キャリア3回目のオールスターゲームMVPを受賞したレブロン・ジェームズ「最高の形で週末を締めくくれた」
NBA

キャリア3回目のオールスターゲームMVPを受賞したレブロン・ジェームズ「最高の形で週末を締めくくれた」

ドラフトでのスターターの指名順は、1位デュラント、2位デイビス、3位アービング、4位カズンズの順だったことを明かす

2月18日(日本時間19日)にカリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルズ・センターで行なわれたNBAオールスターゲーム2018は、チーム・レブロンが148-145でチーム・ステフィンに勝利した。

チームキャプテンを務め、29得点、10リバウンド、8アシストの活躍で勝利に貢献し、自身3回目となるオールスターゲームMVPに選出されたレブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)が、オールスターゲームを振り返った。

NBAを毎日ライブ配信! 今なら無料キャンペーン実施中

――チーム・レブロンとチーム・ステフィンという新たなフォーマットがオールスターゲームにもたらした違いは? もし今回もイースト対ウェストだったら、今日のような試合になっていたと思う?
どうだろう、わからない。でも、新しいフォーマットは素晴らしかったと思う。ファンの反応も凄く良くて、ポジティブなものだった。

僕とステフ(カリー)がキャプテンになって、ドラフトを実施するなんて、これまでにはなかったこと。僕たちのコミッショナー(アダム・シルバー)は、新しいことを受け入れてくれる。そこが彼の素晴らしいところ。新フォーマットは全員にとって上手く機能したと思う。選手やリーグにとってだけではなく、ファンの皆、それにかかわる全員にとってね。素晴らしい週末になった。最高の形で締めくくれた。

――来年はオールスター・ドラフトをテレビ中継するという動きもある。あなたもそれを支持している。今のところ、同じ選手が2年続けてキャプテンに就任できないというルールもない。今の時点では、ファンが来年もあなたとステフをキャプテンに選ぶかもしれない。もう1度キャプテンを務めたいと思っている?


僕は構わない。ステフとのドラフトでは楽しい時間を過ごせたしね。これからもっと良い大会にできる方法を探せばいい。今年のオールスターゲームで指揮を執ったHCのチームが、来季前半戦の戦績でカンファレンス最高勝率を記録しても、2年続けてオールスターゲームのHCにはなれない。そうやって毎年やっている。だから来年は違う選手がキャプテンをやっても素晴らしいと思う。もしくは、今回と同じようにファン投票でトップ2の票数を獲得した選手が担当するというルールでやっても良いと思う。僕はどちらでも構わない。僕に関して言えば、とにかく来季も前半戦に素晴らしい成績を残して、シャーロットでの大会に出られるようにしないといけない。

――カイリー(アービング)と再び一緒にプレイした感想は? キャバリアーズ時代のプレイセットを彼と実行できた?
最高だった。昔のチームメイトと一緒にやれるのは、いつだって素晴らしいこと。特に彼のように速くて、ボールハンドリングに優れていて、ショットを決められる力を持つ選手とならね。彼と再び一緒にプレイできて最高だった。間違いなく最高の瞬間だった。

――ドラフトで指名したスターターの指名順を明かしてもらえる?
あぁ、構わないよ。1位にケビン(デュラント)を指名して、その次がアンソニー・デイビス(ニューオーリンズ・ペリカンズ)、カイリー、最後はデマーカス(カズンズ)。

――今週を振り返ってみて、ロサンゼルスでのオールスターウィークエンドで一番印象に残っていることは?
ロサンゼルスは、オールスターウィークエンドを開催するのに完璧な場所だと思う。オールスターウィークエンドに対応できる少ない都市の1つ。200か国以上から試合をカバーするメディアが集結して、世界中の人たちが試合を観に集まる。オールスターウィークエンドの一部になるためにやって来るんだ。交通事情もある。でもロサンゼルスなら対応できる。この街はカメラやスポットライトのために作られた街だ。オールスターウィークエンド開催に適した街だと思うよ。全員が良い週末を過ごせたのなら嬉しい。僕は楽しんだ。家族も楽しんでいた。だから最高の週末になったね。

[特集]NBAオールスター2018 in ロサンゼルス


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ペリカンズがホームで勝利し突破に王手、プレイオフ自己最多30得点のニコラ・ミロティッチは「シンプルにプレイしているだけ」

nba

ウォリアーズが対スパーズ第3戦にも勝利、3連勝で王手をかける

nba

76ersが敵地でシリーズ2勝目、ジョエル・エンビードはプレイオフデビュー戦で23得点の活躍

nba

バックスのジャバリ・パーカーがプレイオフでの出場時間に不満

nba

リポート:ケビン・ラブが左親指靭帯部分断裂

nba

[コラム]サンダーファンのイラストレーター、ナナエさんがサンダー戦を観戦

nba

序盤にリードを広げたロケッツが2連勝、第2戦で挽回したクリス・ポールは「テンポを上げて積極的にプレイしようとした」

nba

ジャズが敵地での第2戦を制す、クイン・スナイダーHCは新人ドノバン・ミッチェルを「けがをしているようには見えなかった」と称賛

nba

キャブズが辛くも逃げ切りイーブンに、46得点のレブロン・ジェームズは「ラッキーだった」

nba

ジョエル・エンビード、ファーストラウンド第3戦の出場は微妙

nba

グレッグ・ポポビッチHCの夫人が逝去

nba

[杉浦大介コラム第81回]3x3ディベート: クリーブランド・キャバリアーズの“今”を3人の識者が分析

もっと見るレス
Back to Top