デイミアン・リラードが今季自己最多49得点、ブレイザーズが3連勝

デイミアン・リラードが今季自己最多49得点、ブレイザーズが3連勝

自己最多に並ぶ9本の3Pを成功

3月19日(日本時間20日)にアメリカン・エアラインズ・アリーナで行なわれたポートランド・トレイルブレイザーズ対マイアミ・ヒートの一戦は、デイミアン・リラードが今季自己最多49得点の大活躍を見せ、ブレイザーズが115-104で勝利した。

5試合の敵地遠征のラスト2試合が2日続けての連戦であれば、オフェンスで猛威を振るうケースも少ないのだが、リラードには当てはまらないようだ。

試合を通じ自己最多に並ぶ9本(12本中)の3ポイントショットを成功させたリラードは、試合後「良い感じだったから、心境的には『試合に戻ったら勝負を決めてやろう』と思っていたんだ」と語った。

「今は、そういうプレイができている状態だね」。


その言葉通り、リラードは1点リード(87-86)で迎えた第4クォーター残り8分41秒にコートに戻ると、直後に3Pとドライビングフローターを続けて決めてチームに勢いを与え、勝利に導いた。3連勝のブレイザーズは、ウェスタン・カンファレンス8位デンバー・ナゲッツとのゲーム差を1.0に縮めている。

ブレイザーズ(32勝37敗)はリラードのほか、ユスフ・ヌルキッチが21得点、12リバウンド、C.J.・マッカラムが18得点、ノア・ボンレイが11得点、7リバウンドを記録した。
敗れたヒート(34勝36敗)は、ジェームズ・ジョンソンが24得点、ゴラン・ドラギッチとハッサン・ホワイトサイドがそれぞれ17得点、タイラー・ジョンソンが14得点、ジョシュ・リチャードソンが10得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAがポール・ジョージとのタンパリング疑惑でレイカーズを調査開始

nba

ジョアキム・ノアが静寂を破り、フィル・ジャクソンやニックスについて心境を語った

nba

渡嘉敷来夢がシカゴ・スカイ戦でベンチ出場から6得点

nba

リポート:クリッパーズが新GMとしてサンダー役員のマイケル・ウィンガーを招聘する意向

nba

ポール・ピアース 名場面トップ5

nba

ティム・ハーダウェイJr.のニックス復帰を喜ぶアラン・ヒューストン

nba

新人王は誰の手に? オッズメーカーの数字はベン・シモンズとロンゾ・ボールが優勢

nba

ユドニス・ハズレムがドウェイン・ウェイドの噂について言及「チームに迎えたい」

nba

セルティックスがポール・ピアースの背番号34永久欠番化を発表

nba

マルク・ガソル、補強が進まなければ2年後グリズリーズを退団する可能性も

nba

ケビン・デュラントがカイリー・アービング問題について言及「NBAでは普通のこと」

nba

『NBA LIVE Mobile バスケットボール』、10月の大型アップデートに向けて「シーズンスコア」がスタート

もっと見るレス
Back to Top