レイ・アレン、セルティックス時代の優勝メンバーと仲直り?
NBA

レイ・アレン、セルティックス時代の優勝メンバーと仲直り?

「まったく敵意はない」

2007-08シーズンの優勝を祝うために、当時のボストン・セルティックスのメンバーが5月に集結したとき、そこにレイ・アレンはいなかった。スケジュールの都合ではなく、招待されなかったからだ。

セルティックスの一部メンバーは、2012年にライバルのマイアミ・ヒートへ移籍したアレンを裏切り者のように感じていた。アレンはのちに、『Miami Herald』のインタビューで、選手たち、特にラジョン・ロンドの目を見ることができなかったと明かしている。

そのアレンは今、ロンドやケビン・ガーネット、グレン・デイビスといった当時のスター選手たちとの和解を望んでいる。

9月11日(日本時間12日)に公開された『テンセント』のインタビューで、アレンは「退団してからの5、6年、彼らのことを悪く言ったことはない」と述べた。

「まるで1年や2年前のことみたいだ。まったく敵意はないんだよ」。

ポール・ピアースは2015年の『ESPN』のインタビューで、アレンがセルティックスのチームメートたちと「変わった関係」だったと明かしている。

そのピアースは今年に入り、『Boston.com』で「いずれはうやむやになるんじゃないかな」と述べていた。


「いつか、僕らみんなで席に座り、葉巻やグラスワインを楽しんだりしながら、そのことを話すんじゃないかな。近い将来だといいね。自分はそう願っている」。

アレンは『テンセント』で「退団したとき自分はフリーエージェントだった」とコメントしている。

「ああやって悪く言われたら失望するものだ。勝ったときは良い関係なものだからね」。

「僕らは一緒に勝った。一緒に勝つときは、常に絆を分かち合うものだ。自分にとってそれは決して変わらない」。

現役を引退したピアース、ガーネット、アレンは、話し合うだけの時間を見つけられるだろう。

原文: Ray Allen hopes to move on from 2008 Celtics feud by Sporting News(抄訳)​



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

リポート:トレイ・バークがサンダーとの契約を取り止め再びフリーエージェントに

nba

マブス新人デニス・スミスJr.と新人王を争う4人のポイントガードを比較

nba

NBAコミッショナーがホワイトハウス表敬訪問に関して声明を発表

nba

ウォリアーズがホワイトハウス表敬訪問に関する声明を発表

nba

リポート:ニックスとサンダーがカーメロ・アンソニーを含むトレードに合意!?

nba

ウィザーズのマーキーフ・モリス、スポーツヘルニアの手術により6~8週間離脱

nba

ウォリアーズ、ホワイトハウス訪問についてチーム内で話し合い

nba

リポート:カーメロ・アンソニーがキャブズとサンダーを希望移籍先に追加!?

nba

大補強を実行したウルブズのカール・アンソニー・タウンズ「あとは自分たちが結果を残すだけ」

nba

ステフィン・カリー「チームはプレイすればするほど良い状態になる」

nba

大幅な減量に成功したアル・ジェファーソン「ティム・ダンカンも30代に入って減量して上のレベルに到達した」

nba

NBAチームがメディアデーをライブ配信

もっと見るレス
Back to Top