ブレイザーズのプレイオフ出場に意気込むデイミアン・リラード

ブレイザーズのプレイオフ出場に意気込むデイミアン・リラード

ロード5連戦で4勝1敗、ナゲッツに僅差

デイミアン・リラードが好調であり続ける限り、ポートランド・トレイルブレイザーズはシーズン終盤戦に向けた集中の維持を懸念する必要がない。リラードはただひとつの任務、つまりチームをプレイオフに導くために全力を尽くしている。『The Oregonian』のジョー・フリーマン記者が伝えた。

リラードは「プレイオフはシーズンで最も楽しい部分なんだ」と語った。

「僕はそれを逃すまいとしている。ティム・クォーターマンにも言ったんだよ。『プレイオフはすごいぞ。お前にも経験してほしい』ってね。僕らはプレイオフに出たいと思っている」。

わずか数週間前まで、ブレイザーズの今季は終わったと思われていた。それが突然、ポストシーズンを戦うことを考えてもおかしくなくなったのだ。

3月19日(日本時間20日)のマイアミ・ヒート戦で115-104と勝利したブレイザーズは、ロード5連戦を4勝1敗で終えた。3月に入って8勝2敗のブレイザーズは32勝37敗。19日終了時点で、ウェスタン・カンファレンス8位のデンバー・ナゲッツ(33勝36敗)に残り13試合で1ゲーム差だ。

ブレイザーズのテリー・ストッツ・ヘッドコーチは、「こういうギリギリの戦いは好きだ」と意気込む。

「もうミスをする余地はないと分かっており、プレイオフ進出が懸かった緊迫感が増していると思う。デイミアンはその責任を負ってチームをけん引している」。


オールスター明けの13試合で、リラードは平均31.2得点、5.5アシスト、4.6リバウンド、フィールドゴール成功率49.3%を記録。オクラホマシティ・サンダー相手の連勝や、サンアントニオ・スパーズ、アトランタ・ホークス、ヒート相手の勝利に貢献している。ロード5連戦を3連勝で締めくくり、ブレイザーズは自信を深めた。

ゲーム終盤の強さで知られるリラードだが、最近の試合では「リラードタイム」がもっと早くに訪れている。このロード5連戦で、第1クォーターの平均が12.8得点、FG成功率62%だ。プレイオフ出場に向け、リラードは試合序盤から圧倒するのが通常になることを望んでいる。

18日(同19日)のホークス戦の試合後、リラードは「チームの状況は分かっている」とコメントしていた。

「僕だけじゃなく、僕らみんなが早くからペースを上げ、試合序盤での出来に良い感触を持っている。それで僕らは自信を深めていると思うんだ。自分たちにできることを確信しているんだよ。それが本当に助けになっていると思う」。

原文:Lillard keeps Trail Blazers focused on playoff mission by NBA.com(抄訳)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

主力欠くも7連勝のウォリアーズ、28得点のケビン・デュラントは「勝ち続けたいならこれが必要」

nba

ロケッツがペリカンズを下して10連勝、自己最多28得点のクリント・カペラは「もっとうまく」

nba

カイリー・アービング欠場のセルティックスが黒星、ブラッド・スティーブンズHCは「支配された」

nba

マット・バーンズが自身のインスタグラムで引退を表明

nba

絶好調ビクター・オラディポ、トレード相手となったポール・ジョージとの比較は「もううんざり」

nba

『NBA 2K League』の公式ロゴがお披露目

nba

ウルブズが接戦を制し約1か月ぶりの連勝

nba

ペイサーズが4連勝、自己最多47得点のビクター・オラディポは「チームメイトがプレイを簡単にしてくれている」

nba

ラプターズが今季最長の6連勝、25得点のデマー・デローザンは「アグレッシブにプレイした」

nba

[宮地陽子コラム第85回]ジャマール・クロフォードがシアトルの先輩から学んだ“メンター”を持つことの重要性

nba

セルティックスが堅守でピストンズに勝利、カイリー・アービングは「チームのアイデンティティを構築したい」

nba

ロケッツ、ネネの出場機会を増やす方法を模索中

もっと見るレス
Back to Top