NBAファイナル2018を裁く12名の審判が決定
NBA

NBAファイナル2018を裁く12名の審判が決定

キャバリアーズとウォリアーズによるファイナルは5月31日に開幕

5月30日(日本時間31日)、NBAはNBAファイナル2018 presented by YouTube TVを裁く12名の審判を発表した。今季のの優勝チームを決めるクリーブランド・キャバリアーズとゴールデンステイト・ウォリアーズによるNBAファイナル2018は、5月31日(同6月1日)にオラクル・アリーナで行われる第1戦からスタートする。

▶ NBAファイナルを観るならRakuten NBA Special

NBAバイスプレジデントと審判育成部門代表のモンティ・マッカチンは「ファイナルを裁く12名の審判は経験豊富で、その見識を今シリーズで生かす権利を勝ち取った」と語った。

「個人的にも、この栄誉がどれだけ誇らしいことか理解している。審判にとっての頂上に辿りついた彼らを祝福したい」。

ファイナルを裁く12名の審判は、2018年のプレイオフ・ファーストラウンドからカンファレンス・ファイナルまでの3ラウンドでのパフォーマンスを基に、NBA審判運営マネージメントチームが選出した。各審判はプレイオフ各ラウンド後に評価され、次ラウンドを裁くのに相応しいかを見極められていた。

NBAファイナル2018を裁く審判は以下の通り。


トニー・ブラザーズ(7回目)
マイク・キャラハン(15回目)
ジェームズ・ケイパーズ(7回目)
マーク・デイビス(7回目)
スコット・フォスター(11回目)
ジョン・ゴブル(2回目)
デイビッド・ガスリエ(初)
エド・マロイ(6回目)
ケン・マウアー(13回目)
ジェイソン・フィリップス(5回目)
デリック・スタッフォード(8回目)
ザック・ザルバ(5回目)

上記12名の審判の内4名はファイナル12試合を裁いた経験を持っている。最多はキャラハンの19試合で、マウアーはファイナルで過去18試合を裁いた。審判ロスターには、ファイナルを初めて担当するガスリエも選出されている。

NBA審判のエリック・ルイスとトム・ワシントンは、ファイナル代替審判に登録された。

[特集]NBAファイナル2018: ゴールデンステイト・ウォリアーズ vs クリーブランド・キャバリアーズ


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

マジックのワークアウトに参加したウェンデル・カーターJr.は、今ドラフト候補最高のビッグマンなのか?

nba

ナゲッツ2年目を迎えるモンテ・モリス、サマーリーグに向けて特訓中

nba

グリズリーズがコーチングスタッフを発表、ジェリー・スタックハウス、ニック・バンエクセルらが入閣

nba

ザック・ランドルフの弟がバーで殺害される

nba

リポート: ドラフト全体1位指名権を持つサンズ、カワイ・レナードの獲得には興味なし?

nba

ユドニス・ハズレムがヒートからの移籍を示唆「チームの勝利に貢献したい」

nba

オスカー・ロバートソンがNBA生涯功労賞を受賞へ

nba

リポート:ホークスがナゲッツとのトレードでケネス・ファリード獲得を検討か

nba

リポート:カワイ・レナードがスパーズにトレードを要求か

nba

渡邊雄太がサンズのワークアウトに参加

nba

リポート・サディアス・ヤングがFAになることを検討か

nba

リポート:キャブズとラリー・ナンスJr.が延長契約締結に関心

もっと見るレス
Back to Top