ドレイモンド・グリーンのトラッシュトークを「挑戦」と捉えるデイミアン・リラード

ドレイモンド・グリーンのトラッシュトークを「挑戦」と捉えるデイミアン・リラード

「僕はトラッシュトークをしないけど、彼はあまりにしゃべりすぎていた」

ポートランド・トレイルブレイザーズは4月16日(日本時間17日)、NBAプレイオフ2017 ウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第1戦で、デイミアン・リラードとC.J.・マッカラムがゴールデンステイト・ウォリアーズを相手に見事なパフォーマンスを披露したが敗れた。リラードは、ドレイモンド・グリーンの試合中のトラッシュトークに燃えているようだ。『The Oregonian』のジョー・フリーマン記者が伝えた。

NBAリーグパスでNBAをチェック!


この両チームの対戦は、周囲が思っていた以上の接戦となるかもしれない。

下馬評で不利とされ、ウォリアーズには勝てないと思われていたブレイザーズだが、第1戦では第4クォーターで引き離され、109-121と敗れたものの、第3Qまでそん色ない戦いを見せた。

ウォリアーズのグリーンは、19得点、12リバウンド、9アシスト、5ブロック、3スティールと見事なプレイを見せ、そしてコートであまりに多くのトラッシュトークをしていた。

その絶え間ないトークは、試合にも影響を及ぼした。第1戦では両チームの間で多くのトラッシュトークが交わされたが、その大半はグリーンが主導したものだったようだ。


第2Q途中、彼はフリースローの間にリラードと何度も言い争っていた。ほかにも、両チームがタイムアウトでそれぞれのベンチに向かう間に、グリーンがモーリス・ハークレスとエバン・ターナーに何かを言い、ケビン・デュラントも加わっての4選手の言い争いとなっている。

だが、リラードは「試合のレベルを上げたと思う」と、グリーンのトラッシュトークが刺激になると述べた。

「僕はトラッシュトークをしないけど、彼はあまりにしゃべりすぎていた。言いたいことが山ほどあったんだろう。ゲームにとっては良いことなんじゃないかな。僕は、リーグが少しソフトになったと思う。でも、彼は違う。だから、彼みたいなタイプがいるほうが良い。必要なことだと思う。彼らはその役割を彼に頼っているんだ。僕にとっては、レベルを上げてくれるというだけさ。挑戦と捉えているよ」。

原文:Lillard takes trash talk from Green as 'a challenge' by NBA.com(抄訳)​



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

サンズが3度目の対戦で今季レイカーズに初勝利、33得点のデビン・ブッカーは「負けられなかった」

nba

スパーズが23点差から逆転してサンダーに勝利、グレッグ・ポポビッチHCは選手を称賛「決して諦めず、基本的なプレイを続けたことで流れが変わった」

nba

キャブズが延長戦を制し4連勝、レブロン・ジェームズはセルティックスとの比較を気にせず「周りの意見はどうでもいい」

nba

ネッツのディアンジェロ・ラッセルが左ひざを手術、復帰時期は未定

nba

76ersがロバート・コビントンとの契約を延長

nba

セルティックスに敗れたウォリアーズ、ステフィン・カリーは「今季のファイナルで対戦するかもしれない」

nba

NBAレジェンドのディケンベ・ムトンボが来日「日本のバスケットボールリーグと今後も協力体制を維持していきたい」

nba

クリス・ポール復帰戦の前半だけで90得点を記録したロケッツ、ジェームズ・ハーデンは「スコアがおかしいんじゃないかと思った」

nba

敵地3連勝中のキャブズ、復調の秘訣は睡眠

nba

セルティックスがウォリアーズを下して14連勝、急逝した親友に勝利を捧げたジェイレン・ブラウンは「彼に導かれてプレイできた」

nba

さらに注目を集めるようになった76ers、ブレット・ブラウンHCは中心選手であるジョエル・エンビードとベン・シモンズを絶賛「彼らはまだまだ成長できる」

nba

ステフィン・カリーがオンラインコースでバスケットボールを指導

もっと見るレス
Back to Top