[丹羽政善コラム第54回]ドノバン・ミッチェル――ジャズ再建を担う新人王候補

[丹羽政善コラム第54回]ドノバン・ミッチェル――ジャズ再建を担う新人王候補

高い身体能力を駆使した爆発力あるプレイでユタに旋風を巻き起こしているルーキーの半生を辿る

フリーエージェントでゴードン・ヘイワード(現ボストン・セルティックス)を手放したユタ・ジャズは、再建を余儀なくされると予想されたが、今季もプレイオフ出場を射程圏に捉えている。

原動力は、昨年のドラフトで1巡目指名したドノバン・ミッチェルのセンセーショナルな活躍だ。

1試合平均19.5点(現地2月12日時点)を叩き出し、オフェンスの核となっている。12月1日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦では41点をあげ、現役選手の中では1試合40得点をマークした7人目の選手ともなった。

そんな彼のドラフト前の評価は、決して高くなかった。指名されるのは、1巡目後半との見方もあったほどだ。

しかし、彼のポテンシャルを信じたジャズは、1巡目13位の指名権を持っていたデンバー・ナゲッツにトレードを持ちかけ、2015年のドラフトで1巡目指名(全体12番目)したトレイ・ライルズと、2017年のドラフト1巡目指名権(24位。タイラー・ライドンを指名)をセットでオファー。このトレードが成立すると、再建の柱を得た。

実のところ、ミッチェル自身も自分に自信が持てず、直前まで大学へ戻ることを考えていたという。だが、ドラフト前にクリス・ポール(当時ロサンゼルス・クリッパーズ、現ヒューストン・ロケッツ)らとワークアウトを行なった際に背中を押され、NBA入りを決断した。

ポールらの目に狂いはなかった。

Donovan Mitchell Jazz

NBA選手からの後押しでドラフトにエントリー

昨年3月19日、ルイビル大は、NCAAトーナメント(全米大学バスケットボール選手権)の2回戦でミシガン大に敗れた。試合後、メディアに囲まれて去就を尋ねられたドノバン・ミッチェルは、「来年も大学に戻ってくる」と話したものの、迷っていた。

夢に近づいている実感はある。しかし、確信がない。その3日後、NBAドラフトに登録することを発表したものの、代理人を雇うことをためらった。NCAAのルールで、代理人を雇った時点で復学はできなくなる。4月になって実家に戻るとき、寮の部屋には服などの私物を残したままだった。

覚悟を決めたのは、ドラフト直前のこと。

ロサンゼルスで、クリス・ポール、ポール・ジョージ(当時インディアナ・ペイサーズ、現オクラホマシティ・サンダー)らとワークアウトを行なう機会を得た。そこで悩みを打ち明けると、NBAのスーパースターが親身になって相談に乗ってくれた。

そのとき彼らは、「ドラフトされることの長所と欠点。大学に残ることの長所と欠点をそれぞれ列挙してくれた」とミッチェルは言う。結論ありきではなく、両案を検討。結果的に、「NBAに行くべき」というアドバイスを得たのだという。

『ブリーチャーリポート』(2017年12月21日)の取材にもこう答えていた。

「ポールとCP(クリス・ポール)が、お前はいいものを持っていると言ってくれた。でも僕は、“たぶん……”としか言えなかった。そしたら二人が、僕のプレイについて細かく分析してくれた。そしたら、僕にも出来るかも、という気になった」。

Donovan Mitchell Jazz

6月22日、NBAドラフト。このときもしかし、ミッチェルに明確な自信があったわけではない。他のドラフト候補選手らと待機するグリーンルームには、家族しか呼ばなかった。もしも上位で呼ばれなかったら……という不安が頭をよぎった。

8位、9位、10位と、次々に指名順位が下がっていく。

「やっぱり、ダメなのか…?」。

13位、ナゲッツ――。

このときミッチェルは、裏で何が起きているのか、知る由もなかった。

「デンバーは、ワークアウトに呼ばれなかったから、指名されないだろう」。

しかし、ミッチェルが12位までに指名されなかった段階で、ジャズはナゲッツに連絡を入れた。

「ミッチェルを指名してくれ」。

交換要因は、トレイ・ライルズとジャズが持つ1巡目24位の指名権。実のところ、ナゲッツがそれまで、何度かジャズにライルズのトレードを打診してきたのだという。13位で絶対指名したい、という選手がいないこともジャズは掴んでいた。トレードは指名の直前に成立。ナゲッツからまさかの指名を受け、首をかしげながら、壇上で待つアダム・シルバーNBAコミッショナーのところへ向かったミッチェルは、階段を上っているときにそれを知ったという。

そのときのことを振り返り、「顔が自然にほころんだ」とミッチェル。

「ジャズはワークアウトで高い評価をしてくれたから」。


高校時代の低評価を覆す

さて、ミッチェルがドラフト直前まで、自分の力に確信を持てなかったことはすでに触れたが、彼のバスケット人生をたどると、ずっと、どこかで引け目を感じていたよう。

野球選手だった父親は、元マイナーリーガー。1992年のドラフトでヒューストン・アストロズから指名された。しかし、メジャーリーグでプレイする機会はなく、1998年限りで、ユニフォームを脱いでいる。

1996年に生まれたミッチェルに、父親が野球をしていた記憶はない。ただ、父親がメッツで働き始めると、常に大リーグという世界が身近にあり、デイビッド・ライト(メッツ)、ペドロ・マルチネス(メッツなど)、ホセ・レイエス(メッツ)といったメッツのスター選手との交流を通して、大リーガーに憧れるようになった。

その野球選手としての才能は、本人が、「あったと思う」と自信ありげに語るほど。一方で、バスケットにそこまでの自信はなかった。彼は実際、投手、遊撃手の二刀流選手として名を馳せ、大学には、野球で奨学金をもらって進学するつもりだったのだという。

ところが、高校2年の春、試合で大怪我をしてしまう。

ショートを守っていて、フライを追いかけていると、同時にその打球を追っていた捕手と激突。捕手は顎の骨を骨折し、ミッチェルは、左の手首を骨折した。夏は、AAU(アマチュア体育連合)のチームでバスケットをする予定だったが、それも断念せざるを得なかった。

ただ、そのことは彼にとって転機となる。

Donovan Mitchell Jazz

ミッチェルをバスケット選手としてリクルートしようとしていたプロビデンス大のアシスタントコーチから、ナゲッツのウィル・バートンらを輩出したバスケットの名門校ブリュースター・アカデミー高校への転校を勧められ、それを決断したとき、バスケットに専念することもまた、決意した。

もっとも、出遅れ感は否めない。高校3年生のシーズン前、複数のメディアが高校生のポジション別ランキングを発表したが、米有線放送局『ESPN』によるポイントガード(2015年卒業組)としての評価は、43位だった。

「あれはショックだった」とミッチェル。

ただ、その屈辱がなかったら、今の彼が存在しているかどうか。ソルトレイクシティの地元紙にこんなコメントがあった。

「高校生にとって、ランキングはすべてなんだ。でも、俺よりも下手な奴が、上にいた。俺は、ランキング上位に入れなかった。それがうまくなりたいというモチベーションになった」。

3年生のシーズンが終わったときには、トップ30に名を連ねるようになり、大学からの誘いが届き始めた。

Donovan Mitchell Jazz

ミッチェルは、熱心だったインディアナ大、ジョージタウン大、ルイビル大などの中から、デューク大、ノースカロライナ大など、競合がひしめくACC(アトランティック・コースト・カンファレンス)でプレイしたい、という理由から、ルイビル大を選択する。そこでは、名将リック・ピティーノHCの下で成長を遂げ、2年目が終わるときにはもう、ドラフト1巡目指名候補に躍り出ている。

それでもまだ、二人のポールに背中を押されるまで、躊躇していたわけだが、そんな選手が今や、ジャズの再建を担い、ベン・シモンズ(フィラデルフィア・76ers)と熾烈な新人王争いを繰り広げている。

さすがにもう、それなりの手応えを得ているのではないだろうか――。

ところで彼は、取材に対して、常に協力的だとの評判がある。

幼い頃、大リーガーらが優しく接してくれた。彼らのプロフェッショナルな振る舞いをずっと見てきた。そして教師だった母親にはこう教えられた。

「あなたが接するようにしか、他人はあなたに接してくれない」。

彼の中には、その言葉が刻まれている。

文:丹羽政善

丹羽政善コラム バックナンバー


スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ジェイソン・キッドやスティーブ・ナッシュらが2018年バスケットボール殿堂入り最終候補に

nba

State Farmオールスター・サタデーナイト2018の開催地・日時・放送・出場選手…etc.

nba

カイル・クーズマ、ロサンゼルスでのライジングスターズに「スーパークールだった」

nba

今ライジングスターズ最多の35得点を記録したジェイレン・ブラウン「素晴らしい経験だった」

nba

ライジングスターズ初出場のベン・シモンズ「来年はオールスターゲームに出場したい」

nba

ライジングスターズMVP受賞のボグダン・ボグダノビッチ「ディアロンとの対戦は楽しかった」

nba

2018 Mtn Dew Kickstart ライジングスターズを制したのはワールドチーム、MVPはボグダン・ボグダノビッチ

nba

NBAオールスター2018 トリビア集

nba

2018 Mtn Dew Kickstart ライジングスターズの開催地・日時・放送・出場選手…etc.

nba

ウルブズがレイカーズに勝利、トム・シボドーHCはジミー・バトラーとタージ・ギブソンを称賛「彼らがチームを変えた」

nba

ナゲッツが3連勝、2試合連続トリプルダブルのニコラ・ヨキッチは「いつもと同じようにプレイしている」

nba

復帰を目指すクリス・ボッシュ「まだ終わっていない」

もっと見るレス
Back to Top