リポート:スター選手の欠場回避に向け、NBAが過密日程を削減へ
NBA

リポート:スター選手の欠場回避に向け、NBAが過密日程を削減へ

リーグが各チームに通達とESPNが報じる

NBAは、各チームのスター選手ができる限りコートでプレイすることを望んでいる。そして、そのために必要な日程調整を実施しようとしている。

『ESPN』によれば、リーグは30チームに対し、2017-18シーズンの日程に関する通達をしたという。

日程変更に関する項目は以下の通り。

●5日間で4試合、30日間で18試合という日程をなくす。

●7日間で5試合という日程を40回に削減(1チームあたり1.3回)。昨季は年間90件(1チームあたり3回)だった。

●2日連戦の割合を1チームあたり16.3回から14.9回に減少する。具体的には、昨季から40試合削減する。


●1試合のみの遠征を昨季から17%削減。

●移動距離が2000マイル(約3218km)を超える1試合のみの遠征を昨季から67%削減。来季のそれは11試合のみとなる。

●週末開催の試合数を昨季の549試合から568試合に増加(主に現地土曜日の試合数を増加)。これまでNBAは、フットボールシーズン期間中の混乱を避けるため、土日の昼間開催の試合数を抑えていた。

レギュラーシーズンの日程変更を実現するため、来季のスケジュールは10月中に例年より1週早く始まる予定だ。ESPNは、来季のスケジュールは今週中に決定する予定と報じている。

原文:NBA to adjust schedule to decrease rest days for stars by Ron Clements/Sporting News



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ロケッツが11連勝、マイク・ダントーニHCは「序盤の猛攻でゲームオーバー」

nba

ラプターズが開幕から26試合を終えて球団史上2位に並ぶ18勝8敗

nba

セルティックスが今季球団最多得点でナゲッツに勝利

nba

サンダーがペイサーズに勝利、ファンからブーイングで出迎えられたポール・ジョージは「これで全員が前に進める」

nba

レブロン・ジェームズ、チームを優先するロンゾ・ボールを称賛

nba

インディアナポリスが2021年のNBAオールスターゲーム開催地に決定

nba

注目のセンター対決は、ジョエル・エンビード率いる76ersがカール・アンソニー・タウンズのウルブズに勝利

nba

リポート:ジョン・ウォールがメンフィス・グリズリーズ戦で復帰予定

nba

カワイ・レナードの復帰戦で、スパーズがマブスに敗戦

nba

ニックスが勝利、延長に活躍したマイケル・ビーズリーは「チームが必要とすることをなんでもやる」

nba

キャブズがホークスに勝利、レブロン・ジェームズは「ボールが回ると全員がリズムに乗れる」

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

もっと見るレス
Back to Top