キャブズが辛くも逃げ切りイーブンに、46得点のレブロン・ジェームズは「ラッキーだった」

キャブズが辛くも逃げ切りイーブンに、46得点のレブロン・ジェームズは「ラッキーだった」

レブロン・ジェームズは前半終了までに29得点

4月18日(日本時間19日)にクイックン・ローンズ・アリーナで行なわれたNBAプレイオフ2018、インディアナ・ペイサーズとクリーブランド・キャバリアーズによるイースタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦は、レブロン・ジェームズが前半終了までに記録した29得点を含め合計46得点とチームを牽引し、キャブズが100-97で勝利した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

勝って対戦成績を1勝1敗のイーブンに戻したとはいえ、キャブズは辛うじてシリーズ初勝利を掴んだと言っていい。ジェームズは試合後、3点リードで迎えた終了直前にビクター・オラディポに3ポイントショットを打たせてしまったミスについて「(守備の)カバーのミスがあった。ラッキーだったよ。でも自分は、『ラッキーだった』で終わるより、適切なタイミングでターゲットへの守備につきたい」と語った。

「彼(オラディポ)が外してくれたおかげでリバウンドを奪えた」。

試合開始から一人で連続16点を叩き出した場面については「コーチ・ルー(タロン・ルー・ヘッドコーチ)が自分のプレイを指示してくれて、それを実行した」と説明している。

「だから同じプレイを繰り返してはショットが決まった。本当に良いリズムに乗れていたと感じたから、どれくらい“ゾーン”の状態を保てるか、試合序盤に爪痕を残せるか試したんだ」。

キャブズ(1勝1敗)はジェームズのほか、ケビン・ラブが15得点、8リバウンド、カイル・コーバーが12得点をあげた。ラブはレギュラーシーズン中に骨折した左手の親指を痛めたが、ルーHCによれば20日(同21日)の第3戦出場は問題ないという。


敗れたペイサーズ(1勝1敗)は、オラディポが22得点、マイルズ・ターナーが18得点、ダレン・コリソンが16得点だった。

第3戦はインディアナポリスで20日(同21日)に行なわれる。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

nba

リポート:ヒートはライアン・アンダーソンの獲得に関心なし

nba

ステフィン・カリー「ウォリアーズで引退したい」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日 代々木公園バスケットボールコート

nba

シーズン全休から復帰するブランドン・ナイト「チームの助けになる方法はわかっている」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日ポートレイト

nba

ジャバリ・パーカーはブルズでかつての姿を取り戻せるか?

nba

ジャズがアイザック・ハイスと契約

nba

リポート:ユドニス・ハズレムがヒートとの再契約に前向きか

もっと見るレス
Back to Top