NBAファイナル2018、ウォリアーズが4連勝でキャブズを下し2連覇達成

NBAファイナル2018、ウォリアーズが4連勝でキャブズを下し2連覇達成

NBAファイナル2018 第4戦でゴールデンステイト・ウォリアーズがクリーブランド・キャバリアーズを下して過去4年で3度目の優勝、ケビン・デュラントはプレイオフで自身初のトリプルダブルを達成し2年連続のファイナルMVPを受賞

6月8日(日本時間9日)にクイックン・ローンズ・アリーナで行われたゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズによるNBAファイナル2018 第4戦は、ステフィン・カリーが15本中7本の3ポイントショットを含む37得点、ケビン・デュラントがプレイオフでキャリア初となるトリプルダブル(20得点、12リバウンド、10アシスト)をマークしたウォリアーズが108-85で勝利し、昨季に続いて2連覇を達成した。ウォリアーズの優勝は過去4年で3度目、通算では6度目のNBA制覇となる。

▶ NBAファイナルを観るならRakuten NBA Special

3連勝で王手をかけて第4戦に臨んだウォリアーズは、前半を61-52で折り返すと、第4クォーター序盤までにリードを25点(95-70)にまで広げて快勝。2011-12シーズンから2シーズン続けて優勝したマイアミ・ヒート以来となる連覇を成し遂げている。

4連勝でファイナルを締めくくったウォリアーズ(4勝0敗)は、カリーとデュラントのほか、アンドレ・イグダーラが11得点、クレイ・トンプソンが10得点、ドレイモンド・グリーンが9得点、3リバウンド、9アシスト、3ブロックで勝利に貢献。デュラントは昨季に続き、ファイナルMVPに選出された。

カリーは試合後「この感情を上手く表現できない。これから皆でお祝いするよ」と語った。

また、トンプソンは「本当に大変だった。この4年で3回の優勝なんて、本当にすごいことだ」と話している。


4連敗を喫したキャブズ(0勝4敗)は、レブロン・ジェームズが23得点、7リバウンド、8アシスト、ケビン・ラブが13得点、9リバウンド、JR・スミスとロドニー・フッドがそれぞれ10得点だった。

ボックススコア

▶ NBAファイナルを観るならRakuten NBA Special

[特集]NBAファイナル2018: ゴールデンステイト・ウォリアーズ vs クリーブランド・キャバリアーズ


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

マジックのワークアウトに参加したウェンデル・カーターJr.は、今ドラフト候補最高のビッグマンなのか?

nba

ナゲッツ2年目を迎えるモンテ・モリス、サマーリーグに向けて特訓中

nba

グリズリーズがコーチングスタッフを発表、ジェリー・スタックハウス、ニック・バンエクセルらが入閣

nba

ザック・ランドルフの弟がバーで殺害される

nba

リポート: ドラフト全体1位指名権を持つサンズ、カワイ・レナードの獲得には興味なし?

nba

ユドニス・ハズレムがヒートからの移籍を示唆「チームの勝利に貢献したい」

nba

オスカー・ロバートソンがNBA生涯功労賞を受賞へ

nba

リポート:ホークスがナゲッツとのトレードでケネス・ファリード獲得を検討か

nba

リポート:カワイ・レナードがスパーズにトレードを要求か

nba

渡邊雄太がサンズのワークアウトに参加

nba

リポート・サディアス・ヤングがFAになることを検討か

nba

リポート:キャブズとラリー・ナンスJr.が延長契約締結に関心

もっと見るレス
Back to Top