ステフィン・カリー欠場も7連勝のウォリアーズ、クレイ・トンプソンは「素晴らしい選手層」

ステフィン・カリー欠場も7連勝のウォリアーズ、クレイ・トンプソンは「素晴らしい選手層」

ケビン・デュラントが21得点、7リバウンド、今季自己最多の8アシストを記録

11月13日(日本時間14日)にオラクル・アリーナで行なわれたオーランド・マジック対ゴールデンステイト・ウォリアーズは、ケビン・デュラントが21得点、7リバウンド、今季自己最多の8アシストを記録し、ウォリアーズが110-100で勝利した。

NBAリーグパスで2017-18シーズンをチェック!

右太ももを痛めたステフィン・カリーが負傷欠場したウォリアーズだが、第3クォーターに32-19と突き放し、88-75と13点差で第4Qを迎えるとそのまま逃げ切り。ホーム4連戦を全勝で飾った。

7連勝(11勝3敗)のウォリアーズは、ショーン・リビングストンが今季自己最多の16得点、6アシスト、ドレイモンド・グリーンが今季自己最多の20得点、5アシスト、4リバウンド、2スティール、デイビッド・ウェストが11リバウンドを記録。

ウォリアーズはデュラントが欠場した8日(同9日)のミネソタ・ティンバーウルブズ戦でも125-101で勝利しており、この日15得点、5アシスト、4リバウンドのクレイ・トンプソンは「だからこそ僕らは3シーズン連続でファイナルに進んだんだ」と、チームの選手層を誇った。

「僕らの選手層は素晴らしいよ」。

スティーブ・カー・ヘッドコーチも「これだけのタレントがいて、我々は本当に幸運だ」と続けた。


「ステッフ(カリー)やKD(デュラント)、ドレイモンドやクレイがいなくても、我々は勝つことができる。本当に良いプレイができる選手がたくさんいるからだ。素晴らしいロスターだよ。スター選手たちの調子が悪くても勝てるはずだ」。

なお、カーHCはカリーの状態について「プレイオフなら出場したが、かなり痛んでいるんだ」と慎重な姿勢だ。

「次の試合まで中2日だから、彼が適切に健康な状態となるチャンスだね。休ませるのは当然だ」。

一方、6戦4敗のマジック(8勝6敗)は、ニコラ・ブーチェビッチが20得点、エバン・フォーニエが16得点、アーロン・ゴードンが10得点、10リバウンドを記録した。

ボックススコア


FIBAワールドカップ予選を観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

バックスがブルック・ロペスとの契約を発表

nba

スティーブ・カーHCがウォリアーズと延長契約

nba

ブレイザーズがサマーリーグ2018優勝、決勝MVPはKJ・マクダニエルズ

nba

[宮地陽子コラム第95回]渡邊雄太と吉本泰輔ーーNBAサマーリーグで実現した“日本人対決”

nba

キングスとグリズリーズがトレード、ベン・マクレモアがキングスに復帰

nba

リポート:カワイ・レナードがアメリカ代表ミニキャンプの参加を検討

nba

ジョシュ・ハートがNBAサマーリーグ2018の最優秀選手賞を受賞

nba

サマーリーグ準決勝、レイカーズとブレイザーズがファイナル進出

nba

リポート: レブロン・ジェームズ、レイカーズのルーク・ウォルトンHCと会っていた?

nba

アイザイア・トーマスがナゲッツと正式に契約「まずは健康であることを証明したい」

nba

リポート: レブロン・ジェームズがアメリカ代表ミニキャンプを欠席へ

nba

リポート: 76ersがロケッツのダリル・モーリーGMを狙う?

もっと見るレス
Back to Top