NBAオールスター2018投票結果:レブロン・ジェームズが全体1位の票数を獲得
NBA

NBAオールスター2018投票結果:レブロン・ジェームズが全体1位の票数を獲得

チームキャプテンはレブロンとステフ・カリー

1月18日(日本時間19日)、NBAオールスター2018のスターターとキャプテンが発表された。

イースタン・カンファレンスのキャプテンは、ファン投票全体1位(263万8294票)に輝いたレブロン・ジェームズ(フロントコート/クリーブランド・キャバリアーズ)。ウェスタン・カンファレンスのキャプテンは、同カンファレンス首位となる237万9494票を獲得したステフィン・カリー(ガード/ゴールデンステイト・ウォリアーズ)となった。ジェームズに次ぐ全体2位の票数を獲得したのは、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボ(253万211票)。ウォリアーズのケビン・デュラント(223万8406票)はウェストのフロントコート部門最多、ボストン・セルティックスのカイリー・アービング(217万833票)はイーストのガード部門最多の票数を獲得した。

イーストのスターターは、ジェームズのほか、アデトクンボ(フロントコート/バックス)、アービング(ガード/セルティックス)、デマー・デローザン(ガード/トロント・ラプターズ)、ジョエル・エンビード(フロントコート/フィラデルフィア・76ers)。

ウェストのスターターは、カリーのほか、デュラント(フロントコート/ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ジェームズ・ハーデン(ガード/ヒューストン・ロケッツ)、アンソニー・デイビス、デマーカス・カズンズ(ともにフロントコート/ニューオーリンズ・ペリカンズ)。

投票はファン投票(50%)、選手投票(25%)、メディア投票(25%)の比率で決定された。各キャプテンが最初に指名する4選手は、ジェームズとカリーを除く東西の先発に選出された8選手の中から選ばなければならない。ファン投票全体1位に輝いたジェームズに、第一指名権が与えられる。

オールスター先発に選出された選手の詳細は以下の通り。

イースタン・カンファレンス

●ヤニス・アデトクンボ(バックス、2回目):昨年のオールスターで初選出にして初先発出場を果たしたアデトクンボは、1979年と80年に続けてオールスター先発に選出されたマーケス・ジョンソン以来球団史上初の2年連続オールスター先発出場。

●デマー・デローザン(ラプターズ、4回目):3年連続の選出。ラプターズ史上歴代1位の得点を記録しているデローザンは、昨年に続いて先発に選出された。

●ジョエル・エンビード(76ers、1回目):キャリア2年目にして初選出。76ersの選手でオールスターに先発出場するのは、2006年のアレン・アイバーソン以来初。

●カイリー・アービング(セルティックス、5回目):キャリア7年で5回目のオールスター選出。21歳だった3年目の2014年には、オールスターMVPに輝いた。

●レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ、14回目):過去に4回シーズンMVPを受賞しているジェームズは、14回目のオールスター先発出場で、NBAオールスター史上最多先発出場記録を持つコービー・ブライアント(15回)まであと1回に迫っている。14回目のオールスター選出はマイケル・ジョーダン、カール・マローン、ジェリー・ウェストに並ぶ記録で、ジェームズらよりも多くオールスターに選出された選手は、カリーム・アブドゥル・ジャバー(19回)、ブライアント(18回)、ティム・ダンカン(15回)、ケビン・ガーネット(15回)、シャキール・オニール(15回)しかいない。

ウェスタン・カンファレンス

●デマーカス・カズンズ(ペリカンズ、4回目):昨季まで所属したサクラメント・キングス時代を含め、キャリア4回目の選出。


●ステフィン・カリー(ウォリアーズ、5回目):シーズンMVPを2回受賞しているカリーは、球団史上初となる5年連続のオールスター先発出場。

●アンソニー・デイビス(ペリカンズ、5回目):昨年の大会でオールスターゲーム新記録の52得点を記録。5回目のオールスター選出は、クリス・ポール(現ヒューストン・ロケッツ)を抜いて球団史上最多。ペリカンズから2選手がオールスター先発に選出されたのは、球団史上初のこと。

●ケビン・デュラント(ウォリアーズ、9回目):2012年のオールスターMVPに輝いたデュラントは、9年連続のオールスター選出。

●ジェームズ・ハーデン(ロケッツ、6回):6回のオールスター選出は、いずれもロケッツに移籍後のことで、選出回数ではアキーム・オラジュワン(12回)、ヤオ・ミン(8回)に次いで球団史上3位。

今回のオールスター投票スコアは、以下の通り。昨年に続いてファン投票×2(配分が50%のため)、現役選手投票、メディア投票の順位の数値を合計した数字を4で割り、イースト/ウェストのガード部門、フロントコート部門で最少値を記録した5選手が先発に選出された。ジェームズを例とした場合、ファン投票(1×2)、現役選手投票(2)、メディア投票(1)の数値の合計4を4で割った1.25が同選手のスコアとなる。スコアで同数となった場合は、ファン投票でより多くの票数を集めた選手が上位となる。

イースタン・カンファレンス・フロントコート

順位 選手(所属) ファンランク 選手ランク メディアランク スコア
1 *#レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ) 1 2 1 1.25
2 *ヤニス・アデトクンボ(バックス) 2 1 1 1.5
3 *ジョエル・エンビード(76ers) 3 4 3 3.25
4 クリスタプス・ポルジンギス(ニックス) 4 3 4 3.75
5 ケビン・ラブ(キャバリアーズ) 5 6 7 5.75
6 アル・ホーフォード(セルティックス) 7 8 5 6.75
7 アンドレ・ドラモンド(ピストンズ) 9 5 6 7.25
8 ジェイソン・テイタム(セルティックス) 6 12 8 8.0
9 エネス・カンター(ニックス) 8 9 8 8.25
10 ドワイト・ハワード(ホーネッツ) 10 13 8 10.25

イースタン・カンファレンス・ガード

順位 選手(所属) ファンランク 選手ランク メディアランク スコア
1 *カイリー・アービング(セルティックス) 1 1 1 1.0
2 *デマー・デローザン(ラプターズ) 2 2 2 2.0
3 ビクター・オラディポ(マジック) 4 3 3 3.5
4 ベン・シモンズ(76ers) 3 6 6 4.5
5 ジョン・ウォール(ウィザーズ) 6 4 4 5.0
6 ブラッドリー・ビール(ウィザーズ) 9 5 4 6.75
7 アイザイア・トーマス(キャバリアーズ) 7 9 6 7.25
8 カイル・ラウリー(ラプターズ) 8 7 6 7.25
9 ドウェイン・ウェイド(キャバリアーズ) 5 15 6 7.75
10 エリック・ブレッドソー(バックス) 12 10 6 10

ウェスタン・カンファレンス・フロントコート

順位 選手(所属) ファンランク 選手ランク メディアランク スコア
1 *ケビン・デュラント(ウォリアーズ) 1 1 1 1.0
2 *アンソニー・デイビス(ペリカンズ) 3 2 2 2.5
3 *デマーカス・カズンズ(ペリカンズ) 4 3 4 3.75
4 ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ) 2 7 6 4.25
5 ポール・ジョージ(サンダー) 5 6 7 5.75
6 ラマーカス・オルドリッジ(スパーズ) 8 4 3 5.75
7 カール・アンソニー・タウンズ(ウルブズ) 9 5 4 6.75
8 カワイ・レナード(スパーズ) 6 8 9 7.25
9 カーメロ・アンソニー(サンダー) 7 9 9 8.0
10 カイル・クーズマ(レイカーズ) 10 12 9 10.25

ウェスタン・カンファレンス・ガード

順位 選手(所属) ファンランク 選手ランク メディアランク スコア
1 *#ステフィン・カリー(ウォリアーズ) 1 1 2 1.25
2 *ジェームズ・ハーデン(ロケッツ) 3 2 1 2.25
3 ラッセル・ウェストブルック(サンダー) 4 3 3 3.5
4 マヌ・ジノビリ(スパーズ) 2 8 7 4.75
5 クレイ・トンプソン(ウォリアーズ) 5 9 5 6.0
6 クリス・ポール(ロケッツ) 7 7 5 6.5
7 デイミアン・リラ―ド(ブレイザーズ) 8 4 7 6.75
8 ジミー・バトラー(ウルブズ) 9 6 4 7.0
9 デビン・ブッカー(サンズ) 10 4 7 7.75
10 ロンゾ・ボール(レイカーズ) 6 13 7 8.0

*はオールスター先発 、#はチームキャプテン

[特集]NBAオールスター2018 in ロサンゼルス


スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ウォリアーズがスパーズに勝利し、カンファレンス準決勝に進出

nba

76ersが2012年以来となるカンファレンス準決勝進出

nba

マーカス・スマートが復帰したセルティックスが勝利し、3勝2敗とリード

nba

サンダーのラッセル・ウェストブルックに1万ドルの罰金とテクニカルファウルの処分

nba

236選手がNBAドラフト2018にアーリーエントリー

nba

ジャズが3連勝で突破に王手、33得点のドノバン・ミッチェルはレジェンドに続く記録に「光栄なこと」

nba

左足首を手術していたダーク・ノビツキー、来季のプレイに意欲

nba

ラプターズとのシリーズを2勝2敗に戻したウィザーズ、ケリー・ウーブレイJr.が活躍

nba

Jr. NBA世界選手権の放映権で『FOX Sports』と合意

nba

ロケッツが圧勝で突破に王手、36得点のジェームズ・ハーデンは「アグレッシブなメンタリティーだった」

nba

マヌ・ジノビリとトニー・パーカーがプレイオフ史上最多勝利を記録したデュオに

nba

キャブズが終盤のランでリードを広げ勝利、対戦成績を2勝2敗に

nba

ウィザーズが連勝で2勝2敗のタイに、ジョン・ウォールは「ブラッドリーがいなくなったら自分が何とかしないといけない」

nba

スパーズがシリーズ初勝利、第4Qだけで10得点を決めたマヌ・ジノビリは「気合が入っていた」

nba

バックスがヤニス・アデトクンボのティップインレイアップで勝利、シリーズを2勝2敗のイーブンに

nba

ジャズがシリーズ逆転で一歩リード、リッキー・ルビオはジョン・ストックトン以来のトリプルダブルに「光栄」

nba

スパーズ、グレッグ・ポポビッチHCは第4戦も不在に

nba

14年ぶりの本拠地プレイオフでウルブズがロケッツに勝利、28得点のジミー・バトラーは「この街はもう少し長くとどまるにふさわしい」

nba

ペリカンズがブレイザーズをスウィープ、47得点のアンソニー・デイビスは「素晴らしい気分」

nba

76ersが突破に王手、ベン・シモンズはマジック・ジョンソン以来となるトリプルダブルの快挙

nba

バックスが堅守でセルティックスに勝利、ヤニス・アデトクンボは「全員が準備を整えていた」

nba

ウィザーズがホームで勝利しシリーズ初勝利

nba

ペイサーズが17点差からキャブズに逆転勝利、シリーズを2勝1敗でリード

nba

ひざ負傷で離脱中のステフィン・カリー、経過は良好

もっと見るレス
Back to Top