ステフィン・カリーが28得点、ウォリアーズが3連勝

ステフィン・カリーが28得点、ウォリアーズが3連勝

今季ワーストの3連敗後に3連勝、ひざの負傷で離脱中のケビン・デュラントがジャンプショットの練習を再開

3月18日(日本時間19日)にオラクル・アリーナで行なわれたミルウォーキー・バックス対ゴールデンステイト・ウォリアーズの一戦は、第2クォーターに23-6の猛攻で大差をつけたウォリアーズが117-92で勝利した。

3連勝のウォリアーズは、NBAベストの55勝14敗に戦績を伸ばした。また、122-92で勝利したオーランド・マジック戦に続き、2試合続けて25点差以上をつけて快勝している。

3連敗後に3連勝をマークしたウォリアーズに朗報が飛び込んできた。左ひざ内側側副靭帯損傷と脛骨挫傷で離脱中のケビン・デュラントが、ジャンプショットの練習を再開させたというのだ。

そのデュラントが離脱後に獲得したマット・バーンズは、試合の流れを引き寄せた第2Qの猛攻中に2本連続して3ポイントショットを成功させ、勝利に貢献している。

試合後クレイ・トンプソンは「今日のマットは素晴らしかったね」と語った。


「今日のようなプレイを続けてくれると思っているよ。ベンチからタフなプレイをしてくれる選手が必要だった。彼はチームにとって大きな戦力だし、チームにとって非常に良い刺激になっているよ」。

ウォリアーズはステフィン・カリーが28得点、トンプソンが21得点、アンドレ・イグダーラが15得点、ドレイモンド・グリーンが8得点、8リバウンド、10アシストを記録した。

敗れたバックス(34勝35敗)は、マルコム・ブログドンが18得点、トニー・スネルとグレッグ・モンローがそれぞれ12得点、クリス・ミドルトンが11得点、ミルザ・テレトビッチが10得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ブルズ退団の可能性もあるドウェイン・ウェイド「これからの1か月で考えて決める」

nba

NBAプレイオフ準決勝プレビュー:スパーズ対ロケッツ

nba

NBAプレイオフ準決勝プレビュー:セルティックス対ウィザーズ

nba

[ギャラリー] NBAプレイオフ1回戦 キックス写真集

nba

カワイ・レナードを称賛するグレッグ・ポポビッチHC「現時点でNBAベストプレイヤー」

nba

クリッパーズが敵地での第6戦に勝利、対戦成績を3勝3敗のイーブンに戻す

nba

セルティックスが4連勝でブルズを撃破

nba

ジョン・ウォールがプレイオフでの自己最多42得点、ウィザーズがホークスを下しファーストラウンド突破

nba

リポート:ラリー・バードがペイサーズ球団社長を辞任!?

nba

ラジョン・ロンド、ファーストラウンド残り試合欠場へ

nba

カワイ・レナードが29得点、スパーズがグリズリーズに勝利しファーストラウンド勝ち上がりを決める

nba

ラプターズがバックスの猛攻を凌いで勝利、ファーストラウンド突破

もっと見るレス
Back to Top