好調サンダーを支えるラッセル・ウェストブルックとビクター・オラディポの連携
NBA

好調サンダーを支えるラッセル・ウェストブルックとビクター・オラディポの連携

直近4試合でウェストブルックは平均トリプルダブル、オラディポは17本中12本の3P成功

オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックは、3月16日(日本時間17日)にエア・カナダ・センターで行なわれたトロント・ラプターズ戦で24得点、10リバウンド、16アシストをあげ、今季自身34回目のトリプルダブルを達成した。4試合連続のトリプルダブル達成により、オスカー・ロバートソンが達成したNBA記録である年間41回のトリプルダブルにまた一歩近づいた。そんな絶好調を維持し続けているウェストブルックを支えているチームメイトの存在について、『The Oklahoman』のエリック・ホーン記者が伝えている。


ラッセル・ウェストブルックがハーフコートラインから前線に出した正確なバウンスパスは、守備のために戻ったコリー・ジョセフの股の間を抜けた。そして、ボールは3ポイントショットラインの近くにいたビクター・オラディポの手にまるで磁石のように吸い付き、オラディポはレイアップをねじ込む。

流れるようなこの1つのプレイは、ほぼ全てのプレイが機能し123-102でサンダーが勝利した試合を象徴するシーンだった。

試合後オラディポは「正直に言って、彼(ウェストブルック)が自分かタージ(ギブソン)のどちらにパスを出そうとしたのかわからなかったんだ」と語った。

「タージよりも自分のほうが速く走っていたから、たぶん自分へのパスだと判断した。それで後ろを向いたら彼がパスを出したのが見えた。どうやってパスを出したかは見なかったけれど、下を向いたらボールが手の中にあったんだ」。

ここ数試合で見られるウェストブルックとオラディポの連携は目覚ましい。

4連勝中のサンダーは、ウェスタン・カンファレンス上位のサンアントニオ・スパーズ、ユタ・ジャズ、そしてイースタン・カンファレンス上位のラプターズらから勝利を収めている。この間、ウェストブルックは平均26.2得点、11.5リバウンド、15.5アシストというスタッツを残しているが、これは昨日今日の話ではない。彼は今季を通じて同等の成績を残しているのだ。


最近の試合で見られる大きな違いは、バックコートでコンビを組むオラディポのプレイにある。オラディポは直近4試合で平均21.5得点を記録したほか、フィールドゴール成功率56.7%、3ポイントショットも17本中12本を成功させている。無論、これだけの3P成功数を維持するのは不可能に近いだろうが、オラディポはゴールに向かい果敢にアタックし続けている。ラプターズ戦でも見られたインパクトの大きいダンクが、その姿勢を物語っている。

ウェストブルックは「彼にはアグレッシブにプレイしてもらいたい。プレイの成功やミスを気にせずにね」と言う。

「もちろんプレイを決めてくれるほうが良いけれど、ドリブルを中心に攻撃的にプレイしているときのほうが、彼はプレイを決められる。多くのチームが彼に注意するようになっている。素晴らしいプレイをしているよ」。

サンダーの調子が上向いている理由は、オラディポの状態が上がっているからにほかならない。

ウェストブルックは、FG試投数39本で58得点を叩き出した3月7日(同8日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦以降の4試合で1試合平均20.5本のショットを放っている。そしてサンダーも100ポゼッションで平均115得点を記録。これは、同条件下でのシーズン平均(106.8)を約10点も上回る数字だ。

原文:Westbrook (and Oladipo) dazzles again by NBA.com(抄訳)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top