レイ・アレン、セルティックス時代の優勝メンバーと仲直り?
NBA

レイ・アレン、セルティックス時代の優勝メンバーと仲直り?

「まったく敵意はない」

2007-08シーズンの優勝を祝うために、当時のボストン・セルティックスのメンバーが5月に集結したとき、そこにレイ・アレンはいなかった。スケジュールの都合ではなく、招待されなかったからだ。

セルティックスの一部メンバーは、2012年にライバルのマイアミ・ヒートへ移籍したアレンを裏切り者のように感じていた。アレンはのちに、『Miami Herald』のインタビューで、選手たち、特にラジョン・ロンドの目を見ることができなかったと明かしている。

そのアレンは今、ロンドやケビン・ガーネット、グレン・デイビスといった当時のスター選手たちとの和解を望んでいる。

9月11日(日本時間12日)に公開された『テンセント』のインタビューで、アレンは「退団してからの5、6年、彼らのことを悪く言ったことはない」と述べた。

「まるで1年や2年前のことみたいだ。まったく敵意はないんだよ」。

ポール・ピアースは2015年の『ESPN』のインタビューで、アレンがセルティックスのチームメートたちと「変わった関係」だったと明かしている。

そのピアースは今年に入り、『Boston.com』で「いずれはうやむやになるんじゃないかな」と述べていた。


「いつか、僕らみんなで席に座り、葉巻やグラスワインを楽しんだりしながら、そのことを話すんじゃないかな。近い将来だといいね。自分はそう願っている」。

アレンは『テンセント』で「退団したとき自分はフリーエージェントだった」とコメントしている。

「ああやって悪く言われたら失望するものだ。勝ったときは良い関係なものだからね」。

「僕らは一緒に勝った。一緒に勝つときは、常に絆を分かち合うものだ。自分にとってそれは決して変わらない」。

現役を引退したピアース、ガーネット、アレンは、話し合うだけの時間を見つけられるだろう。

原文: Ray Allen hopes to move on from 2008 Celtics feud by Sporting News(抄訳)​



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[宮地陽子コラム第87回]NBAオールスター2018メディア投票に参加、その内訳と選出理由を公開

nba

NBAオールスターゲーム2018出演パフォーマーが決定

nba

ロケッツがウルブズに勝利、復帰したジェームズ・ハーデンは「チームメイトが素晴らしいプレイをしてくれた」

nba

キャブズが連敗脱出、レブロン・ジェームズは「チームに必要な勝利」

nba

76ersがロンドンゲームでの借りを返す、ジョエル・エンビードは「今日はチームの方が力強かった」

nba

NBAオールスター・ドラフトルール

nba

NBAオールスター2018投票結果:レブロン・ジェームズが全体1位の票数を獲得

nba

[速報]NBAオールスター2018のスターターとキャプテンが発表

nba

ディケンベ・ムトンボが『NBA LIVE バスケットボール』で最強チームを選抜

nba

サンダーが3連勝、27得点のカーメロ・アンソニーは「新たな役割を受け入れてからプレイするのが楽しくなった」

nba

クリッパーズが今季最長の6連勝、ブレイク・グリフィンは「ベンチの存在が大きかった」

nba

スプラッシュブラザーズの活躍でウォリアーズが球団記録のロード14連勝

もっと見るレス
Back to Top