NBAドラフト2017指名順のタイブレイクとロッタリー抽選確率が決定
NBA

NBAドラフト2017指名順のタイブレイクとロッタリー抽選確率が決定

ロッタリーは5月16日、ドラフトは6月22日に開催

4月18日(日本時間19日)、NBAドラフト2017の指名順を決めるため、レギュラーシーズン成績が同勝率だった5つのタイブレーカーの抽選が行なわれた。これによりタイブレイカーの指名順位と、NBAドラフトロッタリー2017の抽選確率が決定した。

タイブレイカーはバスケットボール運営部門エグゼクティブ・バイスプレジデントのキキ・バンダウェイによる抽選で決められた。抽選結果は以下の通り。

●ミネソタ・ティンバーウルブズ(31勝51敗)がニューヨーク・ニックスに勝利
●ポートランド・トレイルブレイザーズ(41勝41敗)がシカゴ・ブルズに勝利
●ミルウォーキー・バックス(42勝40敗)がインディアナ・ペイサーズに勝利
●アトランタ・ホークス(43勝39敗)がメンフィス・グリズリーズに勝利
●ロサンゼルス・クリッパーズ(51勝31敗)がクリーブランド・キャバリアーズ、トロント・ラプターズ、ユタ・ジャズに勝利し、以下、ジャズ、ラプターズ、キャバリアーズの順に決定

また、プレイオフを逃した14チームは、5月16日(同17日)に行なわれるNBAドラフトロッタリー2017で、ドラフト全体1~3位の指名権を抽選で争う。全体1位指名権を獲得する確率が最も高いのは今季レギュラーシーズン最下位のブルックリン・ネッツ(25%)で、以下は勝率が低い順となる。全体1~3位指名権までを抽選で決定し、4~14位は残りのチームのなかでレギュラーシーズンの勝率が低い順に割り当てられる。

ドラフトロッタリー確率

チーム名 16-17戦績 勝率 1位獲得確率
ブルックリン・ネッツ(セルティックスに譲渡) 20勝62敗 24.4% 25.0%
フェニックス・サンズ 24勝58敗 29.3% 19.9%
ロサンゼルス・レイカーズ[1] 26勝56敗 31.7% 15.6%
フィラデルフィア・76ers[2] 28勝54敗 34.1% 11.9%
オーランド・マジック 29勝53敗 35.4% 8.8%
ミネソタ・ティンバーウルブズ 31勝51敗 37.8% 5.3%
ニューヨーク・ニックス 31勝51敗 37.8% 5.3%
サクラメント・キングス[3] 32勝50敗 39.0% 2.8%
ダラス・マーベリックス 33勝49敗 40.2% 1.7%
ニューオーリンズ・ペリカンズ[4] 34勝48敗 41.5% 1.1%
シャーロット・ホーネッツ 36勝46敗 43.9% 0.8%
デトロイト・ピストンズ 37勝45敗 45.1% 0.7%
デンバー・ナゲッツ 40勝42敗 48.8% 0.6%
マイアミ・ヒート 41勝41敗 50.0% 0.5%

[1]サンズ経由で76ersに譲渡される可能性有り
[2]キングスに譲渡される可能性有り
[3]キャバリアーズ経由でブルズに譲渡、または76ersに譲渡される可能性有り
[4]キングスに譲渡される可能性有り


2017 ドラフト1巡目15位以下の指名順

指名順 チーム名 16-17戦績 勝率
15 ポートランド・トレイルブレイザーズ 41勝41敗 50.0%
16 シカゴ・ブルズ 41勝41敗 50.0%
17 ミルウォーキー・バックス 42勝40敗 51.2%
18 インディアナ・ペイサーズ 42勝40敗 51.2%
19 アトランタ・ホークス 43勝39敗 52.4%
20 メンフィス・グリズリーズ(ナゲッツとキャバリアーズ経由でブレイザーズに譲渡) 43勝39敗 52.4%
21 オクラホマシティ・サンダー 47勝35敗 57.3%
22 ワシントン・ウィザーズ(ネッツに譲渡) 49勝33敗 59.8%
23 ロサンゼルス・クリッパーズ(バックス経由でラプターズに譲渡) 51勝31敗 62.2%
24 ユタ・ジャズ 51勝31敗 62.2%
25 トロント・ラプターズ(マジックに譲渡) 51勝31敗 62.2%
26 クリーブランド・キャバリアーズ(ブレイザーズに譲渡) 51勝31敗 62.2%
27 ボストン・セルティックス(ネッツに譲渡) 53勝29敗 64.6%
28 ヒューストン・ロケッツ(レイカーズに譲渡) 55勝27敗 67.1%
29 サンアントニオ・スパーズ 61勝21敗 74.4%
30 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(ジャズに譲渡) 67勝15敗 81.7%


2017 ドラフト2巡目指名順

指名順 チーム名
31 ブルックリン・ネッツ(ホークスに譲渡)
32 フェニックス・サンズ
33 ロサンゼルス・レイカーズ[1]
34 フィラデルフィア・76ers(ペリカンズ経由でキングスに譲渡)
35 オーランド・マジック
36/37 ニューヨーク・ニックス(ジャズとラプターズ経由で76ersに譲渡)
36/37 ミネソタ・ティンバーウルブズ(サンズ経由でセルティックスに譲渡)
38 サクラメント・キングス[2]
39 ダラス・マーベリックス(76ersに譲渡)
40 ニューオーリンズ・ペリカンズ
41 シャーロット・ホーネッツ
42 デトロイト・ピストンズ(ジャズに譲渡)
43 デンバー・ナゲッツ(ロケッツに譲渡)
44 シカゴ・ブルズ(ニックスに譲渡)
45 ポートランド・トレイルブレイザーズ(ロケッツに譲渡)
46 マイアミ・ヒート(ホークス経由で76ersに譲渡)
47 インディアナ・ペイサーズ
48 ミルウォーキー・バックス
49 メンフィス・グリズリーズ(サンダー経由でナゲッツに譲渡)
50 アトランタ・ホークス(76ersに譲渡)
51 オクラホマシティ・サンダー(ナゲッツに譲渡)
52 ワシントン・ウィザーズ
53 クリーブランド・キャバリアーズ(セルティックスに譲渡)
54 トロント・ラプターズ(サンズに譲渡)
55 ユタ・ジャズ
56 ロサンゼルス・クリッパーズ(セルティックスに譲渡)
57 ボストン・セルティックス(ネッツに譲渡)
58 ヒューストン・ロケッツ(ニックスに譲渡)
59 サンアントニオ・スパーズ
60 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(76ersとジャズを経由でホークスに譲渡)

[1]マジックに譲渡される可能性有り
[2]キャバリアーズ経由でブルズに譲渡される可能性有り

※今季レギュラーシーズンの戦績が同数のチームは、2巡目では1巡目と指名順が入れ替わる。31勝51敗で並んだウルブズとニックスの1巡目指名順がドラフトロッタリーの結果により変更になる可能性があるため、2チームの2巡目指名順は5月16日(同17日)に実施されるロッタリー終了後に確定する。

NBAドラフト2017は6月22日(同23日)に行なわれる。



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAオールスターゲーム2018が高視聴率を記録

nba

ホーネッツ、リッチ・チョーGMとの延長契約の予定はなし

nba

『Rakuten presents NBA All-Star 2018 L.A. After party in Shibuya』イベントリポート

nba

チーム・レブロンが勝利したオールスターゲーム、覚えておくべき3つのポイント

nba

去就注目のレブロン・ジェームズやポール・ジョージ、ロサンゼルスでのオールスターに満足

nba

ケビン・デュラント、ラッセル・ウェストブルックとの関係を語る

nba

ジミー・バトラー、自らの決断でオールスターを欠場

nba

アンソニー・デイビス、オールスター欠場のデマーカス・カズンズに敬意

nba

NBAオールスター2018 セレブリティ写真集

nba

NBAオールスター2018 私服ショット集

nba

マイク・ダントーニHC「世界最高のアスリートたちに囲まれるのは特権」

nba

チーム・レブロンを指揮したドウェイン・ケイシーHC「オールスターゲームを前進させる上で素晴らしい第一歩になった」

nba

ステフィン・カリー「試合序盤からディフェンスをやるという雰囲気を作ることで、競争心をあおることができた」

nba

ロサンゼルスでのオールスターで先発のデマー・デローザン「夢がかなった」

nba

[2018 NBAオールスターゲーム]チーム・レブロンがチーム・ステフィンとの接戦を制す

nba

NBAオールスターゲーム2018 写真集

nba

オールスター勝利を喜ぶラッセル・ウェストブルック「バスケをプレイすることに幸せを感じないと」

nba

キャリア3回目のオールスターゲームMVPを受賞したレブロン・ジェームズ「最高の形で週末を締めくくれた」

nba

オールスターを楽しんだカイリー・アービング「素晴らしい競争意識を示せた」

nba

ケビン・デュラント「オールスターゲームがお遊びになっちゃっているという印象を変えたかった」

nba

[速報]チーム・レブロンがチーム・ステフィンに辛勝、MVPはキャプテンのレブロン・ジェームズ

nba

NBAオールスター2018 キックス Vol.2

nba

ラッセル・ウェストブルック「NBAでプレイできていること、オールスターウィークエンドに関係できていることに感謝している」

nba

ダンクコンテスト優勝のドノバン・ミッチェル「自分はバスケットボール選手というよりダンカーだった」

もっと見るレス
Back to Top