序盤にリードを広げたロケッツが2連勝、第2戦で挽回したクリス・ポールは「テンポを上げて積極的にプレイしようとした」

序盤にリードを広げたロケッツが2連勝、第2戦で挽回したクリス・ポールは「テンポを上げて積極的にプレイしようとした」

クリス・ポールは前半終了までに15得点、3アシスト、2スティール、1ブロック

4月18日(日本時間19日)にトヨタ・センターで行なわれたNBAプレイオフ2018、ミネソタ・ティンバーウルブズとヒューストン・ロケッツによるウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦は、第2クォーターに大差をつけたロケッツが102-82で快勝した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

第1戦で14得点にとどまり、今季自己最悪となる6ターンオーバーを記録したクリス・ポールは燃えていた。第2戦では前半終了までに15得点、3アシスト、2スティール、1ブロックを記録すると、試合を通じて27得点、8アシスト、3スティールをマークし、勝利に貢献した。試合後、ジェームズ・ハーデンは「彼(ポール)は第1戦での自分を責めていた。彼から電話をもらって少し話したんだ。そのときには『心配しなくても大丈夫。大事なのは勝利。次の試合でアグレッシブにやればいいさ』と伝えたんだ」と、第1戦後のポールとのやり取りを明かした。

ポールは「テンポを上げて、積極的にプレイしようとした」と、第2戦を振り返っている。

「レーンを攻めた。序盤にイージーな形で点を取れたのが良かった」。

2連勝のロケッツ(2勝0敗)はポールのほか、ジェラルド・グリーンがベンチからプレイオフ自己最多となる21得点、ハーデンが12得点、7アシスト、クリント・カペラが16リバウンドで勝利に貢献した。

第1戦で8得点に終わり、そのプレイぶりを批判されていたウルブズのカール・アンソニー・タウンズは、この日も第1Qでの5得点のみに終わり、2試合続けて期待に応えられなかった。タウンズは「自分を含めて、もっと良いプレイをしないといけない。何とかしないといけない。微調整をして、次の試合に臨まないと」とコメントしている。


ウルブズ(0勝2敗)はタウンズのほか、ネマニャ・ビエリツァが16得点、8リバウンド、アンドリュー・ウィギンズが13得点だった。

第3戦は21日(同22日)にミネソタのターゲット・センターで行なわれる。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ジェームズ・ハーデン「カーメロ・アンソニーはフィットする」

nba

ベン・シモンズがレブロン・ジェームズの移籍について言及「彼から学べたら最高だった」

nba

来夏FAのクレイ・トンプソンがウォリアーズ残留を希望

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

nba

リポート:ヒートはライアン・アンダーソンの獲得に関心なし

nba

ステフィン・カリー「ウォリアーズで引退したい」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日 代々木公園バスケットボールコート

nba

シーズン全休から復帰するブランドン・ナイト「チームの助けになる方法はわかっている」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日ポートレイト

もっと見るレス
Back to Top