ラプターズ球団社長、ドウェイン・ケイシー前HC解任について「人生で最も難しい決断だった」
NBA

ラプターズ球団社長、ドウェイン・ケイシー前HC解任について「人生で最も難しい決断だった」

「ケイシーHCは何一つ間違ったことをしていない。しかし、交代の時期と判断した」

トロント・ラプターズは、5月11日(日本時間12日)にドウェイン・ケイシー前ヘッドコーチの退任を発表した。だが球団社長のマサイ・ウジリは、ケイシー前HCの解任は人生で最も難しい決断だったと振り返っている。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

HC解任について会見で説明したウジリは「正直に言って、これから彼以上の人物と仕事ができるかわからない」と語った。

「(ケイシー前HCは)本当に素晴らしい人だ。人生で最も辛い決断だった。(GMの)ボビー・ウェブスターと私が彼に解任を伝えた。私の人生でも、彼ほどの人格者に出会ったことはない」。

球団史上最多勝利をあげたケイシー前HCは、NBAコーチ協会から年間最優秀HCに選出された2日後に解任された。今季は球団新記録の59勝(23敗)に導き、イースタン・カンファレンス首位でプレイオフに進出。プレイオフではカンファレンス・セミファイナルではクリーブランド・キャバリアーズにスウィープで敗れた。ラプターズは、3年続けてキャブズにプレイオフで敗れている。

ウジリはHC交代について「ケイシーHCは何一つ間違ったことをしていない。しかし、交代の時期と判断した」と説明した。


ケイシー前HCは、ラプターズでの7シーズンで通算320勝238敗(勝率57.3%)という戦績を残した。球団史上年間50勝を上回ったのは3シーズンのみで、いずれもケイシーHCが在任中のシーズンだった。

ESPN.com』が関係筋からの情報として伝えた内容によれば、アトランタ・ホークスの前HCを務めたマイク・ブーデンホルザーが後任候補に挙がっているという。その他には、ラプターズのニック・ナース・アシスタントコーチ、Gリーグ所属ラプターズ・905のジェリー・スタックハウスHCが候補と見られている。

原文:Raptors president Masai Ujiri on firing Dwane Casey: 'Hardest thing I've done' by Chelsea Howard/Sporting News(抄訳)


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

デマー・デローザンと新シーズンのスパーズを楽観するルディ・ゲイ

nba

パニック障害に苦しんだケビン・ラブ「死ぬんじゃないかと思った」

nba

ペイサーズのネイト・マクミランHCとビクター・オラディポの新シーズンへの期待

nba

フィリピン代表としてアジア大会に出場するジョーダン・クラークソン

nba

ジェームズ・ハーデン「カーメロ・アンソニーはフィットする」

nba

ベン・シモンズがレブロン・ジェームズの移籍について言及「彼から学べたら最高だった」

nba

来夏FAのクレイ・トンプソンがウォリアーズ残留を希望

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

nba

リポート:ヒートはライアン・アンダーソンの獲得に関心なし

もっと見るレス
Back to Top