだ。相手に僕たちのプレイを思い知らせることができたよ」。


ウォリアーズ(47勝9敗)はトンプソンのほか、デュラントが21得点、7リバウンド、7アシスト、ステフィン・カリーが13得点、9アシストで勝利に貢献した。

連勝が4で止まったキングス(24勝33敗)は、マット・バーンズが15得点、14リバウンド、ダレン・コリソンが14得点、デマーカス・カズンズとウィリー・コーリー・スタインがそれぞれ13得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[コラム]カイリー・アービング、驚異の1on1能力(佐々木クリス/WOWOW NBA ONLINE)

nba

『NBA LIVE Mobile』攻略ガイド:ロスター強化への道 前編(大西玲央)

nba

ニッキー・ミナージュが『NBAアウォードショー』に出演

nba

ウォリアーズGM「スティーブ・カーHCの健康状態は以前と変わらず」

nba

ドラフト指名候補ロンゾ・ボール、セルティックスのワークアウトを「丁重にお断り」

nba

キャブズがセルティックスを4勝1敗で下し、3年連続となるNBAファイナル進出

nba

NBAファイナル2017日程

nba

73選手が2017 NBAドラフト・アーリーエントリーを取り下げ

nba

マジック・ジョンソン「レイカーズでアンタッチャブルな選手はひとりだけ」

nba

ケビン・デュラント、昨夏の決断は「100%正しかった」

nba

グレッグ・ポポビッチHC、ティム・ダンカン引退後初のシーズンを終え「チームが成し遂げたことは称賛に値する」

nba

リポート:クリス・ボッシュとヒートが契約解除に合意

もっと見るレス
Back to Top