ケビン・デュラントが28得点、ウォリアーズがヒートに勝利

ケビン・デュラントが28得点、ウォリアーズがヒートに勝利

ステフィン・カリーは24得点、8リバウンド、9アシストを記録、クレイ・トンプソンは体調不良のため欠場

1月10日(日本時間11日)にオラクル・アリーナで行なわれたマイアミ・ヒート対ゴールデンステイト・ウォリアーズの一戦は、ケビン・デュラント28得点、8リバウンド、ステフィン・カリーが24得点、8リバウンド、9アシストを記録し、ウォリアーズが107-95で勝利した。

クレイ・トンプソンが病欠で欠場した影響からか、デュラントが試合開始から5本連続してジャンプショットをミスするなど序盤はリズムに乗れなかったウォリアーズは、前半を53-54と1点ビハインドで折り返した。だが、ようやく第3クォーターからオフェンスが機能し始めると、同Qを26-14で上回って逆転。第4Qも28-27で制し、ホームコートを守った。

デュラントは試合後、「序盤に焦って5本もショットを打ってしまった」と語った。

「試合開始からの5本は、見た目にも酷いショットだった。それで自分に言い聞かせたんだ。『クレイがいない穴を自分が埋める必要はない』とね」。


ウォリアーズ(33勝6敗)は、デュラントとカリーのほか、ドレイモンド・グリーンが13得点、9リバウンド、5アシストを記録した。

ここ10試合で9敗を喫したヒート(11勝29敗)は、ハッサン・ホワイトサイドが28得点、20リバウンド、タイラー・ジョンソンが18得点、7リバウンド、ゴラン・ドラギッチが17得点、ジェームズ・ジョンソンが14得点をあげている。

ボックススコア



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAがポール・ジョージとのタンパリング疑惑でレイカーズを調査開始

nba

ジョアキム・ノアが静寂を破り、フィル・ジャクソンやニックスについて心境を語った

nba

渡嘉敷来夢がシカゴ・スカイ戦でベンチ出場から6得点

nba

リポート:クリッパーズが新GMとしてサンダー役員のマイケル・ウィンガーを招聘する意向

nba

ポール・ピアース 名場面トップ5

nba

ティム・ハーダウェイJr.のニックス復帰を喜ぶアラン・ヒューストン

nba

新人王は誰の手に? オッズメーカーの数字はベン・シモンズとロンゾ・ボールが優勢

nba

ユドニス・ハズレムがドウェイン・ウェイドの噂について言及「チームに迎えたい」

nba

セルティックスがポール・ピアースの背番号34永久欠番化を発表

nba

マルク・ガソル、補強が進まなければ2年後グリズリーズを退団する可能性も

nba

ケビン・デュラントがカイリー・アービング問題について言及「NBAでは普通のこと」

nba

『NBA LIVE Mobile バスケットボール』、10月の大型アップデートに向けて「シーズンスコア」がスタート

もっと見るレス
Back to Top