クリス・ポールが41得点と大活躍し、ロケッツがカンファレンス・ファイナルに進出

クリス・ポールが41得点と大活躍し、ロケッツがカンファレンス・ファイナルに進出

クリス・ポールがキャリア初となるカンファレンス・ファイナル進出を決めた

5月8日(日本時間5月9日)にトヨタ・センターで行なわれたNBAプレイオフ2018、ユタ・ジャズとヒューストン・ロケッツによるウェスタン・カンファレンス・セミファイナル第5戦は、クリス・ポールが41得点、10アシスト、7リバウンド、0ターンオーバーと活躍し、ロケッツが112-102で勝利。カンファレンス・ファイナル進出を決めた。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

カンファレンス・ファイナルに出場したことがないと言われ続けてきたポールは、8本の3ポイントショット成功を含む自身のプレイオフキャリア最多となる41得点を叩き出し、チームを勝利へと導いた。ロケッツにとってここ4年で2度目のカンファレンス・ファイナル進出となる。

ポールは自身については多くを語らず「我々にとっては、相手がいたというだけだ」と話した。

「だからとにかく勝利を求めていた」。

しかしジェームズ・ハーデンは「彼(ポール)が試合を制した」とチームメイトを称賛した。

「今まで経験したことがないことを手にする機会が目に前にあり、彼はそれを掴みに行ったんだ。チームを背負って『任せろ』とプレイで示してくれた」。


54-46のリードでハーフタイムを迎えたロケッツだったが、ジャズのドノバン・ミッチェルが第3クォーターだけで22得点のと大活躍を見せ、一時は逆転を許した。しかし最終クォーターにポールの活躍もあり、試合残り3分で105-96と再び主導権を奪った。

ジャズはミッチェルが24得点、9アシスト、アレック・バークスが22得点、ロイス・オニールが17得点と活躍したものの、ミッチェルが試合残り7分で左脚の怪我で退場となったことが響いた。ほかにもリッキー・ルビオとダンテ・エクサムが怪我で欠場した。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

nba

サンズがディアンドレ・エイトンをNBAドラフト2018 全体1位で指名

もっと見るレス
Back to Top