MVP最終候補にラッセル・ウェストブルック、ジェームズ・ハーデン、カワイ・レナードが選出
NBA

MVP最終候補にラッセル・ウェストブルック、ジェームズ・ハーデン、カワイ・レナードが選出

『NBAアウォードショー』6部門のファイナリストが出揃った

NBAは5月19日(日本時間20日)、『NBAアウォード』6部門の最終候補を発表した。

同日『TNT』で放送された番組内で発表になったのは、Kia NBA MVP(最優秀選手賞)、Kia NBA最優秀新人賞、Kia NBA最優秀守備選手賞、Kia NBAシックスマン賞、Kia NBA MIP(最優秀躍進選手賞)、NBA最優秀コーチ賞のファイナリスト。最も注目されるMVPの最終候補には、ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)、カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)、ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)の3選手が選出された。

NBAアウォードは、スポーツライターや放送局のグローバルパネルによる投票で選出される。

『TNT』は史上初めてNBAアウォードを放送。また、アウォードの各受賞者が同じ日に発表されるのも史上初となる。放送は6月26日21時(米東部時間、日本時間27日10時)から。

同日に発表された6部門のファイナリストは以下の通り。

Kia NBA MVP(最優秀選手賞)

ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)
・カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)
・ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)

NBA最優秀コーチ賞

マイク・ダントーニ(ヒューストン・ロケッツ)
・グレッグ・ポポビッチ(サンアントニオ・スパーズ)
・エリック・スポールストラ(マイアミ・ヒート)

Kia NBA最優秀新人賞

マルコム・ブログドン(ミルウォーキー・バックス)
・ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)
・ダリオ・サリッチ(フィラデルフィア・76ers)

Kia NBA MIP(最優秀躍進選手賞)

ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)
・ルディ・ゴベール(ユタ・ジャズ)
・ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)

Kia NBA最優秀守備選手賞

ルディ・ゴベール(ユタ・ジャズ)
・ドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
・カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)

Kia NBAシックスマン賞

エリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ)
・アンドレ・イグダーラ(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
・ルー・ウィリアムズ(ヒューストン・ロケッツ)

新たに新設され、ファン投票で決まる6部門のファイナリストは以下の通り。


Dunk of the Year(最優秀ダンク賞)

・ラリー・ナンスJr.(ロサンゼルス・レイカーズ) vs ブルックリン・ネッツ
・ザック・ラビーン(ミネソタ・ティンバーウルブズ) vs フェニックス・サンズ
・ビクター・オラディポ(オクラホマシティ・サンダー) vs アトランタ・ホークス

Best Style(最優秀スタイル賞)

・イマン・シャンパート(クリーブランド・キャバリアーズ)
・ドウェイン・ウェイド(シカゴ・ブルズ)
・ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)

Block of the Year(最優秀ブロック賞)

・カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ) vs ヒューストン・ロケッツ
・クリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス) vs ブルックリン・ネッツ
・ハッサン・ホワイトサイド(マイアミ・ヒート) vs トロント・ラプターズ

Assist of the Year(最優秀アシスト賞)

・ドレイモンド・グリーン →ステフィン・カリー→ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
・ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)のノールックパス
・クリス・ポール(ロサンゼルス・クリッパーズ)の胴回しパス

Game Winner of the Year(最優秀ゲームウィナー賞)

・カイリー・アービング(クリーブランド・キャバリアーズ) vs ゴールデンステイト・ウォリアーズ
・ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー) vs デンバー・ナゲッツ
・タイラー・ユリス(フェニックス・サンズ) vs ボストン・セルティックス

Top Performance of the Year(最優秀トップパフォーマンス賞)

・デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)の1試合70得点 vs ボストン・セルティックス
・ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)の53得点、16リバウンド、17アシスト vs ニューヨーク・ニックス
・ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)最多得点でのトリプルダブル(57得点、13リバウンド、11アシスト) vs オーランド・マジック

新設された6部門の投票はNBA.comで実施されるほか、Facebook、Twitter、Instagramの各SNS上からハッシュタグ、各賞の名称、最終候補に選出されている選手の名前を付けて投稿することで投票できる(例:#DunkOfTheYear Larry Nance)。

なお、『NBAアウォードショー』では、今回ファイナリストが発表された6部門以外にも、下記アウォードも併せて発表される予定だ。

NBA Basketball Executive of the Year(NBA最優秀バスケットボール・エグゼクティブ)
NBA Sportsmanship Award(NBA最優秀スポーツマンシップ賞)
Twyman-Stokes Teammate of the Year Award(最優秀トワイマン・ストークス・チームメイト賞)
NBA All-Rookie Team(NBAオールルーキーチーム)
NBA All-Defensive Team(NBAオールディフェンシブチーム)
NBA Cares Community Assist Award presented by Kaiser Permanente(NBAケアーズ・コミニティアシスト賞 presented by Kaiser Permanente)

NBA 2016-17シーズン アウォード受賞者一覧


NBA 2015-16シーズン アウォード受賞者一覧



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

サンズが3度目の対戦で今季レイカーズに初勝利、33得点のデビン・ブッカーは「負けられなかった」

nba

スパーズが23点差から逆転してサンダーに勝利、グレッグ・ポポビッチHCは選手を称賛「決して諦めず、基本的なプレイを続けたことで流れが変わった」

nba

キャブズが延長戦を制し4連勝、レブロン・ジェームズはセルティックスとの比較を気にせず「周りの意見はどうでもいい」

nba

ネッツのディアンジェロ・ラッセルが左ひざを手術、復帰時期は未定

nba

76ersがロバート・コビントンとの契約を延長

nba

セルティックスに敗れたウォリアーズ、ステフィン・カリーは「今季のファイナルで対戦するかもしれない」

nba

NBAレジェンドのディケンベ・ムトンボが来日「日本のバスケットボールリーグと今後も協力体制を維持していきたい」

nba

クリス・ポール復帰戦の前半だけで90得点を記録したロケッツ、ジェームズ・ハーデンは「スコアがおかしいんじゃないかと思った」

nba

敵地3連勝中のキャブズ、復調の秘訣は睡眠

nba

セルティックスがウォリアーズを下して14連勝、急逝した親友に勝利を捧げたジェイレン・ブラウンは「彼に導かれてプレイできた」

nba

さらに注目を集めるようになった76ers、ブレット・ブラウンHCは中心選手であるジョエル・エンビードとベン・シモンズを絶賛「彼らはまだまだ成長できる」

nba

ステフィン・カリーがオンラインコースでバスケットボールを指導

もっと見るレス
Back to Top