NBAがマウスガードメーカーShock Doctorと提携
NBA

NBAがマウスガードメーカーShock Doctorと提携

バスケットボールをプレイ時のマウスガード着用を奨励

NBAは6月13日(日本時間14日)、スポーツ用品の大手ブランドShock Doctor(ショックドクター)と、複数年のパートナー契約を結んだことを発表した。

NBAは、全てのレベルを対象に、バスケットボールをプレイする際マウスガードの着用を強く薦めている。今回のパートナーシップ締結の一環として、ショックドクターは、NBA、WNBA、NBA Dリーグ、USAバスケットボール(USAB)の公式マウスガードメーカーとなる。

ショックドクターは、今後USAB若手育成プログラム、Jr. NBAと共に、様々な活動を行ない、バスケットボールをプレイ時のマウスガード着用の重要性を指導していく。

今回の提携により、ショックドクターは、NBA各チーム用のマウスガードを製作し、販売を開始する予定だ。


NBAグローバルパートナーシップス部門エグゼクティブバイスプレジデントを務めるエミリオ・コリンズは、「業界最大手であり、ユース・バスケットボールに献身しているショックドクターと提携することができ、光栄に思っている」と、語った。

「今後は子供たち、選手の両親、Jr. NBAのコーチたちに指導すると共に、USAB若手育成プログラムでも、マウスガード着用の有用性を伝えていく」。


 


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ジェームズ・ハーデン「カーメロ・アンソニーはフィットする」

nba

ベン・シモンズがレブロン・ジェームズの移籍について言及「彼から学べたら最高だった」

nba

来夏FAのクレイ・トンプソンがウォリアーズ残留を希望

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

nba

リポート:ヒートはライアン・アンダーソンの獲得に関心なし

nba

ステフィン・カリー「ウォリアーズで引退したい」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日 代々木公園バスケットボールコート

nba

シーズン全休から復帰するブランドン・ナイト「チームの助けになる方法はわかっている」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日ポートレイト

もっと見るレス
Back to Top