ピストンズ、レジー・ジャクソンの完全復活を期待
NBA

ピストンズ、レジー・ジャクソンの完全復活を期待

アンドレ・ドラモンドは「レジーと自分はバットマンとロビン。どっちが欠けても機能しない」

今季のデトロイト・ピストンズは、レギュラーシーズン37勝に終わりプレイオフ進出を逃した昨季の罪滅ぼしをしようとしている。昨季の失敗の一因には、ポイントガードのレジー・ジャクソンがシーズンの大半を通じて本来の姿でプレイできなかったことがあげられる。2017-18シーズンは、チームがジャクソン完全復活を期待していると『The Detroit News』のロッド・ビアード記者が伝えた。

控えガードのイシュ・スミスが立派に代役を務めたとはいえ、昨季開幕からジャクソンが21試合を欠場後、ピストンズはゆっくりとプレイオフ争いから脱落していった。ようやく復帰したジャクソンは100%の状態からほど遠く、NBAトップクラスと言われた第4クォーターを圧倒する得点力を発揮した2016年の面影すら見られなかった。

今季のピストンズ、そしてセンターのアンドレ・ドラモンドが期待するのは、ジャクソンの完全復活以外にない。ピストンズはジャクソンの左ひざを健康な状態に保つため、今夏はバスケットボールを使った運動をさせない方針を取った。そして、回復状況を慎重に見定めている。

スタン・バン・ガンディ・ヘッドコーチは「レジーはフィジカル面で自信を取り戻す必要がある。以前のようなプレイができると信じないといけない」と語った。

「ここまでの経過は順調。長いオフシーズンのプロセスだった。彼は自信を持っている。今は、毎日『もっとやりたい』と思っている段階で、良い兆候だ。ゴールにアタックして、リーグトップ10のポイントガードに間違いなく入る力を発揮した2年前と同じようなプレイを決める自信とともに復帰するだろう」。

カリフォルニアでトレーニングを続けるジャクソンには、チームのリハビリ専門医であるマーク・クランストンがついている。トレーニングキャンプに向け、ジャクソンは今後練習量を上げていく予定だという。


ドラモンドは先日「レジーと僕は、バットマンとロビンのような関係なんだ。ロビンがいなければバットマンもいないし、バットマンがいなければロビンもいない」と話した。

「仕事をこなすには2人必要。どちらかが欠けていたら、機能するチームは持てない。昨季苦しんだ理由は、レジーが作り出すイージーな得点機会がなかったからだ」。

今夏ケンテイビアス・コールドウェル・ポープが退団し、ボストン・セルティックスとのトレードでエイブリー・ブラッドリーを獲得した際マーカス・モリスを放出したピストンズは、昨季と異なる先発ラインナップで今季に臨む。

原文:Pistons' Jackson to ramp up workload in coming weeks by NBA.com



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[宮地陽子コラム第87回]NBAオールスター2018メディア投票に参加、その内訳と選出理由を公開

nba

NBAオールスターゲーム2018出演パフォーマーが決定

nba

ロケッツがウルブズに勝利、復帰したジェームズ・ハーデンは「チームメイトが素晴らしいプレイをしてくれた」

nba

キャブズが連敗脱出、レブロン・ジェームズは「チームに必要な勝利」

nba

76ersがロンドンゲームでの借りを返す、ジョエル・エンビードは「今日はチームの方が力強かった」

nba

NBAオールスター・ドラフトルール

nba

NBAオールスター2018投票結果:レブロン・ジェームズが全体1位の票数を獲得

nba

[速報]NBAオールスター2018のスターターとキャプテンが発表

nba

ディケンベ・ムトンボが『NBA LIVE バスケットボール』で最強チームを選抜

nba

サンダーが3連勝、27得点のカーメロ・アンソニーは「新たな役割を受け入れてからプレイするのが楽しくなった」

nba

クリッパーズが今季最長の6連勝、ブレイク・グリフィンは「ベンチの存在が大きかった」

nba

スプラッシュブラザーズの活躍でウォリアーズが球団記録のロード14連勝

もっと見るレス
Back to Top