コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ対マイケル・ジョーダンの論争に「片方をけなすことなく、もう片方を楽しむことは可能」
NBA

コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ対マイケル・ジョーダンの論争に「片方をけなすことなく、もう片方を楽しむことは可能」

徒労に終わる議論はやめるべきと主張

5月27日(日本時間28日)、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが再びイースタン・カンファレンスの王者となったことで、彼を巡る話題は当然のようにキャバリアーズのスターが残すレガシー(遺産)へと移った。8年連続のNBAファイナル進出が、その見事なキャリアにおいて何を意味するかということだ。そしてそうなると、マイケル・ジョーダンの名前が必ず出てくる。

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special

ジェームズは15年目も力強さを見せているだけに、LBJ対MJ(レブロン対ジョーダン)の議論は今後もなくならないだろう。アナリストが毎日あらゆる角度で分析しているだけに、本質的な何かを議論に注入するのは難しい。だが、いくつかリングを手にした者であれば――コービー・ブライアントのことである。

ブライアントは「片方をけなすことなく、もう片方を楽しむことは可能だ。私は彼がやっていることが大好きだよ。誰も絶対に勝つことができないことを議論するのはやめよう。私の5回(の優勝)、MJの6回、LBJの冒険を楽しもう」とツイートした。

彼が指摘したのは、確かな論点だ。ジェームズがコートに立つたびにジョーダンを話題に出す傾向は、目の前の試合を見る楽しみをすべて台無しにしかねない。どの選手が「史上最高」にふさわしいかを叫んでも、すぐに徒労に終わる。


ただ、ブライアントのツイートでさらに面白いのは、「私の5回を楽しもう」というハッシュタグをつけて、ロサンゼルス・レイカーズでの20年のキャリアで自分が何をしたかをNBAファンに思い出させたところだろう。そういった自信があるからこそ、彼は我々が知る最も難しい類のショットの数々を決められたのだ。

原文: Kobe Bryant jumping into LeBron James-Michael Jordan debate is wonderfully Kobe move by Sporting News(抄訳)​

▶ NBAプレイオフを観るならRakuten NBA Special


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

レブロン・ジェームズの耳に風を吹きかけた真相をランス・スティーブンソンが明かした

nba

デマー・デローザンと新シーズンのスパーズを楽観するルディ・ゲイ

nba

パニック障害に苦しんだケビン・ラブ「死ぬんじゃないかと思った」

nba

ペイサーズのネイト・マクミランHCとビクター・オラディポの新シーズンへの期待

nba

フィリピン代表としてアジア大会に出場するジョーダン・クラークソン

nba

ジェームズ・ハーデン「カーメロ・アンソニーはフィットする」

nba

ベン・シモンズがレブロン・ジェームズの移籍について言及「彼から学べたら最高だった」

nba

来夏FAのクレイ・トンプソンがウォリアーズ残留を希望

nba

ロケッツがR.J.・ハンターを解雇

nba

スパーズ元GMのボブ・バスが逝去

nba

フアン・カルロス・ナバーロが現役引退

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

もっと見るレス
Back to Top