ブレイザーズのプレイオフ出場に意気込むデイミアン・リラード

ブレイザーズのプレイオフ出場に意気込むデイミアン・リラード

ロード5連戦で4勝1敗、ナゲッツに僅差

デイミアン・リラードが好調であり続ける限り、ポートランド・トレイルブレイザーズはシーズン終盤戦に向けた集中の維持を懸念する必要がない。リラードはただひとつの任務、つまりチームをプレイオフに導くために全力を尽くしている。『The Oregonian』のジョー・フリーマン記者が伝えた。

リラードは「プレイオフはシーズンで最も楽しい部分なんだ」と語った。

「僕はそれを逃すまいとしている。ティム・クォーターマンにも言ったんだよ。『プレイオフはすごいぞ。お前にも経験してほしい』ってね。僕らはプレイオフに出たいと思っている」。

わずか数週間前まで、ブレイザーズの今季は終わったと思われていた。それが突然、ポストシーズンを戦うことを考えてもおかしくなくなったのだ。

3月19日(日本時間20日)のマイアミ・ヒート戦で115-104と勝利したブレイザーズは、ロード5連戦を4勝1敗で終えた。3月に入って8勝2敗のブレイザーズは32勝37敗。19日終了時点で、ウェスタン・カンファレンス8位のデンバー・ナゲッツ(33勝36敗)に残り13試合で1ゲーム差だ。

ブレイザーズのテリー・ストッツ・ヘッドコーチは、「こういうギリギリの戦いは好きだ」と意気込む。

「もうミスをする余地はないと分かっており、プレイオフ進出が懸かった緊迫感が増していると思う。デイミアンはその責任を負ってチームをけん引している」。


オールスター明けの13試合で、リラードは平均31.2得点、5.5アシスト、4.6リバウンド、フィールドゴール成功率49.3%を記録。オクラホマシティ・サンダー相手の連勝や、サンアントニオ・スパーズ、アトランタ・ホークス、ヒート相手の勝利に貢献している。ロード5連戦を3連勝で締めくくり、ブレイザーズは自信を深めた。

ゲーム終盤の強さで知られるリラードだが、最近の試合では「リラードタイム」がもっと早くに訪れている。このロード5連戦で、第1クォーターの平均が12.8得点、FG成功率62%だ。プレイオフ出場に向け、リラードは試合序盤から圧倒するのが通常になることを望んでいる。

18日(同19日)のホークス戦の試合後、リラードは「チームの状況は分かっている」とコメントしていた。

「僕だけじゃなく、僕らみんなが早くからペースを上げ、試合序盤での出来に良い感触を持っている。それで僕らは自信を深めていると思うんだ。自分たちにできることを確信しているんだよ。それが本当に助けになっていると思う」。

原文:Lillard keeps Trail Blazers focused on playoff mission by NBA.com(抄訳)



記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

NBAがポール・ジョージとのタンパリング疑惑でレイカーズを調査開始

nba

ジョアキム・ノアが静寂を破り、フィル・ジャクソンやニックスについて心境を語った

nba

渡嘉敷来夢がシカゴ・スカイ戦でベンチ出場から6得点

nba

リポート:クリッパーズが新GMとしてサンダー役員のマイケル・ウィンガーを招聘する意向

nba

ポール・ピアース 名場面トップ5

nba

ティム・ハーダウェイJr.のニックス復帰を喜ぶアラン・ヒューストン

nba

新人王は誰の手に? オッズメーカーの数字はベン・シモンズとロンゾ・ボールが優勢

nba

ユドニス・ハズレムがドウェイン・ウェイドの噂について言及「チームに迎えたい」

nba

セルティックスがポール・ピアースの背番号34永久欠番化を発表

nba

マルク・ガソル、補強が進まなければ2年後グリズリーズを退団する可能性も

nba

ケビン・デュラントがカイリー・アービング問題について言及「NBAでは普通のこと」

nba

『NBA LIVE Mobile バスケットボール』、10月の大型アップデートに向けて「シーズンスコア」がスタート

もっと見るレス
Back to Top