レブロン・ジェームズとブレイク・グリフィンが第16週の週間最優秀選手に選出
NBA

レブロン・ジェームズとブレイク・グリフィンが第16週の週間最優秀選手に選出

ジェームズは今季4度目(通算57度目/NBA記録)、グリフィンは今季初(通算6度目)の受賞

2月13日(日本時間14日)、NBAは2016-17シーズン第16週(2月6~12日)のプレイヤーズ・オブ・ザ・ウィーク(週間最優秀選手賞)を発表し、イースタン・カンファレンスからクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズ、ウェスタン・カンファレンスからロサンゼルス・クリッパーズのブレイク・グリフィンを選出した。

ジェームズは今季4度目(通算57度目/NBA記録)、グリフィンは今季初(通算6度目)の受賞となる。

リーグ&イースト2位となる平均11.3アシストに加え、25.5得点、5.8リバウンドを記録したジェームズは、キャバリアーズの3勝1敗の成績に貢献した。延長の末に140-135で勝利した6日のワシントン・ウィザーズ戦では、自己最多となる17アシストに加え、32得点を奪取。さらにレギュレーション終了間際の残り0.3秒には、同点ターンアラウンド・3ポイントショットを沈めてチームの窮地を救った。先週4試合のうち3試合で25得点以上をあげ、ダブルダブルを記録。また、フィールドゴール成功率58.0%、3P成功率60.0%をマークした。

クリッパーズの2勝1敗の成績に貢献したグリフィンは、平均26.0得点、10.3リバウンド、ウェスト4位タイとなる8.0アシストを記録した。ひざの手術から復帰して6試合目となる6日のトロント・ラプターズ戦では26得点、11リバウンド、自己最多に並ぶ11アシストをマークしている。先週の3試合でFG成功率49.2%、3Pを8本中4本成功、24アシストを記録しながら、ターンオーバーはわずか3だった。

Blake Griffin Clippers
11日のホーネッツ戦でグリフィンは20得点、12リバウンド、8アシストをマーク


同賞のその他の候補は以下の通り。

アイザイア・トーマス(ボストン・セルティックス)、ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)、ゴラン・ドラギッチ、ジェームズ・ジョンソン(マイアミ・ヒート)、ダリオ・サリッチ(フィラデルフィア・76ers)、ゴードン・ヘイワード(ユタ・ジャズ)、ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)

NBA 2016-17シーズン アウォード受賞者一覧


NBA 2015-16シーズン アウォード受賞者一覧



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ウルブズがクリッパーズに勝利、40得点のアンドリュー・ウィギンズは「アグレッシブさを保った」

nba

激戦制したペリカンズ、デマーカス・カズンズが44得点、24リバウンド、10アシストとジャバー以来の偉業

nba

ロケッツがヒートを下して3連勝、クリス・ポールは「美しくなくても勝ちたい試合がある」

nba

ジェイソン・キッドHCを解任したバックス、後任候補10人を予想

nba

リポート: 解任されたジェイソン・キッドHCの留任を志願していたヤニス・アデトクンボ

nba

バックスがジェイソン・キッドHCを解任

nba

[丹羽政善コラム第53回]ビクター・オラディポ――遅咲きの努力家

nba

ペイサーズ戦でベンチスタートとなったトニー・パーカー「何の問題もない」

nba

クリント・カペラ「僕らはウォリアーズより強い」

nba

ペイサーズが今季のスパーズ戦でスウィープ

nba

レイカーズがニックスに勝利し、ホーム5連勝

nba

マジックがセルティックスを下し、直近20試合で3勝目

もっと見るレス
Back to Top