ウォリアーズが第1戦で完勝、第2戦からはステフィン・カリーが出場予定

ウォリアーズが第1戦で完勝、第2戦からはステフィン・カリーが出場予定

第2Qを41-21で圧倒、ドレイモンド・グリーンはプレイオフで4回目のトリプルダブル

4月28日(日本時間29日)にオラクル・アリーナで行なわれたNBAプレイオフ2018、ニューオーリンズ・ペリカンズとゴールデンステイト・ウォリアーズによるウェスタン・カンファレンス・セミファイナル第1戦は、第2クォーターを41-21で圧倒したウォリアーズが早々に大量リードを奪い、123-101で勝利した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

序盤から攻守両面でペリカンズを上回ったウォリアーズは、幸先良い形でシリーズ1勝目をあげている。16得点、15リバウンド、11アシスト、3スティール、2ブロックを決め、プレイオフで通算4回目のトリプルダブルを達成したドレイモンド・グリーンは「テンポを上げて、守備から素早く攻撃に転じることができればチームにとって大きい。それがチームにとっての鍵。ディフェンスからすべてが始まるんだ」と語った。

快勝を喜ぶウォリアーズに朗報も舞い込んだ。スティーブ・カー・ヘッドコーチが左ひざの負傷で3月下旬から欠場を続けているステフィン・カリーについて言及し、第2戦に出場する可能性が高いことを示唆したのだ。

チーム最多の27得点でオフェンスを牽引したクレイ・トンプソンは「ステフ抜きでプレイすることに対応してきた。次の試合で彼が復帰できたら嬉しいけれど、難しい場合に備えて、これまでと同じ意識を持っていないといけない」と話した。

ウォリアーズ(1勝0敗)はトンプソンとグリーンのほか、ケビン・デュラントが26得点、13リバウンドで勝利に貢献した。


敗れたペリカンズ(0勝1敗)は、アンソニー・デイビスが21得点、10リバウンド、イートワン・モアが15得点、ラジョン・ロンドが9得点、8リバウンド、11アシストだった。

第2戦は同会場で5月1日(同2日)に行なわれる。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

マジックのワークアウトに参加したウェンデル・カーターJr.は、今ドラフト候補最高のビッグマンなのか?

nba

ナゲッツ2年目を迎えるモンテ・モリス、サマーリーグに向けて特訓中

nba

グリズリーズがコーチングスタッフを発表、ジェリー・スタックハウス、ニック・バンエクセルらが入閣

nba

ザック・ランドルフの弟がバーで殺害される

nba

リポート: ドラフト全体1位指名権を持つサンズ、カワイ・レナードの獲得には興味なし?

nba

ユドニス・ハズレムがヒートからの移籍を示唆「チームの勝利に貢献したい」

nba

オスカー・ロバートソンがNBA生涯功労賞を受賞へ

nba

リポート:ホークスがナゲッツとのトレードでケネス・ファリード獲得を検討か

nba

リポート:カワイ・レナードがスパーズにトレードを要求か

nba

渡邊雄太がサンズのワークアウトに参加

nba

リポート・サディアス・ヤングがFAになることを検討か

nba

リポート:キャブズとラリー・ナンスJr.が延長契約締結に関心

もっと見るレス
Back to Top