NBAコミッショナー「メキシコほど重要なマーケットはない」
NBA

NBAコミッショナー「メキシコほど重要なマーケットはない」

南米への玄関口としてリーグにとって重要な市場に?

ダラス・マーベリックスのオーナーであるマーク・キューバンは、メキシコのメキシコシティにNBAの球団をつくることに賛成している。だが、シーズン中の大会開催で妥協しなければいけないかもしれない。

レギュラーシーズンの82試合すべてをエキサイティングなものにすべく、ブレインストーミングを続けるNBA。コミッショナーのアダム・シルバーは1月14日(日本時間15日)、メキシコ開催の試合数を増やす可能性に言及した。

メキシコシティで行なわれたサンアントニオ・スパーズ対フェニックス・サンズの試合前の会見で、シルバーは「我々にとってメキシコ以上に重要な市場はない。すでに、ここでほかの試合も開催することについて話し合った」と明かしている。

「だが、2チームだけで1試合のイベントをするよりも、もっと多くのチームを連れてくるほうがさらに意義深いだろう。たとえば複数のチームでシーズン中のトーナメントのようなものをやったりするんだ。ラウンドロビン・トーナメントみたいなものだね」。

プレシーズンの試合を44分に短縮する実験を行ない、カンファレンスに無関係な新プレイオフの採用を検討するなど、シルバーはさまざまなアイディアを持つことで知られる。


そのシルバーは「メキシコシティに球団をつくることについては、検討している」と述べた。

「北米最大の2000万人以上の大きな市場だ。直近に拡張は予定していないが、検討していることのひとつだ。リーグ全体にとって良いことかどうかだね。もちろん、メキシコシティに来ることは、人口のことだけでなく、南米全体への玄関口として、リーグにとって非常に重要になり得る」。

メキシコでのレギュラーシーズン開催は、スパーズ対サンズが5試合目だった。メキシコは1992年からNBAの24チームを招いている。

原文: NBA franchise in Mexico isn't on the horizon but is a midseason tournament? by Sporting News(抄訳)
 



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

デマー・デローザンと新シーズンのスパーズを楽観するルディ・ゲイ

nba

パニック障害に苦しんだケビン・ラブ「死ぬんじゃないかと思った」

nba

ペイサーズのネイト・マクミランHCとビクター・オラディポの新シーズンへの期待

nba

フィリピン代表としてアジア大会に出場するジョーダン・クラークソン

nba

ジェームズ・ハーデン「カーメロ・アンソニーはフィットする」

nba

ベン・シモンズがレブロン・ジェームズの移籍について言及「彼から学べたら最高だった」

nba

来夏FAのクレイ・トンプソンがウォリアーズ残留を希望

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

nba

リポート:ヒートはライアン・アンダーソンの獲得に関心なし

もっと見るレス
Back to Top