ラッセル・ウェストブルックが今季42回目のトリプルダブル、年間トリプルダブル達成回数のNBA新記録を樹立

ラッセル・ウェストブルックが今季42回目のトリプルダブル、年間トリプルダブル達成回数のNBA新記録を樹立

ナゲッツ戦ではチームを逆転勝利に導く3Pブザービーターを含む50得点、16リバウンド、10アシストを記録

4月9日(日本時間10日)にペプシ・センターで行なわれたデンバー・ナゲッツ戦で、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックが今季42回目のトリプルダブル(50得点、16リバウンド、10アシスト)を達成し、1シーズンにおけるトリプルダブル達成回数のNBA新記録を樹立した。

ウェストブルックは第4クォーター残り4分17秒にセマージ・クリストンの3ポイントショットをお膳立てして同試合10アシスト目をマークし、またしても金字塔を打ち建てた。第4Qだけで18得点を決めたウェストブルックは、103-105で迎えた残り2.9秒にスティーブン・アダムズからパスを受けると、3Pラインの手前から山なりのブザービーター3Pを成功させ、チームを106-105での逆転勝利に導いた。ウェストブルックが今季1試合50得点以上でのトリプルダブルをマークしたのは3回目で、1983年以降では2選手しか達成していない快挙だ。

ウェストブルックは4月4日(同5日)のミルウォーキー・バックス戦(110-79でサンダー勝利)で12得点、13リバウンド、13アシストを決めて今季41回目のトリプルダブルを達成し、1961-62シーズンにオスカー・ロバートソンが打ち建てた1シーズンにおけるトリプルダブル達成回数のNBA記録に並んだ。5日(同6日)のメンフィス・グリズリーズ戦(103-100でサンダー勝利)では45得点、9リバウンド、10アシスト、そして7日(同8日)のフェニックス・サンズ戦(99-120でサンダー敗戦)ではチームのフィールドゴール成功率が36.6%と振るわず23得点、12リバウンド、8アシストに終わったが、ロバートソン以来初の『平均トリプルダブル』を確定させた。

DAZNでNBAをチェック!

ロバートソンは2年目の1961-62シーズンに平均30.8得点、12.5リバウンド、11.4アシストを記録し、史上初の『平均トリプルダブル』を達成。当時はまだ3Pラインがルールになかったことを考えれば特筆すべき個人スタッツだ。

今季が8年目のウェストブルックは、ナゲッツ戦でのトリプルダブル達成により通算達成回数が79回になり、ウィルト・チェンバレン(78回)を抜いて歴代単独4位に浮上。歴代1位のロバートソンが記録した181回にはまだ遠く及ばないものの、ジェイソン・キッが記録した歴代3位の107回は到達可能な範囲だろう。


現役14年間で12回オールスターに選出されたロバートソンは、1971年ミルウォーキー・バックスのNBA優勝に貢献した。

ウェストブルックは今季レギュラーシーズン2試合を残し、平均31.7得点、10.7リバウンド、10.4アシストという成績を残している。

尚、同試合で敗れたナゲッツはレギュラーシーズン2試合を残して38勝42敗。同日試合がなかったウェスタン・カンファレンス8位ポートランド・トレイルブレイザーズは同じく2試合を残して40勝40敗という成績を残しているが、仮にナゲッツが残り試合で連勝し、ブレイザーズが連敗したとしても、今季の直接対決の戦績(3勝1敗でブレイザーズ)で下回るため、ブレイザーズの4年連続プレイオフ進出が決まった。

ボックススコア

原文:Russell Westbrook breaks Oscar Robertson's single-season triple-double record by Ron Clements/Sporting News(抄訳)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top