ステフィン・カリーが28得点、ウォリアーズが3連勝

ステフィン・カリーが28得点、ウォリアーズが3連勝

今季ワーストの3連敗後に3連勝、ひざの負傷で離脱中のケビン・デュラントがジャンプショットの練習を再開

3月18日(日本時間19日)にオラクル・アリーナで行なわれたミルウォーキー・バックス対ゴールデンステイト・ウォリアーズの一戦は、第2クォーターに23-6の猛攻で大差をつけたウォリアーズが117-92で勝利した。

3連勝のウォリアーズは、NBAベストの55勝14敗に戦績を伸ばした。また、122-92で勝利したオーランド・マジック戦に続き、2試合続けて25点差以上をつけて快勝している。

3連敗後に3連勝をマークしたウォリアーズに朗報が飛び込んできた。左ひざ内側側副靭帯損傷と脛骨挫傷で離脱中のケビン・デュラントが、ジャンプショットの練習を再開させたというのだ。

そのデュラントが離脱後に獲得したマット・バーンズは、試合の流れを引き寄せた第2Qの猛攻中に2本連続して3ポイントショットを成功させ、勝利に貢献している。

試合後クレイ・トンプソンは「今日のマットは素晴らしかったね」と語った。


「今日のようなプレイを続けてくれると思っているよ。ベンチからタフなプレイをしてくれる選手が必要だった。彼はチームにとって大きな戦力だし、チームにとって非常に良い刺激になっているよ」。

ウォリアーズはステフィン・カリーが28得点、トンプソンが21得点、アンドレ・イグダーラが15得点、ドレイモンド・グリーンが8得点、8リバウンド、10アシストを記録した。

敗れたバックス(34勝35敗)は、マルコム・ブログドンが18得点、トニー・スネルとグレッグ・モンローがそれぞれ12得点、クリス・ミドルトンが11得点、ミルザ・テレトビッチが10得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top