ショーン・リビングストンとコートニー・カークランド審判にそれぞれ停止処分

ショーン・リビングストンとコートニー・カークランド審判にそれぞれ停止処分

ヒート戦で判定を巡り衝突

NBAは12月4日(日本時間5日)、ゴールデンステイト・ウォリアーズのショーン・リビングストンに1試合の出場停止処分を科すと発表した。一方で、コートニー・カークランド審判には1週間の停止処分を科している。ともに罰金は科されていない。

リビングストンとカークランドは、ウォリアーズがマイアミ・ヒートを123-95と下した3日(同4日)の試合で、第2クォーター残り6分24秒に、笛を吹かなかったことを巡って口論した。

両者は頭を突き合わせており、リビングストンはテクニカルファウルを取られ、審判と接触したとして退場を命じられた。だが、リーグのレビューでは、カークランドがリビングストンに向かっており、接触に至った責任を共有していると確認された。

カークランドは10日(同11日)まで停止となり、11日(同12日)から復帰。リビングストンは4日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦で出場停止となる。


問題の場面の動画はこちら​


スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top