『NBA LIVE Mobile』がついに大型アップデート、2017-18シーズンに対応した「Season 2」がダウンロード開始
NBA

『NBA LIVE Mobile』がついに大型アップデート、2017-18シーズンに対応した「Season 2」がダウンロード開始

新イメージキャラクターのジェームズ・ハーデンが強烈なインパクト! デザインや操作性も大幅に強化

昨年リリースされてから、世界中で絶大的な人気を誇っているエレクトロニック・アーツのNBA公認モバイルアプリ『NBA LIVE Mobile』(NBAライブモバイル)が、11月2日に大型アップデートを完了した。

今回実施された「Season 2」へのアップデートの詳細は以下の通りだ。

NBA LIVE Mobile screenshot

1.  選手育成の概念/機能/仕様を新搭載

トレーニングすることで持っている選手を強化することができるシステムが導入された。これまでは好きな選手を持っていながらも、より能力の高い選手が手に入れば入れ替えることがほとんどだったが、強化して育てることができることから、自分好みのチーム作りを楽しむことができるようになるだろう。

NBA LIVE Mobile screenshot

2. 「コーチ」および「ベンチ」選手の概念/機能/仕様を新搭載

チーム作りに「コーチ」と「ベンチ」という概念が加わり、深みが増した。対戦相手によってロスターを変更したり、コーチ固有のプレイスタイルにフィットする選手を選び、組み合わせるという新しい楽しみ方が増えたことになる。これまでなかったベンチプレイヤーという存在も、チーム力に影響を及ぼすようになった。

3. 2017-18シーズン仕様に更新

多くの移籍があり、期待のルーキーがいる2017-18シーズンに対応している。そして注目の新ユニフォームも反映されている。シーズンモードは実際のリーグと同じ日程で進んでいくようになっている。

4. これまで以上にスマートフォン操作に適したデザインを採用

トップメニューがダッシュボード表示になったことで、直感的な操作がしやすくなった。デザインも全面的にリニューアルされ、操作性も大幅に向上した。

NBA LIVE Mobile screenshot

5. 試合時のアクションがさらに良化

CPUのAI(人工知能)が進化したことで、実際のバスケットボールの試合に近いプレイを各選手がするようになった。

NBA LIVE Mobile screenshot


6. ストリートコートを標準搭載

クォーター、ショットクロック、各種規制がない、NBAとは一味違うストリートボールが楽しめる。ブルックリン、シカゴ、ベニスビーチなどのストリートコートで、NBAレジェンドたちとのユニークなイベントが用意されている。

7. 現状のキャッシュ、コインに加え、対人戦でのみ獲得可能な「名声ポイント」が追加

対戦を通して得ることができる「名声ポイント」を使ってスペシャルパックなどを獲得できるようになった。

NBA LIVE Mobile Screenshot

8. イメージキャラクターがジェームズ・ハーデンに

昨シーズンの爆発的な活躍がまだ記憶に新しいジェームズ・ハーデンが新たにイメージキャラクターとして採用された。世界中から愛されているあの特徴的な髭のおかげで、アプリのアイコンもひときわ目立っている。

9. シーズンアップデート記念として、ログインボーナスを実施

リニューアルを記念して、期間中毎日NBAキャッシュ/コイン/TP(トレーニングポイント)などがプレゼントされる。この機会をぜひ見逃さないようにしよう。


関連記事

『NBA LIVE Mobile バスケットボール』、10月の大型アップデートに向けて「シーズンスコア」がスタート

[特集]NBA LIVE Mobile


NBA LIVE Mobile Icon

■名称:NBA LIVE Mobile(NBAライブモバイル)
■基本プレイ:無料(アプリ内課金あり)
■ダウンロード: App Store及びGoogle Play


スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ペリカンズがホームで勝利し突破に王手、プレイオフ自己最多30得点のニコラ・ミロティッチは「シンプルにプレイしているだけ」

nba

ウォリアーズが対スパーズ第3戦にも勝利、3連勝で王手をかける

nba

76ersが敵地でシリーズ2勝目、ジョエル・エンビードはプレイオフデビュー戦で23得点の活躍

nba

バックスのジャバリ・パーカーがプレイオフでの出場時間に不満

nba

リポート:ケビン・ラブが左親指靭帯部分断裂

nba

[コラム]サンダーファンのイラストレーター、ナナエさんがサンダー戦を観戦

nba

序盤にリードを広げたロケッツが2連勝、第2戦で挽回したクリス・ポールは「テンポを上げて積極的にプレイしようとした」

nba

ジャズが敵地での第2戦を制す、クイン・スナイダーHCは新人ドノバン・ミッチェルを「けがをしているようには見えなかった」と称賛

nba

キャブズが辛くも逃げ切りイーブンに、46得点のレブロン・ジェームズは「ラッキーだった」

nba

ジョエル・エンビード、ファーストラウンド第3戦の出場は微妙

nba

グレッグ・ポポビッチHCの夫人が逝去

nba

[杉浦大介コラム第81回]3x3ディベート: クリーブランド・キャバリアーズの“今”を3人の識者が分析

もっと見るレス
Back to Top