ドレイモンド・グリーンのトラッシュトークを「挑戦」と捉えるデイミアン・リラード

ドレイモンド・グリーンのトラッシュトークを「挑戦」と捉えるデイミアン・リラード

「僕はトラッシュトークをしないけど、彼はあまりにしゃべりすぎていた」

ポートランド・トレイルブレイザーズは4月16日(日本時間17日)、NBAプレイオフ2017 ウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第1戦で、デイミアン・リラードとC.J.・マッカラムがゴールデンステイト・ウォリアーズを相手に見事なパフォーマンスを披露したが敗れた。リラードは、ドレイモンド・グリーンの試合中のトラッシュトークに燃えているようだ。『The Oregonian』のジョー・フリーマン記者が伝えた。

NBAリーグパスでNBAをチェック!


この両チームの対戦は、周囲が思っていた以上の接戦となるかもしれない。

下馬評で不利とされ、ウォリアーズには勝てないと思われていたブレイザーズだが、第1戦では第4クォーターで引き離され、109-121と敗れたものの、第3Qまでそん色ない戦いを見せた。

ウォリアーズのグリーンは、19得点、12リバウンド、9アシスト、5ブロック、3スティールと見事なプレイを見せ、そしてコートであまりに多くのトラッシュトークをしていた。

その絶え間ないトークは、試合にも影響を及ぼした。第1戦では両チームの間で多くのトラッシュトークが交わされたが、その大半はグリーンが主導したものだったようだ。


第2Q途中、彼はフリースローの間にリラードと何度も言い争っていた。ほかにも、両チームがタイムアウトでそれぞれのベンチに向かう間に、グリーンがモーリス・ハークレスとエバン・ターナーに何かを言い、ケビン・デュラントも加わっての4選手の言い争いとなっている。

だが、リラードは「試合のレベルを上げたと思う」と、グリーンのトラッシュトークが刺激になると述べた。

「僕はトラッシュトークをしないけど、彼はあまりにしゃべりすぎていた。言いたいことが山ほどあったんだろう。ゲームにとっては良いことなんじゃないかな。僕は、リーグが少しソフトになったと思う。でも、彼は違う。だから、彼みたいなタイプがいるほうが良い。必要なことだと思う。彼らはその役割を彼に頼っているんだ。僕にとっては、レベルを上げてくれるというだけさ。挑戦と捉えているよ」。

原文:Lillard takes trash talk from Green as 'a challenge' by NBA.com(抄訳)​



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

『NBA Japan』と『Rakuten NBA 32』が豪華プレゼントキャンペーンを実施中

nba

ホークスのマイク・ブーデンホルザーHCが退任

nba

ロケッツがウルブズを下し2年連続カンファレンス準決勝に進出

nba

サンダーが25点差からの大逆転勝利、後半だけで33得点のラッセル・ウェストブルックは「一丸となって戦えた」

nba

ラプターズが第5戦を制し突破まであと1勝に迫る、デマー・デローザンは「全員がステップアップした」

nba

レブロン・ジェームズのブザービーター3Pでキャブズが王手をかける

nba

ウォリアーズがスパーズに勝利し、カンファレンス準決勝に進出

nba

76ersが2012年以来となるカンファレンス準決勝進出

nba

マーカス・スマートが復帰したセルティックスが勝利し、3勝2敗とリード

nba

サンダーのラッセル・ウェストブルックに1万ドルの罰金とテクニカルファウルの処分

nba

236選手がNBAドラフト2018にアーリーエントリー

nba

ジャズが3連勝で突破に王手、33得点のドノバン・ミッチェルはレジェンドに続く記録に「光栄なこと」

もっと見るレス
Back to Top