ステフィン・カリーが28得点、ウォリアーズが3連勝

ステフィン・カリーが28得点、ウォリアーズが3連勝

今季ワーストの3連敗後に3連勝、ひざの負傷で離脱中のケビン・デュラントがジャンプショットの練習を再開

3月18日(日本時間19日)にオラクル・アリーナで行なわれたミルウォーキー・バックス対ゴールデンステイト・ウォリアーズの一戦は、第2クォーターに23-6の猛攻で大差をつけたウォリアーズが117-92で勝利した。

3連勝のウォリアーズは、NBAベストの55勝14敗に戦績を伸ばした。また、122-92で勝利したオーランド・マジック戦に続き、2試合続けて25点差以上をつけて快勝している。

3連敗後に3連勝をマークしたウォリアーズに朗報が飛び込んできた。左ひざ内側側副靭帯損傷と脛骨挫傷で離脱中のケビン・デュラントが、ジャンプショットの練習を再開させたというのだ。

そのデュラントが離脱後に獲得したマット・バーンズは、試合の流れを引き寄せた第2Qの猛攻中に2本連続して3ポイントショットを成功させ、勝利に貢献している。

試合後クレイ・トンプソンは「今日のマットは素晴らしかったね」と語った。


「今日のようなプレイを続けてくれると思っているよ。ベンチからタフなプレイをしてくれる選手が必要だった。彼はチームにとって大きな戦力だし、チームにとって非常に良い刺激になっているよ」。

ウォリアーズはステフィン・カリーが28得点、トンプソンが21得点、アンドレ・イグダーラが15得点、ドレイモンド・グリーンが8得点、8リバウンド、10アシストを記録した。

敗れたバックス(34勝35敗)は、マルコム・ブログドンが18得点、トニー・スネルとグレッグ・モンローがそれぞれ12得点、クリス・ミドルトンが11得点、ミルザ・テレトビッチが10得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAがポール・ジョージとのタンパリング疑惑でレイカーズを調査開始

nba

ジョアキム・ノアが静寂を破り、フィル・ジャクソンやニックスについて心境を語った

nba

渡嘉敷来夢がシカゴ・スカイ戦でベンチ出場から6得点

nba

リポート:クリッパーズが新GMとしてサンダー役員のマイケル・ウィンガーを招聘する意向

nba

ポール・ピアース 名場面トップ5

nba

ティム・ハーダウェイJr.のニックス復帰を喜ぶアラン・ヒューストン

nba

新人王は誰の手に? オッズメーカーの数字はベン・シモンズとロンゾ・ボールが優勢

nba

ユドニス・ハズレムがドウェイン・ウェイドの噂について言及「チームに迎えたい」

nba

セルティックスがポール・ピアースの背番号34永久欠番化を発表

nba

マルク・ガソル、補強が進まなければ2年後グリズリーズを退団する可能性も

nba

ケビン・デュラントがカイリー・アービング問題について言及「NBAでは普通のこと」

nba

『NBA LIVE Mobile バスケットボール』、10月の大型アップデートに向けて「シーズンスコア」がスタート

もっと見るレス
Back to Top