ペリカンズが接戦を制し、敵地で連勝スタート

ペリカンズが接戦を制し、敵地で連勝スタート

ドリュー・ホリデーが33得点、9アシストの大活躍

4月17日(日本時間18日)にモダ・センターで行なわれたNBAプレイオフ2018、ニューオーリンズ・ペリカンズとポートランド・トレイルブレイザーズによるウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦は、ドリュー・ホリデーが自身のプレイオフキャリア最多となる33得点の活躍で、ペリカンズが111-102で勝利した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

この勝利でウェスタン・カンファレンス第6シードのペリカンズは下位シードながらも敵地での連勝を飾り、シリーズ成績を2勝0敗としている。ほかにアンソニー・デイビスが22得点、13リバウンド、ラジョン・ロンドが16得点、10リバウンド、9アシストとそれぞれ活躍した。

リードの奪い合いとなった試合で、ペリカンズはホリデーの活躍に助けられた。ホリデーは第1クォーターだけでも12得点しており、終盤も貴重な3ポイントショットを決めるなど、チームを牽引した。

ペリカンズは第3クォーターに最大11点差のリードを作っていたが、この日17得点したデイミアン・リラードの3Pショットなどブレイザーズの反撃にあい、試合残り7分31秒で93-93の同点に追いつかれる。

点の取り合いとなった試合終盤に、ニコラ・ミロティッチとホリデーがそれぞれ3Pショットを決め、残り1分35秒で105-100とペリカンズがリードを奪って、そのまま逃げ切った。

ブレイザーズは第1戦で不調だったCJ・マッカラムが22得点と活躍したが、ホームでの痛い連敗となってしまった。


敵地での大きな連勝を飾ったペリカンズだが、それでもアクセルを弱めるつもりはなさそうだ。アルビン・ジェントリーHCは「まだ2勝しなければならない」と気を引き締めている。

「何かを祝うにはまだ早すぎる」。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

nba

サンズがディアンドレ・エイトンをNBAドラフト2018 全体1位で指名

もっと見るレス
Back to Top