『NBA 2K19』ゲームプレイ・トレーラーを初公開
NBA

『NBA 2K19』ゲームプレイ・トレーラーを初公開

実写と見紛うほどのハイクオリティなグラフィックスに注目

2018年9月7日に発売予定の『NBA 2K19』日本語版のゲームプレイ・トレーラーが『2K Japan』公式YouTubeチャンネルで公開された。
 

公開された最新作のゲームプレイ・トレーラーでは、『NBA 2K19』の美しいグラフィックスやゲームプレイを確認できる。そのクオリティは高く、選手たちの息遣いや汗の輝きが伝わってくるほどの臨場感で、実際の NBA の試合と見間違えるほどのリアリティが実現されている。

トレーラーのほか、『NBA 2K19』に関する最新情報も発表された。今作から新たに登場する新システム『テイクオーバー』は、各選手のポテンシャルを限界まで引き出し、アーキタイプ(それぞれの選手の特徴を表したもので、ポジションとアーキタイプによって選手の能力や使用可能なアクションが変化)ごとに最大限の力を発揮させるシステムで、好調な選手にはメインのアーキタイプに応じて特別なブースト、スキル、アニメーションがアンロックされる。

たとえば、ゴール付近でのフィニッシュに優れたスラッシャー/アスレチックフィニッシャータイプならば、『テイクオーバー』によって限定のコンタクトダンクをアンロックし、スピン、ユーロステップ、クレイドル、ホップステップレイアップなどのシュートムーブをブーストしてドリブルで抜きやすくなり、普通の状態ではできないコンタクトシュートを決めることが可能になる。

その他にも、ゲーム中最高のロングレンジジャンプシューターであるシャープシューター/ストレッチビッグタイプなら、『テイクオーバー』を発動させることにより、非常に高い精度で 3ポイントシュートを決めることが可能になる。

さらに、ゲームプレイに関しても強化を実施し、ドリブル、ボールコントロール、シュートなどで選手が行える新たなアクションを追加。たとえば、優れたディフェンダーはアクションを支配する能力を持ち、優れたボールハンドラーは新たな『ホールドオフ』システムにより、クリス・ポールのようにディフェンダーを寄せ付けないことが可能になった。ユーザーの操作能力と選手のスキルが影響するスキルベースシステムの追加により、かつてない1対1の攻防が楽しめるという。

世界で最も売れているNBA公認のバスケットボールゲームである2Kシリーズは、リアルなグラフィックス、実際にプレイしているかのような感覚を徹底的に追及して制作され、現役のNBA選手たちも試合のシミュレーションで使うことが話題になるほどの人気作品だ。

試合モードのほかにも、オリジナルキャラクターがNBAのトッププレイヤーになるまでをストーリーモードで楽しめる『MyCAREERモード』や、他のオンラインプレイヤーと同じ空間でゲームプレイを進めることが可能な『RUN THE NEIGHBORHOODモード』など、友人だけでなく、世界中のプレイヤーたちと対戦が楽しめるのも大きな魅力となっている。


『NBA 2K19』20周年記念エディション
発売:2018年9月7日(金)予定
価格:デジタル版12,450円(税込)、パッケージ版12,800円+税(数量限定)
対応機種:PlayStation®4(パッケージ&デジタル版)、Nintendo Switch(デジタル版のみ)
Windows PC(デジタル版のみ)、Xbox One(デジタル版のみ)

『NBA 2K19』 通常版
発売:2018年9月11日(火)予定
価格:デジタル版 7,580 円(税込)、パッケージ版 7,800 円+税
 *XboxOne のみ値段が異なる(デジタル版:7,560 円税込)
対応機種:PlayStation®4(パッケージ&デジタル版)、Nintendo Switch(パッケージ&デジタル版)、Windows PC(デジタル版のみ)、Xbox One (デジタル版のみ)

Photo by 2K Japan


関連記事

『NBA 2K19』のカバーアスリートはレブロン・ジェームズに決定

[特集]NBA 2K19


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

デマー・デローザンと新シーズンのスパーズを楽観するルディ・ゲイ

nba

パニック障害に苦しんだケビン・ラブ「死ぬんじゃないかと思った」

nba

ペイサーズのネイト・マクミランHCとビクター・オラディポの新シーズンへの期待

nba

フィリピン代表としてアジア大会に出場するジョーダン・クラークソン

nba

ジェームズ・ハーデン「カーメロ・アンソニーはフィットする」

nba

ベン・シモンズがレブロン・ジェームズの移籍について言及「彼から学べたら最高だった」

nba

来夏FAのクレイ・トンプソンがウォリアーズ残留を希望

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

nba

リポート:ヒートはライアン・アンダーソンの獲得に関心なし

もっと見るレス
Back to Top