ウォリアーズが逆転勝利を収めウェスタン・カンファレンス決勝の決着は第7戦に持ち越し、クレイ・トンプソンは「第7戦に持ち込みたかった」

ウォリアーズが逆転勝利を収めウェスタン・カンファレンス決勝の決着は第7戦に持ち越し、クレイ・トンプソンは「第7戦に持ち込みたかった」

第3Qに3P攻勢で逆転、後半を64-25で圧倒

5月26日(日本時間27日)にオラクル・アリーナで行なわれたヒューストン・ロケッツとゴールデンステイト・ウォリアーズによるウェスタン・カンファレンス・ファイナル第6戦は、クレイ・トンプソンが14本中9本の3ポイントショット成功を含む35得点、ステフィン・カリーが29得点の活躍を見せ、ウォリアーズが115-86で圧勝した。

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special

第1クォーター終了時点で17点(22-39)のビハインドを背負ったウォリアーズだったが、第3Qにトンプソンとカリーによる3P攻勢で逆転に成功。守備も前半と比べて別人のようにタイトになり、後半を64-25で圧倒して勝利を収め、対戦成績を3勝3敗に戻している。

トンプソンは「今日のような形の試合にしたくはなかった」と語った。

「どうしても第7戦に持ち込みたかった」。

ウォリアーズ(3勝3敗)はトンプソンとカリーのほか、ケビン・デュラントが23得点、7リバウンド、ドレイモンド・グリーンが10リバウンド、9アシスト、4スティール、5ブロックで勝利に貢献した。

ジェームズ・ハーデンは「何も変わらない。自分たちがやるべきことはわかっている」と話している。

「今も自信はある。自分たちは自信に満ちたグループだ。まだチャンスは残っている」。


敗れたロケッツ(3勝3敗)は、ハーデンが32得点、7リバウンド、9アシスト、エリック・ゴードンが19得点だった。

第7戦はトヨタ・センターで28日(同29日)に行なわれる。

ボックススコア

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ドラフト指名候補ジェイコブ・エバンスの手本はジミー・バトラー

nba

ドラフトでデータ分析を重視するネッツ

nba

カイリー・アービングがケビン・デュラントを称賛

nba

ドラフト当日に動きを見せる可能性が高い76ers

nba

マジックのワークアウトに参加したウェンデル・カーターJr.は、今ドラフト候補最高のビッグマンなのか?

nba

ナゲッツ2年目を迎えるモンテ・モリス、サマーリーグに向けて特訓中

nba

グリズリーズがコーチングスタッフを発表、ジェリー・スタックハウス、ニック・バンエクセルらが入閣

nba

ザック・ランドルフの弟がバーで殺害される

nba

リポート: ドラフト全体1位指名権を持つサンズ、カワイ・レナードの獲得には興味なし?

nba

ユドニス・ハズレムがヒートからの移籍を示唆「チームの勝利に貢献したい」

nba

オスカー・ロバートソンがNBA生涯功労賞を受賞へ

nba

リポート:ホークスがナゲッツとのトレードでケネス・ファリード獲得を検討か

もっと見るレス
Back to Top