ニックス残留を望むデリック・ローズ、減俸も覚悟
NBA

ニックス残留を望むデリック・ローズ、減俸も覚悟

代理人が「彼はニューヨークを愛している」

デリック・ローズがニューヨークからの最初の列車に乗ると決めつけてはいけない。代理人のB.J.・アームストロングは、『Bleacher Report』に、ローズがニックス残留を望んでおり、そのためにサラリーのカットも受け入れると述べた。

ローズは今季もひざの手術を受けてシーズンを終えた。かつてのようなプレイを取り戻したところもあるようだが、守備が散漫なところも少なくなく、アウトサイドからのショットに一貫性を欠くことから、勝利のチームをつくるうえで中心に据えるのは難しい。

しかし、選手はニューヨークに残りたいと望んでいる。

アームストロング代理人は最近、『Bleacher Report』で「デリックはニューヨークを愛しており、そこにいたいと願っている」と明かした。

「我々はそれを球団に伝えていたし、それに関してはとても一貫している。どうなるかは、彼ら次第だ。我々にできるのは、明確にしておくことだけだよ」。


4月に左ひざの半月板の手術を受けたローズだが、アームストロング代理人は選手が健康で、トレーニングしていると述べた。また、ローズがサラリーカットも受け入れることをほのめかしている。昨年のローズの報酬は2130万ドル(約23億6000万円)だ。

アームストロング代理人は「最終的にはすべてを調査したいと思っている。競っていくなら、(トップクラスの)選手がたくさん必要なのは明らかだ。だから、どうなるかをみてみよう」と述べた。

「我々はできるだけベストのチームを望んでいる。それだけだ。チームが勝てば、全員の勝利だ」。

原文:Rose would take pay cut to stay in New York by NBA.com(抄訳)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

リポート:ラプターズが主力をトレード要員にすることを検討か

nba

第6戦で足を痛めたレブロン・ジェームズ「最高の回復方法は睡眠」

nba

ウォリアーズが逆転勝利を収めウェスタン・カンファレンス決勝の決着は第7戦に持ち越し、クレイ・トンプソンは「第7戦に持ち込みたかった」

nba

ケビン・ラブがイースタン・カンファレンス・ファイナル第7戦を欠場へ

nba

プレイオフ・シリーズ第7戦に強いレブロン・ジェームズ

nba

キャブズが勝って決着は第7戦へ、レブロン・ジェームズは「もう1試合プレイできることに喜びを感じている」

nba

ダニー・グリーンがカワイ・レナードの現状について言及「彼はサンアントニオに残りたがっている」

nba

ハムストリングを負傷したクリス・ポールが第6戦を欠場へ

nba

イースタン・カンファレンス・ファイナル第6戦プレビュー

nba

リポート:ピストンズが新HC候補にドウェイン・ケイシーを擁立か

nba

ロケッツがホームでの第5戦に勝利、23年ぶりのNBAファイナル進出に王手

nba

2017-18 オールNBAチーム発表、レブロン・ジェームズが史上最多12回目のファーストチームに選出

もっと見るレス
Back to Top