ロケッツが第2戦を制しシリーズは1勝1敗のイーブンに

ロケッツが第2戦を制しシリーズは1勝1敗のイーブンに

マイク・ダントーニHC「どのチームが相手でも勝てる」

5月16日(日本時間17日)にトヨタ・センターで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとヒューストン・ロケッツによるNBAプレイオフ2018 ウェスタン・カンファレンス・ファイナル第2戦は、第2クォーター以降リードを保持し続けたロケッツが127-105で勝利した。

ロケッツは試合の大半を通じて二桁のリードをキープしてシリーズ初勝利をあげ、対戦成績を1勝1敗のイーブンに戻している。

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special

ロケッツのマイク・ダントーニ・ヘッドコーチは「どのチームが相手でも、どの会場で試合をしても、自分たちの形でプレイすれば勝てる」と語った。

プレイオフでの自己最多22得点を記録したPJ・タッカーは「チームのオフェンスについては心配していない。大事なのはディフェンスなんだ」と話す。

「相手のプレイを止められればラン(連続得点)を決められる。守備が試合を変える。守備が自分たちのプレイを変える。自分たちはそのことをわかっている」。

ロケッツ(1勝1敗)はタッカーのほか、ジェームズ・ハーデンとエリック・ゴードンがそれぞれ27得点、トレバー・アリーザが19得点、クリス・ポールが16得点で勝利に貢献した。

確かにロケッツは、第1戦で37得点を許したウォリアーズのケビン・デュラントを完封したわけではない。しかし、この日はクレイ・トンプソンとステフィン・カリーの3ポイントショットを封じた。両選手は合計12本の3Pを放ったものの、合計3本しか決められなかった。


スティーブ・カーHCは「相手は死にもの狂いだった。我々はそういう姿勢ではなかった。それが結果に表れている」と話している。

敗れたウォリアーズ(1勝1敗)はデュラントが38得点、カリーが16得点だった。

第3戦は20日(同21日)にウォリアーズの本拠地オラクル・アリーナで行なわれる。

ボックススコア

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

nba

サンズがディアンドレ・エイトンをNBAドラフト2018 全体1位で指名

もっと見るレス
Back to Top