惜しくもNBAオールスター2018出場を逃してしまった選手たち
NBA

惜しくもNBAオールスター2018出場を逃してしまった選手たち

ポール・ジョージ、クリス・ポールなど、選出を漏れた選手をピックアップ

NBAが1月23日(日本時間24日)に、オールスターゲームに出場するリザーブ選手を発表した。しかし当然ながら、出場するに値する選手全員が選出されたわけではない。漏れてしまう選手は必ず存在するのだ。

今年選出を漏れた選手のなかから、下記の5選手でチームを作っても面白いかもしれない。

ポール・ジョージ(SF、オクラホマシティ・サンダー)

地元での出場を望んでいたジョージにとっては辛い選出漏れとなってしまった。フロントコート選手のコーチ投票で、ラマーカス・オルドリッジ、ドレイモンド・グリーン、カール・アンソニー・タウンズに先を越される形となった。

アンドレ・ドラモンド(C、デトロイト・ピストンズ)

このチームのリムプロテクターはドラモンド(平均15.0リバウンド、1.2ブロック)だ。ニューヨーク・ニックスのクリスタプス・ポルジンギスが同じカンファレンスにいたことが痛手となった。

「ええ!!! アンドレ・ドラモンドがオールスターじゃないの?!?!」

クリス・ポール(PG、ヒューストン・ロケッツ)


CP3が選出されなかったのはおそらく怪我が原因だろう。11月16日(同17日)にデビューしてから、まだ28試合にしか出場できていない。しかしプレイしているときのジェームズ・ハーデンとのバックコートコンビは抜群だ。ポールは2年連続でオールスターゲームに出場しないことになる。それまでは9年連続で出場していた。

ベン・シモンズ(PG、フィラデルフィア・76ers)

76ersの208センチあるルーキーは、12月が始まってから少し失速しており、平均得点と平均リバウンドが落ちている。相変わらずパスがうまく(平均7.2アシスト)、とてもエキサイティングな選手ではあるが、まだオールスターレベルではない。

ルー・ウィリアムズ(SG、ロサンゼルス・クリッパーズ)

ウィリアムズはクリッパーズの得点リーダー(平均23.3得点)で、今シーズンは50得点を1回、40得点以上を2回、30得点以上を11回記録している。もしかしたらコーチ陣は彼のことを主戦力ではなく、シックスマン(45試合中先発は14試合)として見ているのかもしれない。

「ルー・ウィリアムズがオールスターじゃないなんて!!!! ほかに何をやればよかったんだ? 正直に教えて欲しいよ。なんでルーはオールスターじゃないの???」

原文:NBA All-Star 2018: Paul George, Chris Paul, Ben Simmons among biggest snubs by Sporting News

記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ペリカンズがホームで勝利し突破に王手、プレイオフ自己最多30得点のニコラ・ミロティッチは「シンプルにプレイしているだけ」

nba

ウォリアーズが対スパーズ第3戦にも勝利、3連勝で王手をかける

nba

76ersが敵地でシリーズ2勝目、ジョエル・エンビードはプレイオフデビュー戦で23得点の活躍

nba

バックスのジャバリ・パーカーがプレイオフでの出場時間に不満

nba

リポート:ケビン・ラブが左親指靭帯部分断裂

nba

[コラム]サンダーファンのイラストレーター、ナナエさんがサンダー戦を観戦

nba

序盤にリードを広げたロケッツが2連勝、第2戦で挽回したクリス・ポールは「テンポを上げて積極的にプレイしようとした」

nba

ジャズが敵地での第2戦を制す、クイン・スナイダーHCは新人ドノバン・ミッチェルを「けがをしているようには見えなかった」と称賛

nba

キャブズが辛くも逃げ切りイーブンに、46得点のレブロン・ジェームズは「ラッキーだった」

nba

ジョエル・エンビード、ファーストラウンド第3戦の出場は微妙

nba

グレッグ・ポポビッチHCの夫人が逝去

nba

[杉浦大介コラム第81回]3x3ディベート: クリーブランド・キャバリアーズの“今”を3人の識者が分析

もっと見るレス
Back to Top